シリコンバレーと成都ハイテク区が相互に「技術・金融センター」を設置へ

Chengdu High-tech Industrial Development Zone

2018/3/28 16:53

シリコンバレーと成都ハイテク区が相互に「技術・金融センター」を設置へ

AsiaNet 72858 (0555)

【成都(中国)2018年3月28日PR Newswire=共同通信JBN】成都ハイテク区(Chengdu Hi-tech Zone)とシリコンバレー市クラスター(ダブリン、マウンテンビュー、メンローパーク)、シリコンバレーの経営コンサルタント会社Him Groupは3月27日、成都ハイテク区とシリコンバレーの双方に「Chengdu-Silicon Valley Technology & Finance Centers(成都・シリコンバレー技術・金融センター)」を設置して中小企業(SME)の世界的な開発実現の促進を目指すことで協力する了解覚書に調印した。

Chengdu-Silicon Valley technology & finance Centerは、成都の「Chengdu-Silicon Valley Technology Transfer Center(成都・シリコンバレー技術移転センター)」と「Chengdu-Silicon Valley Financing Service Center(成都・シリコンバレー金融サービスセンター)」、シリコンバレーの「Chengdu-Silicon Valley Free Trade Window(成都・シリコンバレー自由貿易窓口)」の3事業部門から成る。

「一帯一路」の中心都市として成都は現在、世界からますます注目されている。ダブリンのデビッド・ホーバート市長は、相互に「技術・金融センター」を設置する決定は賢明だと述べた。市長は成都がシリコンバレーからもっと多くの発展機会を獲得すると強く信じている。

成都ハイテク区は中国の有名な国家レベルのハイテク開発地区の一つで、「中国西部のシリコンバレー」とたたえられている。同区はIntel、GlobalFoundries、IBM、フィリップス、マースク、Siemensなど多くの有名な世界的企業の進出と、ノーベル賞受賞者5人を含む最高級の人材のイノベーション実現、事業開始を誘致してきた。これまでに米国9カ所、カナダ3カ所など、最大20の海外人材オフショアイノベーション・起業ベースを設置した。

ソース: Chengdu High-tech Industrial Development Zone

Silicon Valley and Chengdu Hi-Tech Zone to Mutually Set Up "Technology & Finance Center"

PR72858

CHENGDU, China, March 28, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

On March 27th, Chengdu Hi-Tech Zone, Silicon Valley city clusters (Dublin,

Mountain View, and Menlo Park), and Him Group, a management consulting company

in Silicon Valley, signed a Memorandum of Understanding on cooperating to set

up the "Chengdu-Silicon Valley Technology & Finance Centers" both in Chengdu

Hi-tech Zone and Silicon Valley, aiming at promoting the realization of the

global development of SMEs.

"Chengdu-Silicon Valley technology & finance Center" consists of three major

business sectors, namely setting up the "Chengdu-Silicon Valley Technology

Transfer Center" and "Chengdu-Silicon Valley Financing Service Center" in

Chengdu and "Chengdu-Silicon Valley Free Trade Window" in Silicon Valley.

Now, as a node city of the "Belt and Road", Chengdu has gained more and more

attention from the world. Mayor David Haubert of Dublin said that the decision

of mutually setting up "technology & finance Center" was wise. He firmly

believed that Chengdu would win more development opportunities from Silicon

Valley.

Chengdu Hi-Tech Zone is one of the famous state-level hi-tech development zones

in China, and was honored as the Silicon Valley in Western China. It has

attracted a large number of well-known global companies including Intel,

GlobalFoundries, IBM, Philips, Maersk, and Siemens to settle down, and

introduced hi-end talents including 5 Nobel Prize winners to make innovation

and start business. So far, it has set up 20 overseas talent offshore

innovation and startup bases, 9 in U.S. and 3 in Canada.

SOURCE: Chengdu High-tech Industrial Development Zone

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中