SuningがAIイノベーションでスマートリテール戦略をさらに展開すべくSenseTimeに投資

Suning

2018/4/12 14:52

SuningがAIイノベーションでスマートリテール戦略をさらに展開すべくSenseTimeに投資

AsiaNet 73048 (0641)

【南京2018年4月11日PR Newswire=共同通信JBN】Suning Holdings Groupが所有する中国最大のオムニチャネル・スマート小売業者で、フォーチュン・グローバル500社企業のSuning.comはこのたび、人工知能(AI)の世界的パイオニア企業で、ディープラーニング・プラットフォーム開発企業でもあるSenseTime向けのシリーズCの資金調達ラウンドに参加した。この投資は、スマートリテール、フィンテック、ロボアドバイザーなどいくつかの分野において将来に向けた両者のより深いパートナーシップを創り出すものでもある。

2018年のリテール業界において、AIは注目すべき最大のトレンドになった。この革新的技術は、オンライン、オフラインの両方で、商品、品ぞろえ、サービス・体験のパーソナル化・最適化と、消費者満足度と事業利益の向上を図るうえで極めて重要な役割を果たし始めている。27年以上のマーケット体験と、幅広い業界にまたがる6億人の登録顧客を抱える有数のリテール企業Suningは、独自のリテール・エコシステムを確立し、様々な消費シナリオごとに膨大なデータを蓄積してきた。SenseTimeとのパートナーシップをベースに、SuningはAI技術アプリの統合を通じスマートリテールの業界転換の一層の推進を目指している。

Suning.comのスン・ウェイミン副社長は「スマートリテールとは基本的に、リテール要因の自動データ処理とリテール事業のインテリジェント化であり、従ってAIが将来のスマートリテール分野で果たす役割の重要性が増していくことが予想される。中国のAI業界のパイオニアとして、SenseTimeはAI商取引のエコシステム確立のため、革新的技術の創造に注力してきた。同社の哲学は、Suningのスマートリテール戦略と完全に一致する。SenseTimeとSuningのパートナーシップをベースとして、わが社のリテール・エコシステムへのAI技術の活用は一層進むだろう。一方、インターネット連動シナリオとリテール関連ビッグデータを通じて、AIは消費者に満足度の高いショッピング体験をもたらすことができるようになる」と述べた。

コンピューター・ビジョンとディープラーニング技術に注力してきた中国最大のAIユニコーン企業であるSenseTimeは、国内外の大手企業400社以上とパートナーシップを結び、リテール、製造業、自動車、セキュリティー、フィンテック、モバイルインターネット、ロボットの各分野をカバーしてきた。今回の投資前の2017年、Suningは同社の無人店舗開発でSenseTimeと協力した。レジ係なしのショッピングのための顔認識と無線自動識別、さらに消費者のビッグデータ分析を活用したこの店舗モデルは、AIとO2O(オンラインツーオフライン)技術に裏打ちされたSuningのスマートリテール戦略の優位性を実証した。

無人店舗に加え、SuningはBiuロボット、ショッピングアシスタント「Smart Sue」、SuningAnywhere AR(拡張現実)ショッピング、AGV(無人搬送車)倉庫管理などリテール技術で多くの成果を上げてきた。Suningは今後も、世界トップの研究者、開発者への戦略的投資と技術協力を通じ、強力なパートナーシップを築き上げることで、技術力を強化し続けていく。さらにSuningは、産業界と消費者向けにさらなる最先端のスマートリテール製品・サービスを創り出すべく、南京、北京、上海、杭州、武漢、シリコンバレーの6つの研究開発センターに独自の技術グループを設置している。

▽Suningについて

1990年に創設されたSuningは中国の主要な商業企業の1つで、それぞれ中国と日本に上場企業2社がある。Suning Holdingは2017年、中国の民間企業トップ500社の2位にランクされ、年間売上高は657億米ドル(4129億5000万元)。「すべての人のために一流の質の生活を創造することにより、業界全体のエコシステムを主導する」との使命をもって、SuningはSuning.com、Logistics、Financial Services、Technology、Real Estate、Media &Entertainment、Sports、Investmentの8つの垂直事業を通じコアビジネスを強化、拡大している。このうちSuning.comは、2017年フォーチュン・グローバル500社リストに入った。

詳細情報はwww.suningholdings.com を参照。

ソース:Suning

Suning Announces Investment in SenseTime to Further Deploy Smart Retail Strategy With AI Innovation

PR73048

NANJING, China, April 11, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

The Fortune Global 500 company Suning.com - China's largest omni-channel smart

retailer, owned by Suning Holdings Group - recently participated in a Series C

funding round for SenseTime, a global pioneering artificial intelligence (AI)

company and deep learning platform developer. The investment also creates an

in-depth partnership between both parties for the future in several fields

including smart retail, fintech and robo-advisors.

AI has become one of the biggest trends to watch in the retail industry in

2018. The innovative technology is starting to play a critical role in

personalizing and optimizing products, inventory, services and experience,

boosting consumer satisfaction and business benefits both online and offline.

As a leading retail enterprise with more than 27 years of market experience and

600 million registered customers across diversified industries, Suning has

established its own retail ecosystem and so has collected massive amounts of

data connected with different consumption scenarios. Based on its partnership

with SenseTime, Suning aims to further embrace the industrial transformation of

smart retail via the integration of AI technology applications.  

Mr Sun Weimin, Vice Chairman of Suning.com said: "Smart retail is essentially

the datamation of retail factors and intelligentization of retail operation,

therefore it is foreseeable that AI will play an increasingly important role in

the field of Smart Retail in the future. As a pioneer of the Chinese AI

industry, SenseTime is dedicated to creating innovative technologies to

establish the ecosystem of AI commerce. It shares a philosophy which is

perfectly aligned with Suning's Smart Retail strategy. Based on the partnership

between SenseTime and Suning, AI technology will be further applied into our

retail ecosystem. Meanwhile, through internet-connected scenarios and

retail-related big data, AI is empowered to bring a more satisfying shopping

experience to consumers."

As China's largest AI unicorn focused on computer vision and deep learning

technologies, SenseTime has established partnerships with more than 400 leading

domestic and overseas enterprises, covering retail, manufacturing, automobile,

security, fintech, mobile internet and robotics. Before the investment, Suning

cooperated with SenseTime in 2017 in developing Suning's unmanned stores. This

store model, which leverages facial recognition and radio frequency

identification for cashier-less shopping as well as consumer big data analysis,

has demonstrated the advantages of Suning's smart retail strategy, driven by AI

and O2O technology.

In addition to its unmanned stores, Suning also made a number of retail

technology achievements including the Biu Robots, "Smart Sue" Shopping

Assistant, SuningAnywhere AR Shopping and AGV Warehousing. In the future,

Suning will continuously strengthen its technology power by building up strong

partnerships through strategic investment and tech cooperation with global

leading researchers and developers. Furthermore, with six R&D centres in

Nanjing, Beijing, Shanghai, Hangzhou, Wuhan and Silicon Valley, Suning has also

established its own technology group to create more cutting-edge smart retail

products and services for industries and consumers.   

About Suning

Founded in 1990, Suning is one of the leading commercial enterprises in China

with two public companies in China and Japan respectively. In 2017, Suning

Holding ranked second among the top 500 private-owned enterprises in China with

annual revenue of 65.7 billion USD (412.95 billion RMB). With the mission of

"Leading the Ecosystem across Industries by Creating Elite Quality of Life for

All", Suning has strengthened and expanded its core business through eight

vertical industries: Suning.com, Logistics, Financial Services, Technology,

Real Estate, Media &Entertainment, Sports, and Investment, among which

Suning.com was listed on the 2017 list of Fortune Global 500.

For more information see www.suningholdings.com

SOURCE: Suning

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中