首都圏外郭放水路の利活用において連携協定を締結

2018年5月1日

東武トップツアーズ株式会社

首都圏外郭放水路の利活用において連携協定を締結

首都圏外郭放水路の利活用において連携協定を締結

~ 春日部市の観光振興に新たな布石 ~

東武トップツアーズ株式会社(本社:東京都墨田区、社長:坂巻伸昭)は、首都圏外郭放水路(埼玉県春日部市)の利活用及び春日部市を中心とした周辺地域の活性化を図るために設立された首都圏外郭放水路利活用協議会(会長:春日部市副市長 池貝 浩)と連携協定を締結いたしましたのでお知らせいたします。

 世界最大級の地下放水路である首都圏外郭放水路では、治水事業に対する理解の浸透等を目的として見学会が開催されており、なかでも「地下神殿」とも称される調圧水槽は注目を集めています。首都圏外郭放水路は海外メディアにも取り上げられ、春日部市のシティセールス面でも期待が高まっているほか、インフラ施設の観光資源としての利活用が求められています。

このような状況のもと、「首都圏外郭放水路利活用協議会」が本年2月に設立され、首都圏外郭放水路のさらなる利活用に向けた様々な取り組みが進められてきました。

 連携協定の締結により当社では、今後首都圏外郭放水路の民間開放による施設見学会等を実施するための基礎データ収集を目的とした社会実験の実施をはじめ、〝地下神殿〟調圧水槽などの施設を利活用したインフラツーリズムの拡大や地域活性化を進めていきます。

【首都圏外郭放水路利活用に関する連携協定内容】

・目的    首都圏外郭放水路のさらなる利活用及び地域の活性化

・連携事項  目的を達成するため、次に掲げる事項についての連携に取り組む

       1.外郭放水路の施設見学などインフラツーリズムの拡大に関すること

       2.地域活性化に関すること

・協定締結日 平成30年4月27日

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中