大石久和・藤井聡 編著『歴史の謎はインフラで解ける 教養としての土木学』発売!

土木学会

2018/5/25 10:00

歴史を動かす壮大なエネルギーはなぜ生まれたのか、本書が謎を明かします

2018年5月25日

土木学会

書籍『歴史の謎はインフラで解ける 教養としての土木学』発売!

平成29年度会長特別委員会「安寧の公共学懇談会」では、土木とは何か、そして土木はどうあるべきかについて、この一年間議論を続けてきました。この議論の成果も踏まえた、懇談会委員による著書「歴史の謎はインフラで解ける 教養としての歴史学」(大石久和・藤井聡編著、産経新聞出版社)が、5月26日に発刊となります。本書では、土木がつくったインフラの基盤の上に私たちの社会が成り立っており、土木がなければ歴史、文化、社会、経済を動かす壮大なエネルギーが生まれなかったことを、歴史トピックスを紐解き解説しています。

収録トピックス(一部)

●ローマ文明を築いたのは「水道」だった

●なぜ京都は「千年の都」になったのか

●信長の天下統一には土木の力が働いていた

●幕府を倒したのは物流システムだった

●アメリカの歴史を変えたニューディール政策

■ 『歴史の謎はインフラで解ける 教養としての土木学』

大石久和・藤井聡編著、産経新聞出版社、四六判並製 / 216ページ

本体1500円+税(会員の方は特価販売で販売いたします;添付図書注文書をご利用下さい)

添付資料:書籍チラシ、図書注文書

■『歴史の謎はインフラで解ける 教養としての土木学』出版記念講演会

出版記念講演会を下記の通り開催しますので、ぜひご参加下さい。

日時:2018年6月25日(月)18~20時

場所:土木学会講堂

プログラムと講演者:

1. 歴史学に空いた穴・・理系の視点から(土木学会会長 大石 久和)

2. アメリカの歴史を変えたニューディール政策(筑波大学名誉教授 石田東生 氏)

3. 歴史を動かすメイン・エンジン~ローマ帝国のインフラ(日本橋梁建設協会副会長 吉崎 収 氏)

4. 文化も歴史も社会も経済もすべて土木がつくっている(京都大学教授 藤井聡 氏)

※ 講演会詳細、参加申込みは下記サイトをご参照下さい。

http://committees.jsce.or.jp/chair/node/18

■平成29年度会長特別委員会について:

第105代大石久和土木学会会長は、以下3つの会長特別委員会を立ち上げ、会長任期(2017年6月~2018年6月)中の成果・提言取りまとめに向けて活動を行っています。

①安寧の公共学懇談会、②レジリエンスの確保に関する技術検討委員会、③国土・土木とAI 懇談会。

※ 詳細は下記委員会サイトをご参照下さい。

http://committees.jsce.or.jp/chair/h29

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

表紙

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中