2019年4月、室蘭工業大学は「理工学部」へ

室蘭工業大学

2018/8/30 09:19

国立大学法人室蘭工業大学(所在地:北海道室蘭市 学長:空閑 良壽)では、現在の「工学部」を改組再編し、2019年4月、新たに「理工学部」を開設いたします。 ※理工学部の詳細は、室蘭工業大学ホームページ(https://www.muroran-it.ac.jp/)にも掲載しております。

2018年8月30日

国立大学法人 室蘭工業大学

室蘭工業大学は現在の「工学部」を改組再編し、

2019年4月、新たに「理工学部」を開設いたします。

国立大学法人室蘭工業大学(所在地:北海道室蘭市 学長:空閑 良壽)では、現在の「工学部」を改組再編し、2019年4月、新たに「理工学部」を開設いたします。

自然豊かなものづくりのまち室蘭の環境を活かして、総合的な理工学教育を行い、変わり続ける産業界で活躍できる人材を育成してまいります。

※理工学部の詳細は、室蘭工業大学ホームページにも掲載しております。

■学部・学科の構成

現行の「工学部」4学科体制から、「理工学部」2学科体制へ再編します。

■特 徴

充実した基礎教育

1年生において、理工系分野に共通する基礎教育として、自然科学と情報教育※1を充実させ、足腰の強い人材を育成します。

※1 基礎教育としての情報必修科目の例

情報セキュリティ入門、データサイエンス入門、プログラミング入門

全学的な情報教育

2年生において、より専門的な情報教育※2を充実させ、あらゆる産業の基盤となる情報技術を身に付けた人材を育成します。

※2 専門的な情報必修科目の例

創造工学科:統計的データ処理、現代情報学概論、確率統計

システム理化学科:統計的データ分析、現代情報学概論、確率論、理工学情報演習、プログラミング演習、情報システム概論

分野横断的な学科教育

2年生において、分野横断的な学科共通科目を充実させ、新時代の理工系人材に必要な隣接専門分野を理解できる力を身に付けた人材を育成します。

■育成する人材像

幅広く身に付けた科学と工学の専門知識を基盤として、地域資源・資産の本質を解明し、産業を発展させる力、新産業を生み出す力を持った科学技術者を養成します。

■一般入試前期日程における東京試験場の新設

2019年度一般入試前期日程の試験会場について、東京試験場を新設します。

東京試験場の試験日程及び場所は、以下のとおりです。

     試験日:2019年2月25日(月)

     会 場:東京都市大学 世田谷キャンパス

         〒158-8557 東京都世田谷区玉堤1-28-1

なお、室蘭試験場・札幌試験場・仙台試験場・名古屋試験場につきましても、これまでどおり実施いたします。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中