World Route 2018で広州が航空とグローバリゼーションの英知を提示

Guangdong Airport Authority

2018/9/12 11:59

World Route 2018で広州が航空とグローバリゼーションの英知を提示

AsiaNet 75125 (1583)

【広州(中国)2018年9月11日新華社=共同通信JBN】ユニークな航空文化を誇り、中国南部の改革開放のパイオニアである広州は9月16日-18日に5日間の予定で開催の、航空に関する世界的な意見交換の場である第24回World Route Development Forumを主催する。

広州市の陳志英(チェン・チイン)常務副市長は9月10日の同フォーラムに関する記者会見で、「World Route 2018は2010年アジア大会と2017年フォーチュン・グローバル・フォーラムに続き、広州が主催するもう1つの世界的イベントになる。これは広州の発展を世界がどのように評価し期待しているかを示している。これは広州にとって重要な機会である。新しい時代ではさらに改革・開放を進め、民間航空産業と空港経済を成長させ、世界の舞台で広州のイメージを向上する形で国際貿易、協力、交流を促進する」と述べた。

これまで、World Route Development Forumはロンドン、ベルリン、ドバイといった主要な国際都市で開催されてきた。広州は北京と成都に続き、このイベントを開催する中国で3番目の都市である。

今年の参加者数は過去最高になると予想されている。広東空港管理局のチァン・ケジァン局長によると、およそ110カ国の航空会社の代表者、航空行政組織、政府、旅行代理店から3200人が広州に集合し、世界の航空産業の新しい青写真を策定する方法について討議する。

広州は世界に向いた中国南部の玄関として、世界の貿易と交際交流に不可欠な役割も果たしている。過去2200年間あるいはそれ以上にわたり、広州は世界とのつながりを増やしている。

広州は2015年に海運、航空、イノベーションのハブを構築し、この国家中心都市をアップグレードする新たな原動力を形成するという野心的な戦略を提唱した。広州は2018年、その戦略的な国際航空ハブを新たな高みに引き上げた。

広州は国際航空ハブの構築で大きな発展を遂げ、競争力のある航空産業の都市ならびに世界のハブ都市への変化に向かって大きく前進している。

Guangzhou Aerotropolis Development District(広州空港都市開発地区、GADD)は合計1万1728社の本拠地である。陳志英・常務副市長は「GADDでは、航空機保守と貨物機の改修、航空物流、航空本部事業、空港都市クロスボーダーeコマースと航空機リースといった5つの空港都市産業のグループが生まれている。イベントを開催する前提条件と同様に、こうした羨望の的となる結果は新しい機会、イノベーション、ウィンウィンの協力を促進する以上のものである」と述べた。

広州白雲国際空港は国家空港経済実証区の1つとして、航空と関連産業の産出価値が2025年までに1000億人民元を超える見通しだ。その時期には同実証区の総合輸送システムが整備され、空港の第3、第4ターミナルと5番目の滑走路がおおむね完成する予定である。

GADD管理委員会ディレクターのスン・シーチン氏によると、航空は近代的国際中心都市の急速な興隆に不可欠である。スン氏は「広州国際航空ハブとGADDは世界経済の統合の結果として発展している」と述べた。

航空の相互接続を加速することは、人材、資本、テクノロジーといったハイエンドの発展要素が集まることを加速することになる。今日、広州はフォーチュン500社のうちの297社を擁し、220の国・地域と貿易・投資の関係を持っている。

Routeイベントのブランドディレクター、スティーブン・スモール氏は「広州は世界で最も古くて活発な貿易ハブであり、カンファレンスの場所としても活況である」と述べ、広州が同イベントの開催地としてどのようにして選ばれたのかを説明した。「広州は航空サービスの成長に戦略的に集中してインフラを開発していることに加え、この都市は目を見張るほど美しくて歴史がある。そのどちらも極めて魅力的である」

広州白雲国際空港は3年以内に、新たに30の国際線ルートを開設する。中国の3大航空ハブの1つとして同空港は「一帯一路」構想で不可欠と認定され、29カ国48都市とのルートを結んでいる。

チァン・ケジァン局長は「2018年、われわれは一帯一路構想からの戦略的なチャンスをつかみ、広東・香港・マカオ大湾岸圏内での空港の建設を完全に活用する。これを実現する上で、われわれは世界各国と都市開発の恩恵を共有し、世界クラスの航空ハブ建設を進めるだろう」と述べた。

広州は、より良い投資と貿易の推進、科学と技術の人材間のイノベーション協力強化、文化交流および他の重要分野の促進に注力し、国際航空、海運、科学・技術革新のハブとしての役割を積極的に果たし、世界の航空産業とグローバリゼーションの発展に英知を提供する。

ソース:Guangdong Airport Authority


Guangzhou to offer wisdom for aviation and globalization as World Routes 2018 unveils

PR75125

GUANGZHOU, China, Sept. 11, 2018 /Xinhua=KYODO JBN/--

Guangzhou, a pioneer of reform and opening up in southern China that boasts a
unique flying culture, is about to host, in five days, a global dialogue on
aviation - the 24th World Route Development Forum - from September 16 to 18 .

"The World Routes 2018 will mark another global event that Guangzhou hosts
after the 2010 Asian Games and the 2017 Fortune Global Forum," said Chen
Zhiying, executive vice mayor of Guangzhou, at a press conference for the Forum
on September 10. "This shows how the world recognizes and expects the
development of Guangzhou. It is an important opportunity for the city, in a new
era, to further reform and opening up, grow the civil aviation industry and the
airport economy and promote international trade, cooperation and exchanges in
ways to enhance Guangzhou's image on the global stage."

To date, the World Route Development Forum has been held in major international
cities like London, Berlin, Dubai. And Guangzhou is the third Chinese city to
host the event after Beijing and Chengdu.

The number of participants this year is expected to hit a record high.
According to Zhang Kejian, president of Guangdong Airport Authority, more than
3,200 representatives from airlines, airport administrative organizations,
government and tourism agencies across some 110 countries, will gather in the
city to discuss on ways to formulate a new blueprint for the global aviation
industry.

As China's southern gate to the world, Guangzhou also plays an indispensable
role in global trade and international exchanges. For the past 2,200 years and
more, Guangzhou has been increasing its connectivity with the world.

In 2015, Guangzhou put forward an ambitious strategy of building a hub for
shipping, aviation and innovation and forming a new driving force for upgrading
the national central city. In 2018, the city raised that it would take its
strategic international aviation hub to new heights.

Guangzhou has come a long way in building an international aviation hub, taking
a giant leap forward in turning itself into a competitive international city of
the aviation industry and into the world hub city.

The Guangzhou Aerotropolis Development District (GADD) has been home to a total
of 11,728 companies. "In GADD, five aerotropolis industry clusters, namely
aircraft maintenance and freighter conversion, aviation logistics, aviation
headquarters business, aerotropolis cross-border e-commerce and aircraft
leasing, are emerging. As much as a prerequisite for the event, these enviable
outcomes serve as more of a promoter for new opportunities, innovation and
win-win cooperation," said Chen Zhiying.

As one of the national airport economy demonstration zones, Guangzhou Baiyun
International Airport will witness an output value of the aviation and relevant
industries over 100 billion RMB by 2025, as the Terminal 3 and the fourth and
fifth runways at the airport will have been basically completed with a
comprehensive transportation system at the demonstration zone established.

According to Sun Xiuqing, director of the Administration Committee of GADD,
aviation is indispensable to the meteoric rise of a modern international
central city. "The Guangzhou international aviation hub and GADD are in the
making as a result of global economic integration," said Sun.

Accelerating of aviation interconnection will bring about an accelerated
convergence of high-end development factors such as talent, capital and
technology. Today, Guangzhou hosts 297 Fortune 500 companies and it has trade
and investment ties with 220 countries and regions.

"Guangzhou is one of the world's oldest and busiest trade hubs and a thriving
conference destination," said Steven Small, brand director for the Routes
events, explaining how the city was chosen as the event's host. "In addition to
being strategically focused on growing their air services and developing their
infrastructure, the city is also spectacularly beautiful and historic, both of
which are extremely attractive."

Guangzhou's Baiyun Airport will launch another 30 international routes within
three years. As one of China's three largest international aviation hubs, it is
designated as an integral part for the Belt and Road Initiative, connecting to
48 cities in 29 countries along the routes.

"In 2018, we will seize the strategic opportunities from the Initiative and
make full use of the construction of the airports within the Guangdong-Hong
Kong-Macao Greater Bay Area. In doing this, we will share the benefits of urban
development with the rest of the world and advance the building of the
world-class aviation hub," said Zhang Kejian.

Focusing on better facilitating investment and trade, enhancing innovation
cooperation among scientific and technological talents, and promoting cultural
exchange as well as other key areas, Guangzhou is actively playing the role of
international aviation, shipping, and scientific and technological innovation
hub, and contributes wisdom to the development of the world aviation industry
and the progress of globalization.

Source: Guangdong Airport Authority
  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中