富士ゼロックスと東京メトロ「サテライトオフィスサービス」の設置拠点を駅以外にも拡大

富士ゼロックス

2018/9/20 11:00

今年6月から富士ゼロックスと東京メトロと行っているサテライトオフィスサービスの実証実験から3ヶ月が経過、予想を超える多くの利用がありました。東西線葛西駅に増設、駅構内だけでなくビジネスパーソンが多く行き交うオフィスビル(新宿野村ビル)1階エントランスにも設置しました。

2018/09/20

富士ゼロックス株式会社

富士ゼロックスと東京メトロ「サテライトオフィスサービス」の
設置拠点を駅以外にも拡大、実証実験期間を延長
「Smart Work Innovation」で、人々を働く場所の制約から解放する
新たなオフィス空間の実現へ

 富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:玉井 光一)は、東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区、社長:山村 明義、東京メトロ)と実証実験中のサテライトオフィスサービスによる、個人専用のオフィス空間(ワークブース)を東西線葛西駅に増設、さらに新宿野村ビル1階エントランスにも設置いたしました。また実証実験期間を約3ヶ月延長し、2018年12月28日まで実施いたします。

 「働く人々の生産性を向上させ、効率的なワークスタイルの実現をめざし、移動中のスキマ時間を有効に活用するため、ビジネスパーソンの動線上にオフィス空間を提供する」というコンセプトのもと、南北線溜池山王駅・千代田線北千住駅の構内で、今年6月から本実証実験を行っています。

 実証実験開始から3ヶ月が経過、予想を超える多くの利用がありました。設置場所や増設など利用者からの要望を反映し、駅構内だけでなく、ビジネスパーソンが多く行き交うオフィスビル(新宿野村ビル)1階エントランスにも設置しました。また、これまで利用料は無償でしたが、10月1日より有償(15分200円税別)での実証実験に切り替えます。

 富士ゼロックスは、1980年代から時代に先駆けて次世代オフィスのあるべき姿の探索を続けており、そこで培ったノウハウを生かしつつ、人や組織がより効率的でイノベーティブに働くための環境の構築をめざす価値提供戦略「Smart Work Innovation」の実現をめざしています。今回の取り組みは、「Smart Work Innovation」を体現する一例です。今後も、新たな視点での「オフィス空間」の提供をめざし、ビジネスパーソンの多様な働き方を支援してまいります。 

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中