Varianが、がん放射線治療システム「TrueBeam Edge」と「Halcyon 2.0」 を発表

Varian

2018/10/11 11:10

Varianが、がん放射線治療システム「TrueBeam Edge」と「Halcyon 2.0」 を発表

AsiaNet 75681

カリフォルニア州パロ アルト, 2018 年 10 月11日 /PRNewswire-AsiaNet/ -- Varian (NYSE: VAR) は本日、放射線治療システムTrueBeam(R) Edge(以下 Edge)と、Halcyonの新バージョンを日本市場において販売開始することを発表しました。これらは、10 月 11 日から 13 日にかけて国立京都国際会館で開催される日本放射線腫瘍学会(JASTRO)第31回学術大会の同社ブースにて紹介されます。

Edge は、TrueBeamプラットフォームを基に構築され、画像誘導を用いた定位手術的照射に適切化されたシステムです。このシステムの以下の機能を活用することにより、通常の放射線治療のみならず、転移性脳腫瘍のような複雑な治療を短時間で、従来の治療の時間枠で実施することを支援します。

・HyperArc(TM):フレームレスかつ MLCを用いた頭蓋内放射線治療における一貫したソリューションで、患者の安全性、作業効率および線量収束性の向上を目指して設計されています。HyperArc は、単一または複数の転移標的部位に対する高品質なノンコプラナー放射線治療の計画と実施を自動化かつ簡素化します。

・高性能の 6 軸の治療台により、標的腫瘍をより精度高く照射することに寄与します。また、次の治療位置に自動的に進むことができます。

・HyperArc のための治療計画作成は、Varian の治療計画ソフトウェア Eclipse(TM)がサポートします。  

Halcyon は、臨床ワークフローに変革をもたらし、画像誘導による強度変調放射線治療(IMRT)のあらゆる側面を簡素化し、かつ向上させます。Halcyon では、IGRT 画像の質を向上するための機能として、kV コーンビーム CT(CBCT)および Iterative kV CBCT の逐次近似画像再構成を利用できるようになりました。患者の快適性を考慮し、医療従事者の使いやすさを改善しながら、高品質の治療をシンプルかつ効率的に実施できるように設計されています。Halcyon は最短で約 17 秒で kV CBCT 画像を撮影することができます。この機能により、適切な患者位置決めをより正確に実施できるようになり、治療ワークフローも迅速化されます。

Halcyon は、直感的な操作と、患者の快適性を実現するプラットフォーム上で、高品質で簡素化した放射線治療を提供します。効率化されたワークフローにより、治療開始から終了までに必要となる操作手順が少なくなり、簡素化されます。Halcyon は、前立腺がん、頭頸部がんなどの多くのがん種に対して高度な治療の提供に貢献します。

(株)バリアン メディカル システムズの代表取締役である Mitchell Silong は、以下のように述べました。「Varian が日本のお客様に対して、我々の最新の発展した技術を速やかに提供できることを、とても喜ばしく思います。Edge は SRS/SBRT に適切化した汎用性のある治療システムで、通常の治療についてもサポートしています。」「Halcyon は、効率的で高度な IMRT システムを求めているお客様から好評を博しています。Edge および Halcyon は、医療従事者の負担を軽減するのに有効な、新しい2 つのソリューションです。効果的なワークフローと先進的な機能により、これらのソリューションは、より多くの患者様に高精度な放射線治療を実施することに貢献します。」

Varian について

Varian は、カリフォルニア州パロアルトに本社を置き、がん医療におけるトータルソリューションの開発、特に放射線治療分野におけるリーディングカンパニーです。「がんの脅威に負けない世界」をグローバルビジョンに掲げ、世界中の約6,500人の社員が、世界をより健康に満ちた場所にすべく、先進的かつ“人にやさしい”がん医療ソリューションの開発、提供に取り組んでいます。” 詳しい情報は、http://www.varian.com/ja をご覧いただくか、Twitter で @VarianMedSys をフォローしてください。

TrueBeam 医療用リニアック:医療機器承認番号 22300BZX00265000

Halcyon 医療用リニアック:医療機器承認番号 22900BZX00367000

広報担当

Mark Plungy

広報担当役員

+1 (650) 424-5630

mark.plungy@varian.com

投資家情報のお問い合わせ

J. Michael Bruff

投資家向け広報担当上級副社長

+1 (650) 424-5163

investors@varian.com

情報元:  Varian

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中