「レッサーパンダの聖地・静岡市」で双子のレッサーパンダの赤ちゃん公開スタート!

静岡市

2018/10/16 19:44

「レッサーパンダの聖地・静岡市」で

双子のレッサーパンダの赤ちゃん公開スタート!

~日本平動物園は6年連続でレッサーパンダの赤ちゃん誕生に成功~

 静岡市立日本平動物園では、今年7月に産まれたレッサーパンダの双子の赤ちゃんの一般公開が始まりました。赤ちゃんは、オスとメスの1頭ずつで、母親の「シー」は、2003年頃に立つレッサーパンダとして注目を浴びた「風太」の異父兄妹になります。

◆愛くるしい双子の赤ちゃんレッサーパンダ

 双子の赤ちゃんは今年7月11日に産まれ、非公開の産室ですくすくと成長。約3ヶ月の飼育期間を経て、この度一般公開となりました。体長は、オスが38.5cm、メスが45cmで、成獣の3分の2ほどの大きさです。レッサーパンダは約18か月で成獣になるため、愛らしい姿見られるのは今だけです。

◆6年連続のレッサーパンダの赤ちゃん誕生

 日本平動物園は、全国のレッサーパンダの繁殖・血統管理などを担っており、言わばレッサーパンダの聖地として、種の保存に取り組んでいます。日本平動物園では、6年連続でレッサーパンダの繁殖に成功しています。なお、レッサーパンダの繁殖期は12月~2月ごろで、4ヶ月ほどの妊娠期間を経て、毎年5月~7月ごろの誕生となります。

◆日本平動物園はレッサーパンダの繁殖管理のために世界的にも重要な役割を果たしています

 レッサーパンダは、森林伐採などの影響から世界的に生息数が減少し、IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストに絶滅危惧種として挙げられています。世界で飼育されているレッサーパンダは2亜種(ネパール/シセン)存在し、そのうち、シセンレッサーパンダについては、世界の飼育頭数のうち約7割が日本で飼育されています。日本平動物園は、全国のレッサーパンダの繁殖管理を担っていることから、国内はもとより世界的にも重要な役割を果たしています。

 なお、11月4日(日)まで、双子の赤ちゃんの名前を一般募集しています。レッサーパンダ飼育棟に応募箱を設置していますので、ぜひご応募ください。併せて、双子の赤ちゃん公開を記念して、レッサーパンダの新オリジナルグッズも販売。当グッズ売上の一部は、レッサーパンダの保全活動を行う団体「Red Panda Network」へ寄付をします。また、日本平動物園では、11月4日(日)まで「秋の動物園まつり」を開催中で、特別なエサやりなどのイベントが楽しめます。

〈双子の赤ちゃんの名前募集について〉

◆募集期間:2018年11月4日(日)まで

◆募集方法:日本平動物園内のレッサーパンダ飼育棟前に、応募用紙と応募箱を設置しています。ふさわしいと思う名前と理由、ご住所、お名前等必要事項を記入して応募箱に投函してください。

◆名前の決定:お寄せいただいた名前から、響き、静岡らしさ、双子のレッサーパンダのイメージに合っているかといったポイントで協議して決定します。

◆名前の公開:12月ごろに命名者の方を招待して命名式を行い、名前を公表します。※招待者は、決定した名前の命名者の中から、抽選で決定いたします。

〈Red Panda Networkへの寄付について〉

 レッサーパンダは、IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストに絶滅危惧種として挙げられています。レッサーパンダを絶滅危機から救うため、日本平動物園では、レッサーパンダオリジナルグッズの売上の一部を、世界的にレッサーパンダの保全活動を行う団体である「Red Panda Network」に寄付をします。

〈オリジナルグッズについて〉

◆オリジナル缶バッチ(全7種) 1個200円

 日本平動物園で暮らすレッサーパンダの写真と名前をあしらったオリジナル缶バッジ。

◆オリジナルノート(全1種) 1冊200円

 表紙に日本平動物園で暮らす7頭のレッサーパンダの顔、裏表紙に7頭のしっぽを配

 置しています。A5判サイズ(20ページ)のオリジナルノートです。

◆アクリルキーホルダー(全7種) 1個600円

 表面に7頭の写真と名前、裏面には生年月日や性格に加えレッサーパンダごとに特徴

 のあるしっぽの写真を配置しています。キーホルダーの形はパズルのようになってお

 り、組み合わせることでコレクション性も高いグッズです。

◆ポストカード(全8種) 1枚100円

 7頭のレッサーパンダごとと集合写真の8種の新商品ポストカードです。

〈静岡市日本平動物園のレッサーパンダについて〉

 タク(♂)、縞縞(ガオガオ・♂)、シー(♀)、ニコ(♀)、ホーマー(♀)、スミレ(♀)、ホーリー(♀)の7頭に加え、双子の2頭のレッサーパンダが暮らしています。立つレッサーパンダとして注目を浴びた風太くんも、日本平動物園で生まれました。1980年(昭和55年)に中国から日中友好の動物大使としてレッサーパンダが贈られたことを機に、日本平動物園ではレッサーパンダの飼育がスタートしました。

〈日本平動物園について〉

◆住  所:静岡市立日本平動物園(静岡市駿河区池田1767-6)

◆電話番号:054-262-3251

◆アクセス:JR東静岡駅南口発着の路線バス(しずてつジャストライン、または日本平自動車)

◆入 園 料:《一般》個人610円、団体490円 《小中学生》個人150円、団体120円

◆U R L:http://www.nhdzoo.jp

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中