IP BridgeがHEVC Advanceに加入

HEVC Advance

2018/10/17 13:15

AsiaNet 75762

IP BridgeがHEVC Advanceに加入

HEVC Advance が合同会社IP Bridge 1のライセンサーとしての加入、及び

アジア地域の新規ライセンシーを発表

ボストン - (2018年10月17日)― 独立系ライセンスアドミニストレーターであるHEVC Advance は本日、合同会社IP Bridge1(IP Bridge)がHEVC Advance のHEVC/H.265 特許プールにライセンサーとして加入したことを発表した。この加入により、IP Bridgeの保有するHEVC/H.265規格必須特許の全てが、現在全世界で総計4500件を超える特許を数えるHEVC Advance のライセンスに含まれることになる。

HEVC Advanceは更に、このところ成長が続くアジア地域におけるライセンシーリストの拡大にも言及した。新規ライセンシーには、日本及び韓国地域ではTOA株式会社、池上通信機株式会社、アルパイン株式会社、富士フィルム株式会社、Pittasoft Co., Ltd.、中国大陸及び台湾地域では、3S PocketNet Tech, Inc.、看到科技有限公司、NextGen Mediatek Inc.、鋭明科技有限公司、Shenzhen TVT Digital Technology Co., Ltd.及びYealink Network Technology Co. Ltd.等の企業が含まれている。

「私共の特許ライセンス活動は常に経済的な発展と産業の健全な成長を刺激するものです。また効率性と透明性をもちあわせた本HEVC/H.265特許プールは、事業を拡大するうえで規格技術を必要とする産業に大きな利益をもたらしてきております。私共はHEVC Advanceと協力し、産業界にとって利益となる本特許プールを推進していくことをとても楽しみにしております。」と株式会社IP Bridge取締役副社長兼CIPO、尾形偉幸氏はコメントする。

またHEVC Advance CEO、ピート・モラー氏は、「IP Bridgeが、その価値あるHEVC規格必須特許ポートフォリオをライセンスするために弊社HEVC Advanceを選択していただきましたことを、我々はたいへん光栄に感じております。今回日本初かつ専門IP ファンドである同社によって我々のライセンスプログラムの真価にご支持を頂いたことは、HEVC技術のもたらす利益をすべての消費者にゆきわたらせたいという我々の願いに対し大きな前進となります。また我々はすべての新規ライセンシーの皆様を歓迎し、我々ポートフォリオの価値及びHEVC Advanceのライセンスプログラムによりもたらされる利便性と省コスト性の認識に対し感謝申し上げると共に、HEVC技術がもたらす利益をその顧客が享受できることをたいへん喜ばしく思っております。」と述べている。

株式会社IP Bridgeについて

IP Bridgeは、技術イノベーションと、日本国内及び世界における協力関係の推進に注力する。産業革新機構(26の企業群と日本政府間のユニークなパートナーシップ)を含む投資家各位の協力により設立された、グローバルイノベーションとIP関連投資を目的とする日本における最初で最大のファンド(約300億円)である。そのミッションは、国内外の様々な知財権者への利益となるべく、その高品質で未活用の知財資産を活用・利用することにあり、そのビジョンは、このような活動により経済的な発展と世界産業の健全な成長が刺激

されることである。IP Bridgeに関する詳細情報は、http://ipbridge.co.jp/ 参照。

HEVC Advanceについて

HEVC Advanceは規格必須特許をライセンスし、HEVC/H.265パテントプールの発展、運営、管理を推進するために設立された独立系ライセンスアドミニストレータ会社である。HEVC AdvanceはHEVC特許技術のための透明かつ効率的なライセンスプログラムを提供する。HEVC Advanceに関する詳細情報は、www.hevcadvance.com 参照。

コンタクト: press@hevcadvance.com

(日本語リリース:クライアント提供)

IP Bridge Joins HEVC Advance

PR75762

BOSTON, Oct. 17, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

-- HEVC Advance announces the addition of Godo Kaisha IP Bridge 1 as a licensor

and new Asia-based licensees

HEVC Advance, an independent licensing administrator, today announced that Godo

Kaisha IP Bridge 1 (IP Bridge) has become a licensor in the HEVC Advance

HEVC/H.265 Patent Pool.  With this addition, all of IP Bridge's HEVC/H.265

standard essential patents are included in the HEVC Advance license, which now

totals over 4500 world-wide patents and counting.

HEVC Advance is further pleased to announce recent additions to our growing

list of licensees based in Asia. These new additions include, in Japan and

Korea: TOA Corporation, Ikegami Tsushinki Co., Ltd., Alpine Electronics, Inc.,

Fujifilm Corporation and Pittasoft Co., Ltd.; and in Mainland China and Taiwan:

3S PocketNet Tech, Inc., Kandao Technology Co., Ltd, NextGen Mediatek Inc.,

Streamax Technology Co., Ltd., Shenzhen TVT Digital Technology Co., Ltd., and

Yealink Network Technology Co. Ltd.

"We believe that our patent licensing activities always stimulate economic

development and a healthy growth of industries.  Also, the efficiency and

transparency of the HEVC/H.265 Patent Pool has brought a great benefit to the

industry where the HEVC/H.265 standard is required to expand the business,"

said Hideyuki Ogata, Executive Vice President and CIPO of IP Bridge, Inc.  "We

look forward to working with HEVC Advance to promote the Patent Pool beneficial

to the industry."

"We are very pleased that IP Bridge has chosen HEVC Advance to license its

valuable HEVC essential patent portfolio," said HEVC Advance CEO, Peter

Moller.  "This further endorsement of the value of our licensing program by

Japan's first and only dedicated IP fund is another big step toward our goal of

enabling the benefits of HEVC technology to reach all consumers.  We would also

like to welcome all of our newest licensees and congratulate them on bringing

the benefits of HEVC technology to their customers, as well as thank them for

their recognition of the value of our patent portfolio and the convenience and

cost-efficiency offered by the HEVC Advance licensing program."

About IP Bridge

At IP Bridge, our focus is on promoting technological innovation and

cooperation within Japan and around the world. We've worked with our investors,

including Innovation Network Corporation of Japan (a unique partnership between

26 major corporations and the Japanese government), to establish the first and

largest fund in Japan (approximately $300M) aimed at global innovation and

IP-related investments. Our mission is to activate and leverage high-quality,

under-utilized intellectual property assets to the benefit of a variety of IP

owners based in and outside Japan. Our vision is that these activities will

stimulate economic development and a healthy growth of industries worldwide.  

For more information about IP Bridge, visit http://ipbridge.co.jp/

About HEVC Advance

HEVC Advance is an independent licensing administrator company formed to lead

the development, administration and management of an HEVC/H.265 patent pool for

licensing essential patents. HEVC Advance provides a transparent and efficient

licensing mechanism for HEVC patented technology. For more information about

HEVC Advance, visit www.hevcadvance.com

Contact: press@hevcadvance.com

SOURCE HEVC Advance

  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中