LONGi SolarがPERCモジュールの変換効率20.83%達成、世界記録を更新

LONGi Solar

2018/11/9 15:55

LONGi SolarがPERCモジュールの変換効率20.83%達成、世界記録を更新

AsiaNet 76184

【西安(中国)2018年11月9日PR Newswire】LONGi Solar(ロンジ・ソーラー)は11月8日、独立系の第三者試験機関であるTUV-SUDが実施したテストによって、LONGi Solarの60セルPERCモジュールの変換効率が20.83%に達し、単結晶PERCモジュールの変換効率の世界記録更新を実証したと発表しました。LONGi Solarが2018年にモジュール変換効率または出力の世界記録を更新したのは今回で4回目です。

モジュール変換効率は、太陽光発電のLCOE(均等化発電原価)削減に直接関係するため、太陽光発電の技術開発において注目されています。モジュール変換効率の改善はコスト削減につながります。最適なモジュール変換効率とシステム効率による顧客満足の実現は、高効率セル・モジュールの研究開発(R&D)で応えるべき重要なテーマになっています。

LONGi Solarは変換効率の向上に一貫して注力し、R&Dを強化、高効率製品の戦略的レイアウトと技術的な進歩で業界をリードしてきました。特に、その高効率セルとモジュールの技術は、新しい両面発電、ハーフカット、そしてシングルドセル(Shingled-cell)技術などのイノベーションと共に全盛期を迎えています。また、PERC技術に基づく3つの世代のHi-MO製品は2016年から2018年まで3年連続で発売され、業界におけるPERCの変換効率向上のトレンドをリードしてきました。

LONGi Solar副社長のDr.呂俊(リュ・ジュン)は「LONGi Solarはこの数年、PERC製品の価値を高め、コスト効率をさらに向上させるためにPERC技術の限界を押し上げる努力を続けてきました。そして、今回達成したモジュール変換効率の新たな成果は、PERCの開発の余地を実証しました。今後3年間、PERCがPVシステムの発電効率と信頼性を効果的に向上させ、LCOEを低減し、顧客に更なる大きな利益をもたらす、より大きな技術的な可能性があると我々は確信しています」とコメントしました。

高効率モジュールの成果は、高効率セルの技術と強く関係していますが、LONGi Solarは2017年4月から2018年2月まで、PERCセルの変換効率を5回にわたり向上させ、量産タイプでの変換効率は23%を超えています。現在、LONGi Solarの全てのセル生産ラインは、次世代高効率PERC製品に対する世界市場からの需要に全面的に応えるため、PERCにアップグレードされています。

ソース:LONGi Solar

Logo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181108/2292512-1-LOGO

(日本語リリース:クライアント提供)


LONGi Solar rewrites the world record of PERC module conversion efficiency at 20.83%

PR76184

XI'AN, China, Nov. 9, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

On November 8th, LONGi Solar announced that tests conducted by TUV-SUD, an
independent third-party test institute, proved the photoelectric conversion
efficiency of LONGi Solar's 60-cell PERC module reached 20.83%, breaking the
monocrystalline PERC module efficiency world record. This is the fourth time in
2018 that LONGi Solar had renewed its world record of module efficiency.

Logo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181108/2292512-1-LOGO

Photoelectric conversion efficiency has gained a lot of attention in the
development of photovoltaic technology as it directly corelates to lowering
photovoltaic LCOE. Improvements in module conversion efficiency are linked to
lower cost. Meeting customers' satisfaction with optimal module efficiency and
system efficiency is a key issue that needs to be addressed in the R&D of
high-efficiency cells and modules.

LONGi Solar has continuously focused on the improvement of conversion
efficiency, strengthened its R&D and leads the industry in strategic layout and
technical gains of high-efficiency products. In particular, its high-efficiency
cell and module technology flourishes with innovations such as new bifacial,
half-cut-cell and shingled-cell technology. In the three consecutive years from
2016 to 2018, three generations of Hi-MO products based on PERC technology were
launched, leading the trend of PERC efficiency improvements in the industry.

Dr. Lv Jun, Vice President of LONGi Solar, said: "LONGi Solar has been
exploring the value of PERC products in recent years and keeps pushing the
boundaries of PERC technology so as to further improve the cost performance.
The new breakthrough of module conversion efficiency this time further proves
the development headroom of PERC. We firmly believe PERC will play greater
technical possibility in the next three years to effectively improve power
generation efficiency and reliability of photovoltaic system, lower LCOE and
bring higher benefits for customers."

The breakthroughs in high-efficiency modules cannot be separated from efficient
cell technology. From April 2017 to February 2018, LONGi Solar had improved its
PERC cell efficiency five times, breaking the 23% mass production efficiency.
Currently, all cell production lines of LONGi Solar will be upgraded to PERC to
fully meet the demand of the global market for next generation high-efficiency
PERC products.

SOURCE  LONGi Solar



本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中