「明石ダコの保護」応援のふるさと納税で産卵用たこつぼやパンフレットなど

明石市

2019/4/12 11:30

明石市は、マダコの不漁を受け、12月からふるさと納税の施策応援プランに「明石ダコの保護」を臨時追加します。年間1千トン、日本一のマダコの漁獲量を誇る明石市は本年、深刻な不漁に直面しており、産卵用たこつぼの追加投入などに寄附を役立て、安定供給に努めます。

2019年4月12日

明石市

「明石ダコの保護」応援のふるさと納税で産卵用たこつぼやパンフレットなど

 漁獲量と品質の良さから明石ダコのブランドで知られる兵庫県明石市が、深刻なマダコの不漁(*1)に直面し、昨年12月から期間限定で臨時追加したふるさと納税の施策応援プラン「明石ダコの保護」に対して、本年3月末日までに466件、合計1,015万8,668円の寄附が集まりました。

 明石市は、この寄附金を活用して4,300個の産卵用たこつぼ(*2)を追加購入し、明石市漁業組合連合会の5つの漁業協同組合(明石浦、林崎、江井ヶ島、東二見、西二見)に分配しました。

 また、明石ダコの保護に向けた理解や協力を得るためのパンフレットと動画を制作し、兵庫県漁業協同組合連合会や一般社団法人明石観光協会などの協力を得ながら、遊漁者(釣人)をはじめ、市民や観光客などに配布・発信します。これらのツールは明石ダコの生態などについても解説しているため、地域の学習のための教材としても活用します。

 なお、今回の反響から明石ダコに対する期待の大きさを再認識し、引き続きその保護を呼びかける方策のひとつとして、当面、明石市のふるさと納税の施策応援プランに設定し続けることとしました。

(*1)明石市の直近6年のマダコの年間漁獲量(1~12月)

 2013年(平成25年)   1,095トン

 2014年(平成26年)   1,064トン

 2015年(平成27年)   1,046トン

 2016年(平成28年)    710トン

 2017年(平成29年)    768トン

 2018年(平成30年)※概算   318トン(※前年比41.4%)

(*2)明石市の直近5年間の産卵用たこつぼの購入数

 2014年度(平成26年度) 3,100個

 2015年度(平成27年度) 2,977個

 2016年度(平成28年度) 2,525個

 2017年度(平成29年度) 2,520個

 2018年度(平成30年度) 2,808個+今回の追加分4,300個

◎動画『明石だこ 〜豊かな海のたからもの〜』 https://youtu.be/txhg87WaZNg

<明石市ふるさと納税>

 特設サイト https://www.city.akashi.lg.jp/furusato/index.html

 TEL.078-918-5275(受付:年末年始を除く平日8:55〜17:40)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

産卵用たこつぼの投入風景

明石だこ

産卵用たこつぼ

たこつぼで抱卵中のマダコ(海藤花:かいとうげ)

パンフレット(表面)

パンフレット(中面)

プレスリリース添付動画

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中