2019年エアライン・オブ・ザ・イヤーはシンガポール航空

Airline Ratings Pty Ltd

2018/11/14 09:20

2019年エアライン・オブ・ザ・イヤーはシンガポール航空

AsiaNet 76236 (2090)

【パース(オーストラリア)2018年11月13日AAPメディアネット・インターナショナル=共同通信JBN】世界唯一の安全・製品格付けウェブサイト、AirlineRatings.comは、シンガポール航空が2019年エアライン・オブ・ザ・イヤーに選定されたと発表した。

シンガポール航空は機内サービス、エアバスA350やボーイング787-10などの新型航空機、客室内装の改修、シンガポール-ニューヨークの直行便就航、運航安全性の各部門で初めて市場リーダーとたたえられた。これらの要因は、この航空会社が業界最高であることを明示している。

The AirlineRatings.comのエアライン・エクセレンス・アワードは、200年以上の業界経験があるエディター7人が機体使用年数、乗客の評価、収益性、投資格付け、製品提供、人事関係など12項目の重要基準について、主要な安全、政府監査を合わせて審査する。

www.AirlineRatings.com のジェフリー・トーマス編集長は「われわれの客観的分析により、シンガポール航空は多くの審査基準でナンバー1の結果が出た。それは偉大な業績である」と語った。

トーマス氏は「シンガポール航空は4年にわたり判断基準になってきたが、今や最高位に戻り、乗客革新と最新鋭の航空機モデルを先導している。エディター連は首位争いが接戦で、ニュージーランド航空、カンタス航空、カタール航空が僅差で逃したと言っていた」と述べた。

ニュージーランド航空はベストプレミアムエコノミーと太平洋地区ベストエアラインを受賞し、カタール航空がベストケータリングとベストビジネスクラスを制した。

カンタス航空はベスト国内航空サービスと羨望のベストラウンジを獲得した。

シンガポール航空はベストファーストクラスも受賞した。

大韓航空はベストエコノミーを手にした。

ヴァージン・オーストラリアはベストキャビンクルー、エミレーツ航空が中東/アフリカ地区ベストエアラインとベスト機内エンターテインメントを獲得した。

カンタスリンクはベスト地域エアライン、フィリピン航空が最も改善されたエアラインの各賞を得た。

ベトジェットエアはベスト超低コストエアラインになった。

長距離運航の優秀賞はデルタ航空(米州)、ルフトハンザ(欧州)、エミレーツ航空(中東/アフリカ)、エバー航空(アジア)、ニュージーランド航空(太平洋)。

ベスト低コストエアラインはウエストジェット(米州)、ウィズエアー(欧州)、エアアジア/エアアジアX(アジア/太平洋)。

▽2018年のトップ10エアライン

AirlineRatings.comは以下のトップ10も選定した。

シンガポール航空、ニュージーランド航空、カンタス航空、カタール航空、ヴァージン・オーストラリア、エミレーツ航空、全日空、エバー航空、キャセイパシフィック航空、日本航空

AirlineRatings.comについてはhttp://www.airlineratings.com/about-us.php を参照。

ソース:Airline Ratings Pty Ltd

World's Best Airlines for 2019

PR76236

PERTH, Australia, Nov. 13, 2018 /Medianet International=KYODO JBN/--

AirlineRatings.com, the world's only safety and product rating website has

announced Singapore Airlines as its Airline of the Year for 2019.

Singapore Airlines is being honoured for the first time for its market

leadership in inflight service, new aircraft types such as the A350 and 787-10,

revamped interiors and the launch of the non-stop Singapore to New York

service, as well as operational safety. These factors have stamped the airline

as a clear industry leader.

The AirlineRatings.com Airline Excellence Awards, judged by seven editors with

over 200 years' industry experience, combines major safety and government

audits, with 12 key criteria that include: fleet age, passenger reviews

profitability, investment rating, product offerings, and staff relations.

www.AirlineRatings.com Editor-in-Chief Geoffrey Thomas said: "In our objective

analysis Singapore Airlines came out number one in many of our audit criteria,

which is a great performance."

"For years Singapore Airlines has been the gold standard and now it is back to

its best, leading in passenger innovations and new state-of-the-art aircraft

models."

"The editors said that the competition for top spot was tight with Air New

Zealand, Qantas Airways and Qatar Airways just being nudged out," said Mr

Thomas.

Air New Zealand won Best Premium Economy and Best Airline Pacific, while Qatar

Airways picked up Best Catering and Best Business Class.

Qantas, won Best Domestic Airline Service, and the coveted Best Lounges.

Singapore Airlines also picked up Best First Class.

Korean Air won Best Economy.

Virgin Australia was voted Best Cabin Crew, Emirates, Best Airline Middle

East/Africa and Best In-Flight Entertainment.

QantasLink picked up Best Regional Airline and Philippine Airlines, Most

Improved Airline.

VietJetAir took out Best Ultra Low-Cost airline.

Excellence in Long Haul travel: Delta Air Lines (Americas), Lufthansa (Europe),

Emirates (Middle-East/Africa) Eva Air (Asia) and Air New Zealand (Pacific.).

  

Best Low-Cost Airline; Westjet (Americas), Wizz (Europe) and AirAsia / AirAsia

X (Asia/Pacific).

Top Ten Airlines 2018;

AirlineRatings.com also has named its Top Ten: Singapore Airlines, Air New

Zealand, Qantas, Qatar Airways, Virgin Australia, Emirates, All Nippon Airways,

EVA Air, Cathay Pacific Airways and Japan Airlines.

About AirlineRatings.com: http://www.airlineratings.com/about-us.php

SOURCE: Airline Ratings Pty Ltd

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中