能登半島 和倉温泉「加賀屋」監修による空弁を羽田空港で発売!

JALUX

2018/12/11 11:45

2018/12/11

能登半島 和倉温泉「加賀屋」監修による空弁を羽田空港で発売!

~JALUXグループの日本エアポートデリカから~

 JALUXグループの日本エアポートデリカ株式会社(本社:東京都大田区羽田空港 代表取締役社長:田子 透、以下JAD)は、石川県和倉温泉の老舗旅館「加賀屋」監修による弁当「ぶりの照り焼き重(加賀料理 治部煮(じぶに)入り)」を、2018年12月12日(水)より羽田空港国内線旅客ターミナル「空弁工房」等の弁当取扱店舗での先行発売を皮切りに、同空港内および都内百貨店等にて順次発売いたします。

 加賀屋は、本日発表された「第44回 プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で昨年に続き総合1位を獲得するなど、卓越したおもてなしによる接客と伝統の味の提供で、内外から高い評価を得ている日本を代表する旅館であります。

 

 羽田空港および首都圏向けに「空弁」の企画製造を行っているJADが、加賀屋監修を受けて創り出した伝統の味をご賞味ください。JADでは、これからも空弁を中心としたフードビジネスを通じて、お客さまに満足と感動、安心を提供してまいります。

<商品情報>  「ぶりの照り焼き重(加賀料理 治部煮入り)」

北陸能登をイメージし、脂がのったぶりの照り焼きに金箔をあしらい、加賀の郷土料理[治部煮※]と共にコンパクトなお弁当に仕立てました。能登和倉温泉 加賀屋の 『おもてなし』の心を込めたお弁当をぜひご賞味くださいませ。

※治部煮(じぶに)・・・鴨肉・野菜・すだれ麩などにとろみを付けて煮た、加賀の郷土料理。

「ぶりの照り焼き重(加賀料理 治部煮入り)」

価格1,390円(税込)

【取扱店舗】(予定)

2018年12月12日(水)から 羽田空港(国内線第1・第2旅客ターミナル)

「空弁工房」「ベイサイドカフェ」「シーサイドカフェ」「PIER」の主要店舗

2018年12月下旬以降  羽田空港「BLUE SKY」主要店舗

都内百貨店(髙島屋日本橋店、東急百貨店東横店、東武百貨店池袋店)等

【参考情報】

日本エアポートデリカの概要

(1) 会社名 日本エアポートデリカ株式会社(Japan Airport Delica Inc.)

(2) 設立年月日 2011年9月30日

(3) 所在地 東京都大田区羽田空港1-8-2

(4) 代表者 代表取締役社長 田子 透

(5) 資本金 100百万円

(6) 株主構成 JALUX 51% 日本空港ビルデング株式会社49%

(7) 主な事業内容 羽田空港および、空港外マーケットにおける食料品(日配惣菜類)の

企画・開発・製造および卸売事業

(8) HP http://www.airdeli.co.jp

本件に関するお問合せ先

日本エアポートデリカ株式会社 営業部(今井・萱島)

TEL:03-5708-7790

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

「ぶりの照り焼き重(加賀料理 治部煮入り)」1,390円(税込)

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中