「docomo IoTスマートメンテナンスパッケージ」の提供開始

NTTドコモ

2018/12/13 15:30

 株式会社NTTドコモは、ユニアデックス株式会社と協力し、「docomo IoTスマートメンテナンスパッケージ」を2018年12月14日(金)より提供開始いたします。

2018年12月13日

NTTドコモ

「docomo IoTスマートメンテナンスパッケージ」の提供開始

~産業設備の稼働監視、異常検知、故障予兆検知を可能とするトータルパッケージサービスを提供~

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、ユニアデックス株式会社(以下、ユニアデックス)と協力し、「docomo IoTスマートメンテナンスパッケージ」(以下、本パッケージ)を2018年12月14日(金)より提供開始いたします。

 本パッケージは、ユニアデックスの「AirInsightTM Maintenance」とドコモのIoT向けLTE/3G回線に振動センサー、IoTゲートウェイを加え、パッケージとして提供することで、導入したお客さまの設備の稼働監視、異常検知、故障予兆検知ができるサービスです。2018年1月にトライアル版※1として提供を開始し、お客さまと実証実験を進め、さまざまな設備に対する故障分析を行い、設備の故障パターンや最適なセンサー設置方法などに関する知見を蓄積してきました。

 本パッケージは、お客さまの工場などにある設備に振動センサーを設置し、稼働中設備の振動データの収集・解析を行うことで設備の点検診断を行います。ドコモのセキュアなモバイル回線と、ユニアデックスの高度な設備診断技術により、日常点検の半自動化、振動データの異常検知、振動データに基づく故障予兆検知を行うことで、お客さまの設備の予知保全や保守・保全業務に必要な稼働の削減などが可能となります。また、後付け可能なセンサーやゲートウェイを用いるため、お客さまの既存の設備にも取り付けが可能です。

 提供開始にあたり、実証実験中のものを含め、お客さまから得たご意見をもとに、振動データの可視化インタフェースや、閾値設定によるアラート発出機能、センサー・IoTゲートウェイなどのハードウェアの管理機能、振動データのダウンロード機能などを実装し、お客さまご自身での設備保守業務をより実施しやすくなるような機能検討を行ってまいりました。

 なお、価格は1センサーあたり月額2,700円で提供します。

 今後ドコモは、IoT化をトータルでご支援する「ドコモIoTマネージドサービス※2」や本パッケージの提供により、お客さまが抱える社会課題の解決をめざしてまいります。

*「AirInsight」は、ユニアデックス株式会社の登録商標です。

※1 2017年12月21日に報道発表(トピックス)として発表しております。

https://www.nttdocomo.co.jp/binary/pdf/info/news_release/topics/topics_171221_02.pdf

※2 「ドコモIoTマネージドサービス」は、導入から運用まで、ニーズに合わせたカスタムメイドでIoTに関する課題解決をまるごとサポートするサービスです。コンサルティングからソリューション選定、システム構築、システム運用の支援に加え、お客さまとドコモの協創検討も行います。

https://www.nttdocomo.co.jp/biz/service/managed_services/

別紙

本パッケージ概要

  

1.サービス概要

 振動センサー、IoTゲートウェイ、ドコモのIoT向けLTE/3G回線、設備点検ソフトウェアをセットにした、設備点検診断業務のIoT化と機械学習・AI化を支援するパッケージサービスです。

サービス概要

2.構成物品

(1)振動センサー

(2)IoTゲートウェイ 

(3)docomo IoT回線管理プラットフォーム※1 (LTE/3G用SIM、回線管理Webアプリケーション)

(4)AirInsightTM Maintenance 利用ライセンス (設備点検ソフトウェア)

(5)Microsoft Azure 利用ライセンス

<提供イメージ>

提供イメージ

3.料金体系 

 【項目】 ライセンス利用料 

 【価格(税別)】 2,700円 / センサー※2

 上記のほか振動センサーの設置位置の検討や振動データの分析など、本ソリューションの導入支援についてもお客さまの要望次第で別途ご提供いたします。(25万円~)

4.提供開始日

 2018年12月14日(金)

5.トライアル導入・予定事例

 【トーヨーカネツソリューションズ株式会社】

   同社製品であるBHS(空港手荷物搬送システム)の故障予兆を捉えるための実証実験(2018年1月トライアル開始)

   今後、全国の空港に納入している製品への水平展開をめざす

 【三井住友海上火災保険株式会社】

   顧客の工場に対して故障予兆検知により損害を予防する実証実験(2018年12月トライアル開始)

 なお、三井住友海上火災保険株式会社は、グループ会社のMS&ADインターリスク総研株式会社と共同で、損害保険のビジネス連携を見据え、リスクコンサルティングメニューの提供を検討する例となります。

BHS(空港手荷物搬送システム)

<BHS(空港手荷物搬送システム)>

6.対象

 法人名義

 ※個人のお客さまはご契約いただけません。

7.受付窓口

 全国のドコモ法人営業部門

 ※法人営業担当者と対面での契約のみの受付となります。

※1「docomo IoT回線管理プラットフォーム」は 「docomo M2Mプラットフォーム」(2017年12月報道発表)から名称変更となっております。

※2 別途、ハードウェア費用が必要となります。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

サービス概要

提供イメージ

BHS(空港手荷物搬送システム)

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中