AirbiquityがTerakiと提携し、エッジデータプロセッシング装備のOTAソフトウエアおよびデータ管理を提供

Airbiquity

2019/1/8 09:23

AirbiquityがTerakiと提携し、エッジデータプロセッシング装備のOTAソフトウエアおよびデータ管理を提供

AsiaNet 76933 (0032)

【シアトル2019年1月7日PR Newswire=共同通信JBN】コネクテッドビークル・サービスで世界をリードするAirbiquity(R)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2337493-1&h=203079482&u=https%3A%2F%2Fwww.airbiquity.com%2F&a=Airbiquity )と、AIおよびエッジプロセッシングのテクノロジーリーダーであるTeraki(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2337493-1&h=1029540426&u=https%3A%2F%2Fwww.teraki.com%2F&a=Teraki )は7日、AirbiquityのOTAmatic(TM)オーバージエア(OTA)ソフトウエアとデータ管理製品とTerakiのプリプロセッシング・データ分析能力を統合し、コネクテッドビークルを管理する効率的かつ正確なソリューションを自動車メーカーに提供すると発表した。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/177305/airbiquity_logo.jpg

コネクテッドビークルは先進運転支援システム(ADAS)、ビークル・ツー・エブリシング(V2X)統合、自動運転システムを駆動するためにソフトウエア、電子制御装置(ECU)、センサー、マイクロプロセッサー、データ分析に依存している。数百万台の車両向けのソフトウエア・アップデート、データ管理キャンペーンを同時に実行する際の複雑さが増す中、自動車メーカーはダイナミックにアップグレード可能なデータ分析とクラウドと車載データプロセッシングのバランスをとる柔軟性を備えたセキュアで高度にスケーラブルなOTAソリューションを必要としている。

AirbiquityとTerakiのソリューションは連動し、車両ないしはクラウドのデータをリアルタイム分析する柔軟性を自動車メーカーに提供する。Terakiのエンベデッド・プリプロセッシング・データ分析技術を通じて、OTAmaticユーザーは他のテクノロジーと比較して10倍のデータをプロセス、ストア、送信し、データ分析における最も正確なレベルを達成できる。今回の統合は広範な将来の使用事例をサポートして車両性能および安全性を向上させ、コネクテッドビークル、自動運転車両、新しいモビリティーサービスで顧客満足度を増大させる。

Airbiquityの製品管理ディレクターであるキーフェ・レオン氏は「OTAmaticはソフトウエア・アップデートおよびダイナミックなデータ収集の両方を含む総合的なOTAサービスを実現する強力なソリューションで、遠隔操作で新しいエッジ分析モジュールを車両に提供する能力を備えている。TerakiはOTAmaticエコシステムに独自の分析モジュールを提供し、データ精度を向上させるとともにデータ量を軽減し、多数の高度な自動車使用事例向けのエッジアルゴリズムを提供する」と語った。

Terakiのダニエル・リチャード最高経営責任者(CEO)は「Terakiのエッジデータ分析モジュールとAirbiquityのOTAmaticエコシステムの統合を当社にとって新しいマイルストーンとみている。当社の顧客は、エッジデータ分析ソフトウエアがどうのようにして高容量でインストールされ、アップデートされ、管理されるかを見ることができる。これは、顧客がTerakiのテクノロジーを容易に大規模展開し、予測メンテナンスやクラッシュ検知をはじめ、自動車市場におけるその他の新しいAIベース・モデルなど、コスト効率に優れた高精度かつデータインテンシブ・アプリケーションを駆動することができる」と語った。

AirbiquityおよびOTAmaticに関する詳細はウェブサイトwww.airbiquity.com を参照。Terakiに関する詳細はウェブサイトwww.teraki.com を参照。

▽Airbiquityについて

Airbiquity(R)はコネクテッドビークル・サービスのグローバルリーダーであり、自動車向けテレマティクス・テクノロジーの開発およびエンジニアリングのパイオニアである。自動車向けイノベーションの先端を切るAirbiquityは、業界で最も高度なクラウドベース・コネクテッドビークル・サービス配信プラットフォーム、Choreo(TM)を運営するとともに、オーバージエア(OTA)ソフトウエア・データ管理など主要な使用事例すべてをサポートする。自動車メーカー、自動車部品メーカーはAirbiquityと提携し、極めて拡張性があり、扱いやすく、安全なコネクテッドビークル・サービス・プログラムを、世界の60カ国以上の顧客のニーズに応じて展開している。Airbiquityについての詳細はwww.airbiquity.com を参照するか、@Airbiquity(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2337493-1&h=3971480640&u=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2FAirbiquity&a=%40Airbiquity )で会話に参加を。AirbiquityはAirbiquity Inc.の商標である。

▽Terakiについて

Terakiは革新的なエッジデータプロセッシングを提供し、総額3950億ドルの自動車エレクトロニクス業界の急増するデータ需要に応えている。同社のAIベースのIntelligent Signal Processingソフトウエアは10倍以上の自動車向けのチップ、通信、学習能力を生み出す。これは極めて正確なAIアプリケーションを大規模かつエンベデッド環境で可能にする。性能が飛躍的に向上することによって、自動車業界は新しい革新的かつコスト効率に優れた方法を開発し、車載センサーおよび制御ユニット(ECU、MCU、TCU)が生成する大量のデータを使ってより低い運用コストで車両の安全性および自動運転を向上させることができる。Terakiは大手自動車メーカーによる数件の試作品検証を完了し、さまざまなマイクロコントローラーの統合にも成功した。ベルリンに本社を置くTerakiは株式非公開企業で、Paladin Capital Group、GPS Ventures GmbH、Deutsche Telekom hub:raumから投資を受けている。

▽問い合わせ先

Shelby Simonson

Airbiquity PR +1-206-264-8220

media@airbiquity.com

ソース:Airbiquity

Airbiquity Partners with Teraki to Provide Over-the-Air Software and Data Management with Edge Data Processing

PR76933

SEATTLE, Jan. 7, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Airbiquity(R) (

https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2337493-1&h=203079482&u=https%3A%2F%2Fwww.airbiquity.com%2F&a=Airbiquity

), a global leader in connected vehicle services, and Teraki (

https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2337493-1&h=1029540426&u=https%3A%2F%2Fwww.teraki.com%2F&a=Teraki

), a technology leader in AI and edge processing, today announced the

integration of Airbiquity's OTAmatic(TM) over-the-air (OTA) software and data

management offering with Teraki's pre-processing data analytics capabilities

providing automakers with an efficient and accurate solution for managing

connected vehicles.

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/177305/airbiquity_logo.jpg

In order to power advanced driver assistance systems (ADAS),

vehicle-to-everything (V2X) integrations, and autonomous driving systems,

connected vehicles are reliant on software, electronic control units (ECUs),

sensors, microprocessors, and data analytics. Combined with the rising

complexity of executing software update and data management campaigns for

millions of vehicles simultaneously, automakers need a secure and highly

scalable OTA solution with dynamically upgradable data analytics and the

flexibility to balance cloud and in-vehicle data processing.

Airbiquity's and Teraki's solutions work in tandem to provide automakers the

flexibility to conduct real-time data analytics in the vehicle or in the cloud.

Through Teraki's embedded pre-processing data analytics technology, OTAmatic

users can process, store, and send 10 times more data compared with other

technologies while achieving the highest accuracy levels in data analytics.

Along with supporting a wide range of future use cases to increase vehicle

performance and safety, this integration boosts consumer satisfaction with

connected vehicles, autonomous vehicles, and new mobility services.

"OTAmatic is a powerful solution that enables comprehensive OTA services,

including both software updates and dynamic data collection with the ability to

remotely deliver new edge analytics modules to the vehicle," said Keefe Leung,

Airbiquity Director of Product Management. "Teraki provides a unique analytic

module to the OTAmatic ecosystem that simultaneously increases data accuracy

while reducing data volumes along with delivering edge algorithms for many

advanced automotive use cases."

"We see this integration of Teraki edge data analytics modules with

Airbiquity's OTAmatic ecosystem as yet another milestone for our company," said

Daniel Richart, CEO of Teraki. "Our customers can now see how our edge data

analytics software can be installed, updated, and managed at high volumes. This

proves that customers can easily deploy Teraki technology to power

cost-effective, highly-accurate, and data-intensive applications such as

predictive maintenance and crash detection--at scale--as well as other new

AI-based models in the automotive market."

To learn more about Airbiquity and OTAmatic, visit www.airbiquity.com. To learn

more about Teraki, visit www.teraki.com.

About Airbiquity

Airbiquity(R) is a global leader in connected vehicle services and pioneer in

the development and engineering of automotive telematics technology. At the

forefront of automotive innovation, Airbiquity operates the industry's most

advanced cloud-based connected vehicle service delivery platform, Choreo(TM),

and supports all leading use cases including over-the-air (OTA) software update

and data management. Working with Airbiquity, automakers and automotive

suppliers have deployed highly scalable, manageable, and secure connected

vehicle service programs meeting the needs of their customers in over 60

countries around the world. Learn more about Airbiquity at www.airbiquity.com

or join the conversation @Airbiquity (

https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2337493-1&h=3971480640&u=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2FAirbiquity&a=%40Airbiquity

). Airbiquity is a trademark of Airbiquity Inc.

About Teraki

Teraki provides breakthrough edge data processing software to meet the

exploding data demands of the $395 billion automotive electronics industry. The

company's AI-based Intelligent Signal Processing software delivers a more than

10X increase in automotive chip, communications and learning performance. This

makes highly accurate AI applications possible at scale and in embedded

environments. These leaps in performance enable the automotive industry to

develop new, innovative and cost-effective ways to use the vast amount of data

generated by in-vehicle sensors and control units (ECUs, MCUs, TCUs) to improve

vehicle safety and autonomy at lower operational costs. Teraki has completed

several pre-production validations by premium automotive manufacturers, as well

as successful integrations on a variety of microcontrollers. Headquartered in

Berlin, Teraki is privately held and funded with investments from Paladin

Capital Group, GPS Ventures GmbH and Deutsche Telekom hub:raum.

CONTACT:

Shelby Simonson

Airbiquity PR +1-206-264-8220

media@airbiquity.com

SOURCE Airbiquity

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中