IONがAspect CTRMソリューション最新版の改良スクリプティングを発表

ION

2019/1/10 14:15

IONがAspect CTRMソリューション最新版の改良スクリプティングを発表

AsiaNet 77019 (0052)

IONがAspect CTRMソリューション最新版の改良スクリプティングを発表

【ニューヨーク、ロンドン2019年1月10日PR Newswire=共同通信JBN】商品、資金管理のための取引、分析および危機管理ソリューションの世界最大のプロバイダーであるIONは10日、商品・取引・危機管理(CTRM)ソフトウエアの最新版であるAspect 18.3の発売を発表した。最新版は、より良く情報に通じ、より効率的でカスタマイズされた取引サポートのための最新の改良スクリプティング・カスタマイゼーションを備えている。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/710180/ION_Logo.jpg

Unipec Americaの危機管理担当マネジャーであるエリック・ユー氏は「スクリプトされたリポートは、さまざまなビジネスニーズを満たす柔軟なリポートを作成するのに有用なツールである。同リポートは、われわれのビジネスプロセスの需要に合わせ、代わりのより効率的な選択肢を提供するためのシステムを形成する能力がある」と語った。

Aspectは型にとらわれずに、大半のエネルギーおよび商品取引会社によって使用されている一般的なプロセスとワークフローをサポートし、エクスポージャー、リスク、P&L、在庫管理、物流、会計のリアルタイム・マルチサイトの可視性を提供する。

確立された巨大企業から急成長の新興企業まで、全ての規模の取引会社において、Aspectの既存の内蔵スクリプティング機能は、顧客自身のITチームがさまざまなカスタム・ワークフローを作成することを可能にする。これは、サプライチェーンを通じ、彼らの商品の購入、販売、移動、保管の独自の方法をサポートする。特注のリポート、フォーム、作業台は最も一般的なものであり、アップロードとウェブサービスによってフォローされている。

ChemiumのIT管理者であるジョン・コントレーラス氏は「私は実行プロセスの間に、Aspectが提供するスクリプトされたリポートの柔軟性に慣れ親しむようになり、われわれが表面だけを走り書きしている間に、私は既に、われわれが複雑なビジネスプロセスに適応するために彼らの能力から多大な恩恵を受けるということを予測できた」と語った。

新バージョンの18.3には、Scripting LibrariesとScripting Profilerが含まれている。それらは連携しながら、ユーザーが彼らのカスタマイズされたソリューションをより容易に開発、管理することを可能にする。Librariesにより、複雑にスクリプトされたアクティビティーは再利用のために保存することができ、一方で、Profilerにより、社内のITチームとAspectの専門家は、障害解消と性能向上のために開発されたスクリプトをストレステストにかけることができる。

Aspectの最高経営責任者(CEO)であるスティーブ・ヒューズ氏は「Aspectは、自らのやり方で物事を行い、外部のサプライヤーによって時間とコストのかかるカスタマイゼーションに縛られたくない取引会社をサポートする方法において並ぶものがない。18.3のバージョンで、われわれはスクリプティングのツールキットに2つの重要な新要素を加えた。これにより、企業はさらに、Aspectによって開発可能な優れた機能性を活用できるようになる」と語った。

▽IONについて
IONは金融機関、中央銀行、政府および法人に対し、ミッションクリティカルな取引およびワークフロー自動化ソフトウエアのソリューションを提供する。詳しい情報はwww.iongroup.com を参照。

ソース:ION

▽問い合わせ先
Gary Ramsay
(917) 322-0529
gary.ramsay@iongroup.com


ION unveils enhanced scripting in latest update of its SaaS-delivered Aspect CTRM Solution

PR77019

NEW YORK and LONDON, Jan. 10, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

ION, the largest global provider of trading, analytics and risk management
solutions for commodities and treasury management, today announced the
availability of Aspect 18.3, the next release of its commodity trading and risk
management (CTRM) software, with new enhanced scripting customization for
better informed, more efficient and customized trading support.

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/710180/ION_Logo.jpg

Eric Yu, Manager of Risk Control of Unipec America, said, "The scripted report
is a useful tool to create flexible reports that fulfil various business
needs.  The reports have the ability to mold the system to match our business
process demands, as well as provide alternative, more efficient options."

Out-of-the-box, Aspect supports the common processes and workflows used by most
energy and commodity trading companies, delivering real-time, multi-site
visibility of exposure, risk, P&L, inventory management, logistics and
accounting.

Across trading houses of all sizes, from established heavyweights to
fast-growing start-ups, Aspect's existing built-in scripting functions enable
customers' own IT teams to create a range of custom workflows that support
their unique ways of buying, selling, moving and storing commodities through
the supply chain.  Bespoke reports, forms and workbenches are the most common,
followed by uploads and web services.

"During the implementation process I became familiar with the flexibility of
the scripted reports that Aspect offers, and while we've only scratched the
surface, I can already foresee that we will benefit tremendously from their
ability to adapt to complex business processes," said John Contreras, IT
Administrator for Chemium.

The new version of 18.3 includes Scripting Libraries and a Scripting Profiler.  
Working together, they enable users to more easily create and manage their
customized solutions.  Libraries enable complex scripted activities to be
stored for reuse, while Profiler allows in-house IT teams and Aspect
specialists to stress-test scripts created to resolve bottlenecks and enhance
performance.

"Aspect is unique in the way it supports trading houses that want to do things
their own way, and not be shackled to slow and costly customizations by
external suppliers," said Aspect CEO Steve Hughes. "In version 18.3 we've added
two key new elements to the scripting toolkit that further empower companies to
leverage the unique functionality that Aspect enables them to create."

About ION

ION provides mission-critical trading and workflow automation software
solutions to financial institutions, central banks, governments and corporates.
For more information, visit www.iongroup.com.

SOURCE ION

CONTACT: Gary Ramsay, (917) 322-0529, gary.ramsay@iongroup.com  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中