日本の多数のスーパーマーケットが金龍魚こめ油の1周年を祝う

Arawana

2019/1/15 13:03

日本の多数のスーパーマーケットが金龍魚こめ油の1周年を祝う

AsiaNet 77041 (0066)

【東京2019年1月15日PR Newswire=共同通信JBN】

*金龍魚こめ油が再び「Chinese Red(中国の赤)」に点火

東京、大阪、沖縄の100軒近くのスーパーマーケットが1月12日から、Yihai Kerryのブランドである金龍魚こめ油の日本での1周年を祝おうとしている。参加するスーパーマーケットは、金龍魚こめ油でつくったおいしいスナックを試食用に提供して日本中で同ブランドのプロモーションをサポートする。金龍魚が、かつて渋谷に飾られた目を引く「Chinese Red(中国の赤)」の巨大な宣伝で日本のマーケットにデビューしてからわずか1年だ。何年も前にはほとんどの人々は中国のこめ油のことを聞いたことがなかったが、それ以来、次第に人気となってきた。

https://photos.prnasia.com/prnh/20190114/2343524-1-a

(東京・松屋銀座でのイベント)

外国ブランドのこめ油がわずか1年以内に日本でこのような競争力のある位置と高い評判を獲得したのは初めてで、ひとつは、金龍魚研究開発チームが10年を費やした高品質製品開発へ向けた研究のおかげだ。

中国の古い格言にあるように、「1分の舞台演技は10年の練習のたまものだ(A one-minute performance on-stage takes ten years of practice)」。昨年、ファミリーマートやローソン、セブンイレブンなどほんの数社の小売業者が東京での金龍魚こめ油の販売イベントに参加した。1年後に、100軒近い日本のスーパーマーケットがともに金龍魚の1周年を祝おうとしている。金龍魚こめ油を強力な発展へと導いたのは、絶え間ない技術革新と高品質の追求だ。

金龍魚研究開発チームは10年を費やして、こめ油の2つの核となる栄養素であるオリザノールとフィトステロール双方の平均含有量を1万ppm(mg/kg)に自然に確保するための低温搾り出し特許技術「Enzymatic Degumming(酵素精錬)」を開発した。金龍魚こめ油の技術と品質は、日本での第3回こめ油の国際会議(ICRBO2016)で唯一の「品質賞」を受賞したことにより世界をリードする水準に達したことが証明された。

https://photos.prnasia.com/prnh/20190114/2343524-1-b

(金龍魚こめ油日本上陸1周年のポスター)

1日1歩は小さな変化かもしれないが、毎日の1歩は、結局は大きな違いへとつながる。金龍魚はイノベーションと品質の高い水準の追求を決してやめないため、すべての1歩が世界での中国のこめ油の発展を助けている。将来、金龍魚こめ油は世界舞台での認知を追い求め続けるだろう。

ソース:Arawana  

Hundreds of Japanese Supermarkets to Celebrate the Anniversary of Arawana Rice Bran Oil

PR77041

Tokyo, Jan. 15, 2019/PRNewswire=KYODO JBN/--

Arawana Rice Bran Oil Ignites the "Chinese Red" Again

Starting from 12 January, nearly one hundred supermarkets in Tokyo, Osaka,

Okinawa are going to celebrate the anniversary of Arawana Rice Bran Oil, a

brand under Yihai Kerry, in Japan.   Participating markets will be offering

delicate snacks made with Arawana Rice Bran Oil for tasting, helping to promote

the brand across Japan. It has been only one year since Arawana's debut into

the Japanese market with its eye-catching "Chinese Red" giant advertisement

which once adorned Shibuya. Many years ago, most people had not heard of

Chinese rice bran oils, but it has since become increasingly popular.

https://photos.prnasia.com/prnh/20190114/2343524-1-a

 ( The Events in Matsuya Ginza, Tokyo )

This is the first time that a foreign brand of rice bran oil has won such a

competitive position and high reputation in Japan within just one year, in part

due the Arawana R&D team's 10 years of dedicated research towards developing

its high-quality products.

As an old Chinese old saying goes, "A one-minute performance on-stage takes ten

years of practice." Last year, only a few retailers, including FamilyMart,

LAWSON, 7-Eleven, attended the launch event of Arawana Rice Bran Oil in Tokyo.

One year later, nearly one hundred Japanese supermarkets will celebrate

Arawana's anniversary together. It is the constant technological innovation and

pursuit of high quality that has led Arawana Rice Bran Oil's strong

development.

The Arawana R&D team devoted 10 years to develop "Enzymatic Degumming", a

patented technology for low temperature extraction, to naturally reserve the

average content of both oryzanol and phytosterol, two core nutrients of rice

bran oil, at 10,000 ppm(mg/kg). The technology and quality of Awarana Rice Bran

Oil have reached world-leading levels as proven by their winning of the only

"Quality Award" at the 3rd International Conference on Rice Bran Oil in Japan

(ICRBO2016).

https://photos.prnasia.com/prnh/20190114/2343524-1-b

 ( The Poster of Arawana Rice Bran Oil Lauched in Janpan for One Year )

One step a day may be a small change, but one step everyday will eventually

lead to a big difference. Since Arawana will never stop chasing a higher level

of innovation and quality, every step helps the development of Chinese rice

bran oil in the world; In the future, Arawana Rice Bran Oil will continue to

pursue recognition on the global stage.

SOURCE: Arawana

  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中