Seeing Machinesがオートモーティブワールド2019でドライバー監視システム出展へ

Seeing Machines Limited

2019/1/15 15:46

Seeing Machinesがオートモーティブワールド2019でドライバー監視システム出展へ

AsiaNet 77060 (0073)

Seeing Machinesがオートモーティブワールド2019でドライバー監視システム出展へ

【東京2019年1月15日PR Newswire=共同通信JBN】輸送の安全性向上のためのAI駆動の運転者監視システムを設計している先進コンピュータービジョン技術企業であるSeeing Machines Limitedは、東京で開催の世界最大の先進自動車技術展示会であるオートモーティブワールドでドライバー監視技術を展示する。

Seeing Machines はNEXTYブース(E43−48)にあり、Guardianバックアップドライバー監視システム(Guardian BdMS)を展示する。

自動運転は運転をより簡単に、より快適に、そしていずれは安全にする。運転作業をコンピューターに委ねることは現実になるだろうが、その道程は漸進的、複雑で、危険性も秘めている。自動運転技術はテストされ、磨きがかけられる段階で、車両の安全な運転が常に保障されるように、自動運転システムを監視する人間のバックアップドライバーを使うのが賢明である。

Seeing Machinesは特に自律運転試験車両の保有者やオペレーター向けに、自動運転技術の安全なイノベーションと路上運転を支援する安全システムを提供するよう設計されたGuardian BdMS立ち上げ、自動運転が可能でない時に、予備ドライバーが車両をいつでも確実にコントロールするのをサポートした。

Guardian BdMSは現在北米のいくつかの企業で使われており、Seeing Machinesの自動車級のFOVIOドライバー監視技術を、SAE(自動車技術者協会)レベル3からレベル5の試験車両向けの使い勝手の良い改装システムに活用している。

2019年1月16日から18日に東京で開催のオートモーティブワールドのSeeing MachinesのNEXTYブース(E43-38)に来場を。

▽Seeing Machinesについて

オーストラリアに本社を置くグローバル企業であるSeeing Machines(LSE: SEE)は、機械が人々を見て、理解し、支援することを可能にするコンピュータービジョン技術の業界リーダーである。同社の機械学習ビジョンプラットフォームには、頭部、顔および目の人工知能(AI)分析を通じ、ドライバーに関するリアルタイムでの把握を提供するノウハウがある。この知見が、ドライバーやオペレーターの識別と注意を監視し、多様な輸送部門で眠気や注意力散漫を識別できるドライバー監視システム(DMS)を可能にしている。

Seeing Machinesは、自動車、商用車、航空、鉄道、オフロードの市場向けにDMSを開発している。同社はオーストラリア、米国、欧州、アジアにオフィスを構え、各業種の業界リーダーにマルチプラットフォームソリューションを提供している。

DMSは自動車産業向けとしてADAS(Advanced Driver Assistance System、先端ドライバー補助システム)に統合され、特に半自律型および自動運転車の開発において、中核となる安全技術になりつつある。DMSはまた、世界中の商業輸送および物流業界全体の安全機能に欠かせないものであるとの認識が高まりつつある。www.seeingmachines.com

▽メディア問い合わせ先

Sophie.Nicoll@SeeingMachines.com

+61-419-149-683

ソース:Seeing Machines Limited

Seeing Machines to showcase Driver Monitoring System at Automotive World 2019

PR77060

TOKYO, Jan. 15, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Seeing Machines Limited, the advanced computer vision technology company that

designs AI-powered operator monitoring systems to improve transport safety will

be exhibiting its driver monitoring technology at Automotive World in Tokyo,

the world's largest exhibition for advanced automotive technologies.

Situated on NEXTY's booth(#E43-38), Seeing Machines will demonstrate its'

Guardian Backup-driver Monitoring System(Guardian BdMS).

Automated driving will make driving easier, more comfortable, and eventually,

safer. Entrusting the driving task to a computer will become a reality, but the

journey will be gradual, complex, and potentially dangerous. As automated

driving technology is tested and refined, it is prudent to have a human

backup-driver continue to oversee the automated driving system to help assure

safe operation of the vehicle at all times.

Seeing Machines has launched Guardian BdMS, designed specifically for

autonomous driving research fleet owners and operators to provide a safety

system that supports safe innovation and on-road testing of automated driving

technology, helping to ensure the backup driver is ready to take control of the

vehicle when automated driving is not possible.

The Guardian BdMS, currently being piloted in several companies in North

America, leverages Seeing Machines' automotive-grade FOVIO driver monitoring

technology in a convenient retrofit system for SAE level 3 to 5 test vehicle

fleets.

Visit Seeing Machines on the NEXTY booth(#E43-38) at Automotive World in Tokyo

from 16 through 18 January 2019.

About Seeing Machines

Seeing Machines (LSE: SEE), a global company headquartered in Australia, is an

industry leader in computer vision technologies which enable machines to see,

understand and assist people. The Company's machine learning vision platform

has the know-how to deliver real-time identification and understanding of

drivers through Artificial Intelligence(AI) analysis of heads, faces and eyes.

This insight enables Driver Monitoring Systems(DMS), which monitor

driver/operator identification and attention and can detect drowsiness and

distraction across multiple transport sectors.

Seeing Machines develops DMS for the Automotive, Commercial Fleet, Aviation,

Rail and Off-Road markets. The Company has offices in Australia, USA, Europe

and Asia, and delivers multi-platform solutions to industry leaders in each

vertical.

DMS is becoming a core safety technology integrated into ADAS (Advanced Driver

Assistance Systems) offerings for the automotive industry, particularly with

the development of semi-autonomous and self-driving cars. DMS is also

increasingly seen to be an integral safety feature across the Commercial

Transport & Logistics industry globally. www.seeingmachines.com

Media enquiries: Sophie.Nicoll@SeeingMachines.com or +61-419-149-683

SOURCE Seeing Machines Limited

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中