Isotropic SystemsがBoeing HorizonX Ventures主導のシリーズA資金調達で1400万ドルを調達

Isotropic Systems Ltd

2019/1/16 14:30

Isotropic SystemsがBoeing HorizonX Ventures主導のシリーズA資金調達で1400万ドルを調達

AsiaNet 77095 (0081)

【ロンドン2019年1月16日PR Newswire=共同通信JBN】

*宇宙ベースの接続性向上が目的

*Isotropicの次世代統合端末へのアプローチは、端末の経済と性能に大きな変化をもたらし、衛星業界の可能性を最大限に引き出す

次世代の統合衛星端末ソリューションプロバイダーであるIsotropic Systems Ltd.は16日、Boeing HorizonX Venturesが主導し、WML、Space Angels、Space Capitalも参加したシリーズA資金調達で1400万ドルを調達したと発表した。

(Logo: https://mma.prnewswire.com/media/808814/Isotropic_Logo.jpg

Isotropic Systemsのジョン・フィニー創業者兼最高経営責任者(CEO)は「シリーズAの資金調達は、あらゆる軌道上のハイスループット衛星とメガコンステレーションの潜在能力を最大限に引き出す構えの戦略的パートナー、顧客の数を急速に増加させているIsotropicにとって格別な年に行われた。ボーイングの投資は、当社のチームにボーイングのエキスパート、テストラボ、その他の貴重なリソースへのアクセスを提供、当社の端末ソリューション展開を迅速にし、他の宇宙ベースや無線接続アプリケーションにわたる当社の知的財産を活用する」と語った。

Isotropic Systemsは、電波の方向を制御する変換光ビームフォーミング技術を活用し、費用対効果が大幅に高く、消費電力は大幅に少なくて済むものの、エンドユーザーに優れたパフォーマンス上のメリットをもたらす通信端末ソリューションを開発した。コスト、電力の大幅な削減がパフォーマンスの向上と相まって、新たな市場の開拓と衛星通信の大規模採用が可能になる。

Boeing HorizonX Venturesのマネージングディレクター、ブライアン・シェトラー氏は「Isotropicのソリューションによって、衛星サービスプロバイダーは能力向上とコスト削減が可能になる。今回の投資は、宇宙ベースの接続サービスの大衆市場への拡大を加速させ、宇宙イノベーションにおけるボーイングのリーダーシップを継続させる」と語った。

今回の新たな資金調達により、Isotropicは同社の技術の商業化を加速させ、衛星通信事業者顧客に利益をもたらすとともに、同社の技術を活用して隣接市場での新たなアプリケーションの可能性を探ることが可能になる。

この発表に関する詳細については、Boeing HorizonX Venturesのプレスリリース (https://boeing.mediaroom.com )を参照。

▽Isotropic Systemsについて

Isotropic Systemsは、衛星業界が従来の市場の「限界を超え」、フルセットのハイスループットサービスで新規顧客を獲得するのをサポートすべく設計された、世界初のマルチサービス、高帯域幅、低電力、完全統合ハイスループット端末を開発している。同社の業界専門家や科学者のチームは、衛星端末設計において先駆けとなる仕事をいくつか手掛けてきた。詳細については、http://www.isotropicsystems.com を参照。ビジュアルメディア資産はこちら(https://drive.google.com/open?id=1zchd85B_uyLMYvfAMM5jP6pbrPjnDWGC )で入手可能。

▽Boeing HorizonX Venturesについて

Boeing HorizonX Venturesは、航空宇宙分野のスタートアップイノベーションの規模拡大を支援する投資をターゲットにしている。同社のポートフォリオには、自律システム、積層造形、エネルギーとデータストレージ、先端素材、拡張現実システムとソフトウエア、機械学習、ハイブリッド電気と極超音速推進、インターネット・オブ・シングス接続を専門とする企業が含まれている。

▽ボーイングについて

ボーイングは世界最大の航空宇宙企業で、民間航空機、防衛、宇宙およびセキュリティーシステムの大手メーカーであり、民間、政府向けの航空宇宙サービスの大手プロバイダーである。米国トップの輸出業者である同社は、150を超える国々で航空会社や米国とその同盟国政府の顧客をサポートしている。

ソース:Isotropic Systems Ltd

Isotropic Systems Raises $14 Million in Series A Funding Led by Boeing HorizonX Ventures to Advance Space-Based Connectivity

PR77095

LONDON, January 16, 2019, /PRNewswire=KYODO JBN/--

    Isotropic's approach to next-generation integrated terminal creates

profound change in terminal economics and performance to unlock the satellite

industry's full potential

    Isotropic Systems Ltd., the next-generation integrated satellite terminal

solution provider, today announced a $14 million Series A round of funding led

by Boeing HorizonX Ventures, with participation from WML, Space Angels and

Space Capital.

(Logo: https://mma.prnewswire.com/media/808814/Isotropic_Logo.jpg )

    "The Series A financing builds on an exceptional year for Isotropic which

saw a rapidly growing roster of strategic partners and customers who are poised

to unlock the full potential of high-throughput satellites and

mega-constellations across all orbits," said John Finney, founder and chief

executive officer of Isotropic Systems. "Boeing's investment provides our team

access to Boeing experts, testing labs, and other valuable resources to

fast-track the deployment of our terminal solutions and to leverage our

intellectual property across other space-based and wireless connectivity

applications."

    Leveraging a transformational optical beamforming technology to control the

direction of radio waves, Isotropic Systems has developed communication

terminal solutions that are significantly more cost-effective, use

significantly less power and yet achieve superior performance benefits for the

end users. The substantial reduction in cost and power combined with improved

performance result in newly-addressable markets and enable mass adoption of

satellite communications.

    "Isotropic's solution allows for increased capabilities at reduced costs

for satellite service providers," said Brian Schettler, managing director of

Boeing HorizonX Ventures. "This investment accelerates the expansion of

space-based connectivity services to the mass market and continues Boeing's

leadership in space innovation."

    This new funding will allow Isotropic to accelerate the commercialization

of its technology to benefit its satellite operator customers and to leverage

its technology to explore new applications in adjacent markets.

    Read the Boeing HorizonX Ventures press release

[https://boeing.mediaroom.com ] for more information regarding this

announcement.

    About Isotropic Systems

    Isotropic Systems is developing the world's first multi-service,

high-bandwidth, low power, fully integrated high throughput terminal designed

to support the satellite industry to 'reach beyond' traditional markets and

acquire new customers with a full suite of high throughput services. The

company's team of industry experts and scientists has pioneered several firsts

in satellite terminal design. For more information visit

http://www.isotropicsystems.com. Visual media assets available here

[https://drive.google.com/open?id=1zchd85B_uyLMYvfAMM5jP6pbrPjnDWGC ].

    About Boeing HorizonX Ventures

    Boeing HorizonX Ventures targets investments that help scale startup

innovation in aerospace. Its portfolio includes companies specializing in

autonomous systems, additive manufacturing, energy and data storage, advanced

materials, augmented reality systems and software, machine learning,

hybrid-electric and hypersonic propulsion and Internet of Things connectivity.

    About Boeing

    Boeing is the world's largest aerospace company, the leading manufacturer

of commercial airplanes and defense, space and security systems, and a major

provider of commercial and government aerospace services. A top U.S. exporter,

the company supports airlines and U.S. and allied government customers in more

than 150 countries.

SOURCE: Isotropic Systems Ltd

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中