Mainstream Renewable Power、9000万ユーロのトレード・ファイナンス・ファシリティーを獲得

Mainstream Renewable Power

2019/1/16 17:08

Mainstream Renewable Power、9000万ユーロのトレード・ファイナンス・ファシリティーを獲得

AsiaNet 77091 (0082)

【ダブリン2019年1月16日PR Newswire=共同通信JBN】

*新たな企業債務ファシリティーは国際的成長を加速させる

世界的な風力・太陽光発電プラントの開発企業であるMainstream Renewable Powerは16日、DNBやHSBCと9000万ユーロに上る新たなトレード・ファイナンス・ファシリティーを取りまとめたと発表した。この契約はMainstream社史で最大級の企業債務獲得で、Mainstreamの現在のリソースと合わせて、Mainstreamの世界的なプロジェクトの入札保証や契約保証、エクイティー・コミットメントを支えるために活用する。

(Logo: https://mma.prnewswire.com/media/686512/Mainstream_Renewable_Power_Logo.jpg

9000万ユーロのトレード・ファイナンス・ファシリティーはDNBとHSBCによる均等額の融資。Mainstreamは承認されれば、このトレード・ファイナンス・ファシリティーに新しい融資者を招き、金額を2億ユーロにまで増額するオプションを持っている。新しいファシリティーの最初の活用は、グループがチリの569MW Condor Portfolioを建設するエクイティー・コミットメントを果たすのに充てるとMainstreamは見込んでいる。この計画は、契約済みで完全保有の風力・太陽光プロジェクトである1.3 GW Andes Renewables Platformの第1段階である。

Mainstreamグループのアンディ・キンセラ最高経営責任者(CEO)は発表に際して「DNBやHSBCとこの重要な契約を結べたことをとても喜んでいる。このグローバルなファシリティーは、世界中で大規模な開発機会を追い求める自由をわれわれに与える。差し当たっては、チリで契約済みの1.3GWのAndes再生可能風力・太陽光プラットフォームの第1期資金として助けになる。チリではわれわれの資産が新旧の化石燃料発電を凌駕し続ける再生可能エネルギーをもたらしている」とコメントした。

DNB Bank ASAのパワー&リニューアブルズ責任者のスベン・バッケン氏は「再生可能分野でのリーダーとしてのDNBは、Mainstream Renewable Powerの成長を助けることを誇りに思う。DNBは世界的な環境保護シフトに深くかかわっており、Mainstreamとともにわれわれは、前向きで持続可能な方法で貢献できると信じている」と語った。

HSBCのアイルランド法人金融担当者のマイケル・ラロール氏は「グローバルな再生可能エネルギー分野でアイルランドの偉大なサクセスストーリーの1つであるMainstream Renewable Powerを支援することに、HSBCは喜んでいる。このファシリティーは当初、チリでの再生可能エネルギー資産のかなりのポートフォリオの開発を支え、世界的に環境保護への信認向上に非常にポジティブな前進になるとともに、われわれのネットワークとトレードファイナンス手法の強力さを示すものだ」と述べた。

▽Mainstream Renewable Powerについて

Mainstream Renewable Powerは高成長市場での実用規模の風力・太陽光発電設備の主要開発企業である。同社は南米、アフリカ、アジアで9GW超の風力・太陽光資産の高品質のポートフォリオを提供することに重点を置いている。チリでは政府競売での前例のない成功を受け、Mainstreamは1.3GWの完全契約の風力・太陽光プロジェクトを保有する。世界では南アフリカの商業操業用に800MWの風力・太陽光発電資産を供給し、さらに707MWを建設している。Mainstream は東南アジアでは、ベトナムとフィリピンで最大規模の風力発電所を開発中だ。

Mainstreamは現在までにプロジェクトファイナンスとして18億ユーロ以上を調達し、4大陸で200人の従業員を抱える。同社は英国のホーンシー1およびホーンシー2プロジェクトなど世界でいくつかの最大級洋上風力プロジェクトを開発した。

▽問い合わせ先

Emmet Curley

Head of Corporate Communications   

Phone: +353-86-2411-690

Email: emmet.curley@mainstreamrp.com

ソース:Mainstream Renewable Power

Mainstream Renewable Power Secures €90 Million Trade Finance Facility

PR77091

DUBLIN, Jan. 16, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

New corporate debt facility will accelerate international growth  

Mainstream Renewable Power, the leading global developer of wind and solar

power plants, has today announced the closure of a new EUROS90 million Trade

Finance Facility with DNB and HSBC. The agreement represents one of the largest

corporate debt raises in Mainstream's history and will be used in addition to

Mainstream's significant existing resources to support bid bonds, performance

bonds, and equity commitments for Mainstream's projects globally.

<start_logo>

     (Logo:

https://mma.prnewswire.com/media/686512/Mainstream_Renewable_Power_Logo.jpg )

<end_logo>

The EUROS90m Trade Finance Facility is funded equally by DNB and HSBC.

Mainstream has the option to bring new lenders into the Trade Finance Facility

to allow an increase in size to EUROS200 million, subject to approval.

Mainstream expects the first use under the new facility will be to support the

Group's equity commitments to construct the 569MW Condor Portfolio in Chile,

which is the first phase of its wholly-owned 1.3 GW Andes Renewables Platform

of fully contracted wind and solar projects.

Commenting on the announcement, Andy Kinsella, Mainstream's Group Chief

Executive, said: "We're very pleased to have secured this significant agreement

with DNB and HSBC. This global facility gives us the freedom to pursue

large-scale development opportunities around the world. First up, it will help

us to fund the first phase of our fully-contracted 1.3 gigawatt Andes

Renewables wind and solar platform in Chile, where our assets are ensuring

renewable energy continues to outcompete both new and existing fossil fired

generation."

Sven Bakken, Head of Power and Renewables - DNB Bank ASA, said: "As a leader

within the renewable sector, DNB is proud to support the growth of Mainstream

Renewable Power. DNB is deeply committed to support the green shift globally,

and with Mainstream we are confident we are contributing in a positive and

sustainable way."

Michael Lalor, Head of Corporate Banking Ireland -  HSBC, commented: "HSBC is

delighted to support Mainstream Renewable Power, one of Ireland's great success

stories on the global renewable energy stage. The facility will initially

support the development of a significant portfolio of renewable energy assets

in Chile and is a very positive step forward in advancing our global green

credentials while also highlighting the strength of our network and trade

finance expertise."

About Mainstream Renewable Power  

Mainstream Renewable Power is the leading global developer of utility-scale

wind and solar power plants in high-growth markets. The company is focused on

delivering a high-quality portfolio of more than 9 gigawatts of wind and solar

assets across Latin America, Africa and Asia. In Chile, Mainstream owns 1.3 GW

of fully contracted wind and solar projects due to its unprecedented success in

government auctions. Globally, the company has delivered more than 800MW of

wind and solar assets into commercial operation and is currently constructing a

further 707MW. Mainstream is developing the largest wind farm in South East

Asia in Vietnam as well as projects in the Philippines.

Mainstream has raised more than EUR1.8bn in project finance to date and employs

200 staff across four continents. The company has developed the world's largest

offshore wind projects; the Hornsea 1 and Hornsea 2 projects in the UK.

Contact:

Emmet Curley, Head of Corporate Communications   

Phone: +353-86-2411-690

Email: emmet.curley@mainstreamrp.com

Source: Mainstream Renewable Power

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中