マカフィー、次期日本法人代表取締役社長に田中 辰夫が就任

2019年1月22日

マカフィー株式会社

マカフィー、次期日本法人代表取締役社長に田中 辰夫が就任

マカフィー株式会社(本社:東京都渋谷区、以下、マカフィー)は、

次期代表取締役社長に田中 辰夫(たなか たつお)が就任することを

発表しました。田中の代表取締役社長への正式な就任は、

必要な手続きを経て2019年1月末を予定しています。

田中は今後、日本での法人並びにコンシューマビジネス全般を統括し、

パートナー企業と共に、安心・安全なサイバー環境構築への

取り組みをさらに加速します。

なお、2016年5月から代表取締役社長として日本の事業を率いてきた

山野 修は、引き続き2019年2月末まで取締役として在籍し、

後任となる田中をサポートするとともに、

ビジネスを円滑に引き継ぎます。

田中はIT業界に35年以上従事し、豊富な経験を有しています。

1999年にネットワークアソシエイツ(現マカフィー)に入社し、

法人ビジネスの責任者の後、コンシューマービジネスを確立しました。

2005年に一旦マカフィーを離れ、2010年にマカフィーに再入社。

2011年、取締役専務執行役員兼インテル米国本社*の

Vice President に就任し、

2018年3月には取締役副社長に就任しました。

2005年からはモバイル系の新会社を設立、

さらにデータセンターのMSPサービス企業の

代表取締役社長などを歴任しました。

* 2011年にインテルがマカフィーを買収し、2017年に売却

マカフィーは新たな経営陣の下、日本のパートナー企業との

連携をより一層緊密にし、クラウド化が進むサイバー環境を、

あらゆる組織や個人が安心、安全に利用できるための

取り組みに注力します。

マカフィーの法人事業グループ担当プレジデント兼

最高売上責任者であるジョン・ジアマッテオ(John Giamatteo)は

次のように述べています。

「田中が新たに日本法人代表取締役社長に就任することを

喜ばしく思います。田中はこれまで、日本市場における

マカフィーの成長に大きく貢献してきました。

様々なデバイスの普及やクラウド化が進み、

ますます複雑化するIT環境の下、

組織的かつ巧妙化が進むサイバー脅威から、あらゆる組織や

個人を、そしてデバイスからクラウドまでを保護するマカフィーの

取り組みをさらに加速してくれるものと確信しています。

また、山野がこれまでに果たしてきたマカフィーの日本での

事業に対する多大なる貢献に感謝を伝えるとともに、

新しい環境での更なる活躍を期待しています」

■マカフィーについて

マカフィーはデバイスからクラウドまでを保護する

サイバーセキュリティ企業です。業界、製品、組織、

そして個人の垣根を越えて共に力を合わせることで

実現するより安全な世界を目指し、マカフィーは企業、

そして個人向けのセキュリティ ソリューションを提供しています。

詳細は http://www.mcafee.com/jp/ をご覧ください。

*McAfee、McAfeeのロゴは、米国およびその他の国における

McAfee, LLCの商標です。

*その他の製品名やブランドは、該当各社の商標です。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中