キャンツー専用!俺は濡れても荷物は濡らさない。 大容量には理由がある。全天候型シートバッグ発売。

ビーズ株式会社

2019/1/30 12:30

2019/01/30

ビーズ株式会社

キャンツー専用!俺は濡れても荷物は濡らさない。

大容量には理由がある。全天候型シートバッグ発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)の自転車・バイク用品ブランド「DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)」は2019年2月1日より、大容量のバイク用防水バッグ「ターポリンツーリングシートバッグ」を発売します。

 天候次第で急な雨に見舞われることもあるバイク。 ましてや大量のキャンプ道具を積載するキャンプツーリングで、テントや寝袋などが水浸しになっては、せっかくのキャンプも台無しです。 本製品は突然の雨でも荷物を守り、大容量にも関わらず様々な車体形状にフィットして、高い安定性を発揮します。 全てのツアラーの快適なキャンプツーリングをサポートする目的で開発した、全天候型の60リットル防水シートバッグです。

全てのツアラーの快適なキャンプツーリングをサポートする、大容量かつ全天候型のシートバッグ発売。

<キャンプツーリング専用!3つの「理由」>

1.レインカバー不要の防水ファブリック

 素材自体が防水するターポリン生地を採用。 「ウェルダー圧着」によって熱でボディーが溶着されているため、通常の縫製品のようにミシン目から水が入ってくることがありません。 そのため煩わしいレインカバーの着脱も不要です。 雨・泥・雪から内容物を守る、まさにキャンプツーリング向きの全天候型仕様です。

防水のターポリン生地を熱でボディーに溶着。濡れても縫い目からの浸水がありません。

2.最適な装着位置が選ベる「パッキングベルトシステム」

 ビギナーには難しい大容量バッグの装着。 「パッキングベルトシステム」は3本のデイジーチェーンのループ間隔を独自に設定。 荷崩れや横方向へのズレを大幅に抑え、ビギナーでもベテランでも自分のバイクに合わせた装着位置を選べます。 また、固定用ベルト2セットとリュックショルダー(固定兼用)1セットが付属しているため、固定ベルトを別途購入する必要はありません。

スキルを問わず、ビギナーでもバイクに合わせた装着位置を選べる「パッキングベルトシステム」を採用。 独自に配置したデイジーチェーンのループ間隔が奏功、必要な本数・場所に固定ベルトを通せます。

3.封筒型ボディーで長いキャンプ用品もすっぽり

 開口部を左右両側に持つ独特の封筒型ボディー。 通常、シートバッグに入らずに重ね積みされてしまうテントやエアマット、長尺のチェアも収納できます。 また複数のキャンプ用品もひとまとめにできるので、グラつきや荷崩れの危険も減らします。 バイク全体の低重心化にもつながり、安定走行しやすくなります。

長尺のテントやマットなど、バイクに直に固定しにくいキャンプ用品をしっかり収納できます。 複数のバッグを重ねて積載した事例画像。*市販のベルトを使用しています。

<製品スペック詳細>

 

【ブランド名】DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)

【商品名】ターポリンツーリングシートバッグ

【型番:カラー】DBT427-BK:ブラック

【サイズ】W68×L(D)117cm(平置き時)

【容量】60L

【重量(付属品含む)】(約)1.3kg

【静止耐荷重】8kg

【材質】ターポリン

【付属品】固定ベルト×2set、メインショルダーベルト×1set

【希望小売価格】オープン価格(税別参考:13,400円)

【製品ページ】http://www.doppelganger.jp/option/dbt427/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

全てのツアラーの快適なキャンプツーリングをサポートする、大容量かつ全天候型のシートバッグ発売。

バイクへの装着イメージ画像。

防水のターポリン生地を熱でボディーに溶着。濡れても縫い目からの浸水がありません。

キャンプ用品を一気に運びたいツーリングに最適。徒歩移動時はリュック仕様にもなります。

スキルを問わず、ビギナーでもバイクに合わせた装着位置を選べる「パッキングベルトシステム」を採用。

独自に配置したデイジーチェーンのループ間隔が奏功、必要な本数・場所に固定ベルトを通せます。

製品の全容画像。

大容量、全天候型、バイクへの積載に配慮したツーリング用シートバッグです。

長尺のテントやマットなど、バイクに直に固定しにくいキャンプ用品をしっかり収納できます。

複数のバッグを重ねて積載した事例画像。*市販のベルトを使用しています。

両サイドに設けられたロールアップ式の開口部。荷物量に応じたサイズ調整が可能です。

開口部をロールアップしたままの状態で、直接荷室にアクセスできるダイレクトファスナー付き。

標準付属の固定用ベルトとメインショルダーベルトは、調整後に余った部分を束ねられます。

メインショルダーベルトをリュックショルダーとして活用した事例画像。

メインショルダーベルトをコンプレッションベルトとして活用した事例画像。

一人ですべてのキャンプ道具を運ぶ必要があるソロツーリングにも、本製品はお勧めです。

急な雨に降られても、本製品があれば安心。荷物を乾いた状態のままで目的地まで運べます。

随所に配置したデイジーチェーンは、積荷のアシストや、カラビナ・簡易ロックの取り付けに有効です。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース