プログラマブル表示器生誕30周年

2019/2/1

シュナイダーエレクトリック

プログラマブル表示器生誕30周年

エネルギーマネジメントおよびオートメーションにおけるデジタルトランスフォーメーションのリーダーであるシュナイダーエレクトリックが提供する、プログラマブル表示器のリーディングブランド「Pro-face by Schneider Electric」の「GPシリーズ」が、2019年2月に生誕30周年を迎えます。

プログラマブル表示器(以下HMI)とは、生産現場における各種設備や装置の見える化に貢献する表示・操作端末です。1989年2月にシュナイダーエレクトリックホールディングス株式会社の前身である株式会社デジタルが、世界に先駆け製品化し、「GPシリーズ」として出荷開始しました。当時、「絵でなければわからない」をキャッチフレーズに、スイッチやランプ、メーターなどのアナログ機器が中心だった制御盤を、デジタル化することで、機械・設備の「見える化」に貢献しました。1995年には世界初となる高速RISC CPUを採用した「GP577シリーズ」を発売。高速性を活かしたデータ収集機能を搭載することで、操作表示用の現在データだけでなく過去のデータ表示を可能にしました。2000年には、業界初なるイーサネットI/Fを標準搭載した「GP2000シリーズ」を発売、HMIが持つ豊富な通信プロトコルで収集したデータを上位システムに簡単に伝送する機能により、生産現場で必要なあらゆる情報をHMI経由でIT化する「HMIセントリック」構想を推進してきました。現在では、産業用コンピューター「PS5000シリーズ」やフラッグシップHMIである「SP5000シリーズ」と合わせ「見える工場」の実現に貢献し、2019年には出荷台数が500万台突破する予定です。

Pro-face by Schneider Electricは、100年に一度と言われる製造業の変革における様々な課題を、常に最先端の技術と革新的な発想で解決するために、これからもあらゆる人に快適で簡便なヒューマン・インターフェイスの未来を創造し、世界中のお客様に新たな価値を提供していきます。

■プログラマブル表示器生誕30周年 記念ビデオ

日本語版  www.proface.com/ja/news/2019/0201

英語版  www.proface.com/en/news/2019/0201

■プログラマブル表示器生誕30周年 記念ロゴ

■プログラマブル表示器生誕30周年 記念ロゴ

Pro-faceについて

1988年10月に世界初のプログラマブル表示器を提供開始以降、“インターフェイスのスペシャリスト”として最高のインターフェイスをよりグローバルに、よりサスティナブルに提供し続けています。2002年にシュナイダーエレクトリックと資本提携しました。

Pro-face by Schneider Electricを提供する株式会社デジタルは、2017年9月にシュナイダーエレクトリックホールディングス株式会社と合併し、社名変更しました。「for the best interface」のスローガンに基づき、様々な生産現場での産業機械に接続できるベストなインターフェイスとなる製品の開発を目指します。

www.proface.co.jp

Schneider Electricについて

シュナイダーエレクトリックは、ビル、データセンター、電力インフラ、工場に向けたエネルギーマネジメントとオートメーションの「デジタルトランスフォーメーション」を推進しています。

世界100ヵ国以上で事業を展開し、低・高電圧およびセキュアパワーのエネルギーマネジメントとオートメーションシステムの分野で名実ともに業界のリーダーです。エネルギー、オートメーション、ソフトウェアを組み合わせ、統合された効率化システムを提供します。

当社のグローバルなエコシステムの中で、当社のオープンプラットフォームを活用しさまざまな企業や開発者コミュニティと連携することで、リアルタイム管理や高効率な運用を実現します。

私たちは当社をとりまく素晴らしい人々やパートナーに支えられ、そして技術革新・多様化・持続可能性へのコミットメントを通して、いつでも、どこでも、だれにでも「Life Is On」を実現します。

www.se.com/jp

製品についてのお問い合わせ先

TEL: 0570-056-800

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

■プログラマブル表示器生誕30周年 記念ロゴ

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中