シンガポールでHUAWEI CLOUDを開始

Huawei Cloud

2019/2/21 13:48

シンガポールでHUAWEI CLOUDを開始

AsiaNet 77509 (0263)

【シンガポール2019年2月20日PR Newswire=共同通信JBN】

*新戦略的投資はアジア太平洋全体でのクラウドサービスソリューションの増大する需要を反映

ファーウェイ(Huawei、華為技術)のクラウドコンピューティングサービスであるHUAWEI CLOUDは20日、シンガポールの新たなリージョンを開設、同社のフルスタックのクラウドプラットフォームと人工知能(AI)の及ぶ範囲をアジア太平洋地域全体に拡大する。

HUAWEI CLOUDはシンガポールリージョンを中国国外での同社最大級のリージョンに発展させる計画だ。HUAWEI CLOUDのAI能力がシンガポールリージョンに組み込まれる予定。これらのAI能力はHUAWEI CLOUDのテクニカルソリューションとイノベーションを提供、アジア太平洋の新興企業や主要な企業にサービスを行い、手ごろで効率的で信頼できる包括的なAIの開発を促進するだろう。

主要な国際金融ハブとしてシンガポールはアジアの非常に重要なサービスと海運の中心地で、東南アジア諸国連合(ASEAN)とアジア太平洋経済協力会議(APEC)双方の重要メンバーである。中国資本企業の海外拡大と、海外企業のアジア太平洋参入のための戦略的ハブでもある。

HUAWEI CLOUDアジア太平洋地域社長のローベン・ワン氏は「HUAWEI CLOUDは、地元と世界の情報通信技術(ICT)エコシステムパートナーを支援してアジア太平洋全体にわれわれのプレゼンスを拡大し、シンガポールリージョンに戦略的な投資をすることを誇りに思う。われわれは海外拡大計画をもって、地元と中国資本企業双方のために安定し安全でスケーラブルなクラウドプラットフォームを提供することを楽しみにしている。低レイテンシーと高い費用効果を提供するこれらのクラウドサービスは、ファーウェイが開発した高性能チップス、サーバー、ストレージやネットワーク設備に加えてわれわれがアジア太平洋の通信事業者とともに構築した高速ネットワークを活用する」と語った。

シンガポールの厳格なデータセキュリティー認証プロセスで認可された後、ファーウェイは毎日24時間、政府、インターネット、金融業、地元大企業のHUAWEI CLOUD顧客に技術支援とサービスの確実さを提供する。

ファーウェイ南太平洋地域社長のジェフリー・リュー氏は「ファーウェイはアジア太平洋地域での長年のプレゼンスを構築し、地域のエコシステムの部分になった。近年、アジア太平洋地域の多くの政府がそのデジタル変革戦略を発表した。われわれは地域の政府と企業がクラウドコンピューティングやAIなどのすばらしい技術を通して彼らのデジタル変革の実現をサポートする用意がある。加えて、HUAWEI CLOUDはアジア太平洋地域向けの技能訓練と採用計画を開始し、雇用機会の増加や人材の職業訓練計画を提供する」と述べた。

中国本土、欧州、中南米に加えてHUAWEI CLOUDは2018年に香港、ロシア、タイ、南アフリカのリージョンを開設した。2018年末までに、23の地理的地域に40の利用可能ゾーンがオープンしてユーザーに信頼できるクラウドサービスを提供している。

ファーウェイは2019年4月後半に「Grow with Intelligence」をテーマにHUAWEI CLOUD SUMMIT 2019 SINGAPOREを開催する。このイベントで、ファーウェイはアジア太平洋地域の政府、専門家、顧客、パートナー、大学、第三者アナリストとデジタル経済の発展を討議する。

詳細は以下を参照:https://activity-intl.huaweicloud.com/SingaporeCloud/index.html

ソース:Huawei Cloud

HUAWEI CLOUD Unveils in Singapore

PR77509

SINGAPORE, Feb. 20, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

- New strategic investment reflects growing demand for cloud service solutions

across Asia Pacific

HUAWEI CLOUD, the cloud-computing services of Huawei, unveiled a new region in

Singapore today, expanding the reach of its full-stack cloud platform and

Artificial Intelligence (AI) capabilities across the Asia Pacific region.

HUAWEI CLOUD plans to develop the Singapore region into one of its largest

regions outside of China. HUAWEI CLOUD's AI capabilities are scheduled to be

built in the Singapore region. These AI capabilities will implement HUAWEI

CLOUD's technical solutions and innovations, serving startups and major

industries in the Asia Pacific, and promoting the development of an affordable,

effective, reliable, and inclusive AI.

As a leading international financial hub, Singapore is a key services and

shipping center in Asia, and an important member of both the Association of

Southeast Asian Nations (ASEAN) and Asia-Pacific Economic Cooperation (APEC).

It is also a strategic hub for Chinese-funded enterprises expanding overseas

and for overseas enterprises entering the Asia Pacific.

"HUAWEI CLOUD is proud to strategically invest in Singapore region, expanding

our presence across Asia Pacific with the support of local and global ICT

ecosystem partners. We look forward to providing stable, secure, and scalable

cloud platform for both local as well as Chinese-funded enterprises with

overseas expansion plans," said Roben Wang, President of HUAWEI CLOUD Asia

Pacific region. "These cloud services, which offer low latency and high

cost-efficiency, will leverage the high-performance chips, servers, storage and

network equipment that Huawei has developed, as well as the high-speed networks

we have constructed with carriers in Asia Pacific."

Following approvals under Singapore's strict data security certification

process, Huawei will provide 24/7 technical support and service assurance to

HUAWEI CLOUD's customers in the government, the Internet, and the financial

industry, as well as large local enterprises.

"Huawei has established a longstanding presence in the Asia Pacific region and

has become part of the local ecosystems," said Jeffery Liu, President of HUAWEI

South Pacific region. "In recent years, many governments in the Asia Pacific

region have announced their digital transformation strategies. We are ready to

help local governments and enterprises implement their digital transformation

strategies through exciting new technologies such as cloud computing and AI. In

addition, HUAWEI CLOUD will launch a skill training and recruitment plan for

the Asia Pacific region, providing more employment opportunities and

professional training programs for talent."

In addition to the Chinese mainland, Europe, and Latin America regions, HUAWEI

CLOUD had unveiled regions in Hong Kong, Russia, Thailand, and South Africa in

2018. By the end of 2018, 40 availability zones had been opened in 23

geographic regions, providing reliable cloud services to users.

In late April 2019, Huawei will host HUAWEI CLOUD SUMMIT 2019 SINGAPORE,

under the theme of "Grow with Intelligence". At this event, Huawei will discuss

the development of digital economy with governments, experts, customers,

partners, universities, and third-party analysts in the Asia Pacific region.

For more information, please visit

https://activity-intl.huaweicloud.com/SingaporeCloud/index.html.

SOURCE  Huawei Cloud

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中