バイクに積める、肩がけで運べるソロ用ツールーム!軽量なナイロン素材の「カマボコテントソロUL」発売。

2019/3/7

ビーズ株式会社

バイクに積める、肩がけで運べるソロ用ツールームテント!

軽量なナイロン素材を採用した「カマボコテントソロUL」発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)のアウトドア用品ブランド「DOD(ディーオーディー)」は2019年3月7日、ナイロン素材を採用したツールームテント「カマボコテントソロUL」を発売し、キャンプツーリングや野外フェスを愛するソロキャンパーのオンシーズンのお出かけを応援します。

ツーリングやフェスなどにぴったりのコンパクト&軽量仕様。

<キャンツーラバー&フェスラバーのためのカマボコ>

 本製品は、キャンプツーリングが好きな人や、野外音楽フェスが好きな人の行動を追究し企画されたソロ用ツールームテントです。

<製品特長>

1.バイクやカートに積みやすい

 本製品は、先行で発売した「カマボコテントソロTC」と同構造を採用していますが、大きく異なる点はその素材。 アウターテントには登山用テントにも使われるシリコン&PUコーティングを施したナイロン素材を採用しました。

 バイクに積んだり、フェス用に簡易なキャリーカートに乗せたり肩がけで運んだりすることを想定し、できるだけコンパクトで軽量に収納できるよう、各部位の素材を選定しました。

超コンパクト仕様。 コンパクト収納。

2.キャンプ場やフェス会場で窮屈な思いをさせない

 「カマボコテントソロUL」は、他の「カマボコテント」シリーズ同様、リビングスペースも寝室スペースもゆったり過ごせることを大切にしています。 ドアもキャノピー仕様になっているため、追加のポールを持参すれば、日陰面積を増やすことが可能。

 キャンプツーリングやキャンプフェスでは荷物に制限があることが多いため、「寝室スペースを最低限確保できれば」と妥協する人が多いのが実情です。 本製品は、そのような人に窮屈な思いをせず快適に過ごしてほしいと考えた設計しました。

迷わないシンプル設計。 1~2人が快適に使える広さ。 タープ&ソロカマスタイルで広々。

3.お出かけ好きの春夏秋冬を支えたい

 近年では季節を問わずバイクのミーティングイベントや野外フェスが開催されたりしており、夏や冬でもテント泊を行う猛者も少なくありません。

 「カマボコテントソロUL」はスクリーンタープのようにリビングスペース全面をメッシュにすることができるため、夏のキャンプでは涼しく過ごせ、虫の侵入も防げます。 一方冬は、テント裾部のスカートによりテント生地の下から風が入り込むのを防ぐことができ、暖かく過ごせます。

夏は涼しく、冬は暖かいオールシーズン仕様。 スカート付きなので冬温かい。

<製品スペック詳細>

【ブランド名】DOD(ディーオーディー)

【製品名】カマボコテントソロUL                     

【型番:カラー】T2-605-BK:ブラック                  

【サイズ】組立時外寸:(約)W450×D170×H120cm

     収納時:(約)W47×D20×H20cm

【重量】(約)5.4kg 

【付属品】ペグ、キャリーバッグ

【材質】アウターテント:40Dナイロン(シリコン&PUコーティング)

        フレーム:アルミ合金

        インナーテント:40Dナイロン

        インナーテントフロア:70Dナイロン

【最低耐水圧】アウターテント:2000mm、フロア:5000mm

【希望小売価格】オープン価格(税別参考:43,500円)

【製品ページ】https://www.dod.camp/product/t2_605_bk/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

ツーリングやフェスなどにぴったりのコンパクト&軽量仕様。

超コンパクト仕様。

コンパクト収納。

フルクローズ。

メッシュ。

フルオープン。

キャノピー。

収納袋。

1~2人が快適に使える広さ。

夏は涼しく、冬は暖かいオールシーズン仕様。

スカート付きなので冬温かい。

迷わないシンプル設計。

タープ&ソロカマスタイルで広々。

吊り下げ式インナーテント。

日陰が濃くなり、結露を軽減。

通気性の高いインナーテント構造。

軽量な三角窓。

風だけ通すバックウィンドウ。

ベンチレーター付きでテント内の換気をすること可能。

メッシュで夏も涼しく快適に。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース