広々とした作業デスクを作ろう。 作業領域を拡張する『後付けキーボードスライダー』が発売。

2019/03/07

ビーズ株式会社

広々とした作業デスクを作ろう。

作業領域を拡張する『後付けキーボードスライダー』が発売。

弊社家具ブランド「Bauhutte(R)(バウヒュッテ)」は2019年3月7日より、今あるデスクに取り付けて作業領域を拡張できる「後付けキーボードスライダーワイド BHP-K1000」を発売します。

幅100cmのワイド版は、マウス操作面積にも余裕。

< 後付けキーボードスライダーとは >

 今あるデスクに穴を開けることなく取り付けられる、大型のスライド式キーボード台です。70cm幅の「後付けキーボードスライダー(通常版)BHP-K70-BK」を2017年に発売して以降、高い人気を誇っています。書類を広げたままタイピング作業が快適に行える点や、デスクの作業面積が拡張できる点が好評を得る一方、「もっと広い天板でスペースに余裕を持ちたい」との声も多く、100cm幅のワイド版開発に至りました。

デスクに資料を広げても、タイピング作業がしやすい。

通常版 BHP-K70/ワイド版 BHP-K1000 比較

< 快適な作業環境のつくり方 >

 PC作業を快適に行うために重要なのが、「モニターの視聴距離」です。目からモニターまでの距離が近すぎる場合、肩こりや目の痛みなどの原因となる場合があります。

 モニターの視聴距離は、最低でも40cm以上確保することをおすすめします。そのためには奥行きのある大きなデスクを選ぶ必要がありますが、部屋のサイズや予算的に難しい場合は、後付けキーボードスライダーの設置が便利です。実質的に奥行きを25cm程延長し、モニターから十分な距離をとることができます。

快適に作業するため、モニターから目までの距離は最低でも40cm以上確保する

< 製品特長 >

〇幅100cmのワイド設計

 余裕のあるマウス操作を叶えるワイド設計。バウヒュッテの「昇降式PCデスク BHD-1200M」に取り付けた場合、天板面積を1.4倍に拡大することができます。スライド式なので、使用していないときはデスク下にコンパクトに収納可能。省スペースながら、広い作業領域の確保を両立します。

昇降式PCデスク BHD-1200Mに設置した場合、作業領域を1.4倍に拡張できる。

スライド式なので、使用したいときだけサッと引き出せる。

〇厚みのあるデバイスも収納可能

 スライダー天板の高さを3段階で調節できます。タイピングのしやすい高さにキーボードが設置可能です。厚みのあるデバイスも、未使用時はデスク下にすっきり収納可能です。

スライダー天板は3段階で取り付け位置を調整できる。厚みのあるデバイスも設置可能に。

〇デスクに傷をつけることなくガッチリ固定

 デスク天板を挟み込んで固定するクランプ式を採用。デスクに傷をつけずに取り付け可能です。合計4点でガッチリ固定することで、がたつきの少ない、高い安定性を実現しました。

 ※取り付け可能なデスクの厚みは1.0~4.5cm。

4点固定式のクランプで、デスクに傷をつけることなく取り付けでき、ぐらつきも少ない。

〇耐荷重アップ

 耐荷重は10kg未満まで対応。通常版と比べ耐荷重もアップしているので、大型デバイスや重い書類のを置いても安心です。

ワイド版では耐荷重もアップ。大型デバイスも安心して設置できる。ワイド版では耐荷重もアップ。大型デバイスも安心して設置できる。

〇奥行き40~70cmのデスクに後付け可能

 取り付け可能なデスクの奥行きは、40~70cm(5cm刻み)です。もちろん、バウヒュッテの「昇降式PCデスク BHD-1200M」に設置して、自分好みのデスク環境を構築することも可能です。

奥行き40~70cmのデスクに取り付けできる(5cmピッチで調整可能)。

< 製品概要 >

【製品名】後付けキーボードスライダー「ワイド」

【型番・カラー】BHP-K1000-BK・ブラック

【サイズ】幅 1150×奥行405(405~705)×高さ150mm

【材質・表面加工】合成樹脂化粧繊維板(塩化ビニル樹脂)・エポキシ粉体塗装

【価格】オープン価格(税別参考 18,000円)

【URL】https://www.bauhutte.jp/product/bhp-k70/

※「Bauhutte(R)(バウヒュッテ)」は

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)の自社ブランドです。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

幅100cmのワイド版は、マウス操作面積にも余裕。

ワイド版 BHP-K1000

デスクに資料を広げても、タイピング作業がしやすい。

通常版 BHP-K70/ワイド版 BHP-K1000 寸法

通常版 BHP-K70/ワイド版 BHP-K1000 比較

快適に作業するため、モニターから目までの距離は最低でも40cm以上確保する

昇降式PCデスク BHD-1200Mに設置した場合、作業領域を1.4倍に拡張できる。

スライド式なので、使用したいときだけサッと引き出せる。

スライダー天板は3段階で取り付け位置を調整できる。厚みのあるデバイスも設置可能に。

厚みのあるMIDIキーボードも、デスクにひっかかることなく格納できる。

4点固定式のクランプで、デスクに傷をつけることなく取り付けでき、ぐらつきも少ない。

ワイド版では耐荷重もアップ。大型デバイスも安心して設置できる。

奥行き40~70cmのデスクに取り付けできる(5cmピッチで調整可能)。

機能まとめ

スライダー天板奥には、デバイスの落下を防ぐバーが標準装備。

置き場所に困る液タブ+キーボードも、すっきり収納。

DTMデスクの構築にもおすすめ。

ゲーミングデスクの構築にもおすすめ。

使用イメージ

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース