LONGiが新しい5GW単結晶モジュール工場の稼働を開始し、供給能力を増強

LONGi Solar

2019/3/8 16:12

LONGiが新しい5GW単結晶モジュール工場の稼働を開始し、供給能力を増強

AsiaNet 77752 (0382)

【ジョ州(中国)2019年3月8日PR Newswire=共同通信JBN】ソーラー単結晶製品の世界的な大手サプライヤーであるLONGi Solar(ロンジ・ソーラー)は、中国安徽省のジョ州にある5GW高効率単結晶モジュール工場の稼働開始を発表した。これは、高効率製品に対する世界的な需要の高まりに対応するための同社の高効率単結晶モジュール生産能力の強化に向けたさらなる1歩である。

Photo : https://photos.prnasia.com/prnh/20181108/2292512-1-LOGO

Photo: https://photos.prnasia.com/prnh/20190308/2396488-1

(キャプション:LONGiが新しい5GW単結晶モジュール工場の稼働開始)

投資総額3億2800万米ドルのLONGiジョ州5GW工場は、2018年5月に起工された。契約、建設、試運転は同じ年に完了した。最先端の設備、技術、完全自動化生産ラインを備えた同工場は、革新的なHi-MO3両面受光ハーフカット単結晶PERCモジュールなど、高効率、高信頼性、高収量製品への需要を満たした次世代製品を含む高効率モジュールを製造する。

LONGiジョ州工場は設備試運転、能力増強、効率安定化、最終作業の後、2019年1月に最初のモジュールを生産した。現在、2.5GWのフェーズ1プロジェクトがフル稼働し、グローバル顧客向けのモジュールを生産している。フェーズ2は試運転段階にあり、近くフル生産を開始する。

過去2年間に、単結晶PERCは世界の太陽光発電(PV)モジュール市場で高い評価を得てきた。高効率PERC技術はさらに出力を強化し、効果的にBOS(基本オペレーティング・システム)コストを削減する。両面受光技術を加えれば、モジュールの裏側に単結晶PERCの利点を拡張し、発電容量を高める。現在、LONGiの単結晶セルとモジュールの容量は全てPERCであり、単面受光と両面受光の両方の製品を生産している。

LONGi Solarの李文学(リ・ウェンシュエ)社長は「当社は2019年に、急成長する世界規模の受注と当社の高効率セルおよびモジュールの容量とのギャップを認識した。LONGiジョ州工場はこのギャップを大幅に縮小するだろう。また製造以外にも、同工場は技術的・専門的成果の新製品大量生産への変革を促進する」と語った。

LONGiはまた、2020年までの45GW単結晶シリコンインゴットとウエハーの生産能力拡大計画を進め、セルとモジュールの容量を市場の需要に合わせると発表した。LONGiはソーラー単結晶技術の世界的リーダーとして、研究開発への投資を続け、製品と技術のリーダーシップを維持し、世界的グリッドパリティーのビジョンを加速する。

▽LONGiについて

2000年に創設され、2012年に上海株式市場に上場されたLONGiは、ソーラー単結晶シリコンウエハー、セルおよびモジュールの世界最大のメーカーであり、世界中に産業チェーンを持つ。LONGiは2018年末までに単結晶シリコンウエハーで28GWの生産能力、単結晶モジュールで12GWの生産能力を計画し、2020年までに単結晶シリコンウエハーの生産能力を45GWに拡大する方針である。LONGiは、世界の単結晶シリコンウエハー生産能力の38%を占め、2018年の世界のモジュール出荷で4位となった。同社は2016年、2017年、2018年の3年連続で、世界の単結晶モジュール出荷で第1位にランクされた。

ソース:LONGi Solar

LONGi Launches New 5GW Mono Module Plant and Increases Supply Capacity

PR77752

CHUZHOU, China, Mar. 8, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/--

LONGi Solar, a leading global supplier of solar monocrystalline products,

announced the commissioning of its 5GW high-efficiency monocrystalline module

factory in Chuzhou, Anhui, China. This is another step forward in the company's

enhancement of its high-efficiency monocrystalline module capacity to meet

rising global demand for high-efficiency products.

Photo:   https://photos.prnasia.com/prnh/20181108/2292512-1-LOGO

Photo:   https://photos.prnasia.com/prnh/20190308/2396488-1

Caption: LONGi Launches New 5GW Mono Module Plant

LONGi Chuzhou 5GW factory, with a total investment of about USD 328 million,

broke ground on May 2018. Contract, construction and commissioning were

completed the same year. With cutting-edge equipment, technology and fully

automated production lines, the factory manufactures high-efficiency modules,

including the innovative Hi-MO3 bifacial mono half-cut PERC module and other

next-generation products that meet the demand for high-efficiency,

high-reliability and high-yield products.

After equipment commissioning, capacity ramp-up, efficiency stabilization and

finalization work, LONGi Chuzhou factory rolled out its first module in January

2019. Today, Phase 1 project with 2.5GW is in full swing, manufacturing modules

for global customers. Phase 2 is in the commissioning stage and will start full

production soon.

In the past two years, mono PERC has been acclaimed and recognized in the

global PV module market. High-efficiency PERC technology further enhances the

power output and effectively reduces BOS cost. Add bifacial technology and it

extends the advantages of monocrystalline PERC to the rear side of the module

to enhance power generation capacity. At present, LONGi's monocrystalline cell

and module capacities are all PERC, producing both monofacial and bifacial

products.

Li Wenxue, President of LONGi Solar, said, "In 2019, our company identified a

gap between fast-growing global orders and our high-efficiency cell and module

capacities. LONGi Chuzhou factory will greatly narrow this gap. Besides

manufacturing, the factory will also facilitate the transformation of technological

and technical achievements to the mass production of new products."

LONGi also announced that it will move ahead its 45GW monocrystalline silicon

ingot and wafer capacity expansion plans for 2020, and adapt cell and module

capacities to market demand. As a global leader in solar monocrystalline

technology, LONGi will continue to invest in R&D and maintain product and

technology leadership and accelerate the vision of grid parity worldwide.

About LONGi:

Founded in 2000 and listed on Shanghai Stock Exchange in 2012, LONGi is the

world's largest manufacturer of solar monocrystalline silicon wafers, cells and

modules, with an industrial chain throughout the world. LONGi planned 28GW

production capacity for monocrystalline silicon wafers and 12GW for monocrystalline

modules by the end of 2018, and expects to expand monocrystalline silicon wafer

capacity to 45 GW by 2020. LONGi accounted for 38% of the global monocrystalline

silicon wafer capacity and held the fourth place in the global module shipment

in 2018. It ranked No.1  in global monocrystalline module shipments in 2016,

2017 and 2018 for three consecutive years.

Source: LONGi Solar

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中