中国初のデジタルバンクWeBankがMoney 20/20 Asiaでオープンバンキングの「3 O」パラダイムを発表

WeBank Co Ltd

2019/3/22 17:45

中国初のデジタルバンクWeBankがMoney 20/20 Asiaでオープンバンキングの「3 O」パラダイムを発表

AsiaNet 77962 (0478)

【シンガポール2019年3月21日PR Newswire=共同通信JBN】シンガポールのWeBankのヘンリー・マー副社長兼最高情報責任者は、Money 20/20の来場者に未来の「オープンバンキング」の世界を紹介し、オープンバンキングサービスの「3 O」(スリーオー)パラダイムと関連の課題に取り組むための対応アプローチを発表した。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190321/2410221-1

(キャプション:WeBank:オープンバンキングが解読される)

ガートナーは「オープンバンキング」を、データ、アルゴリズム、取引記録、および手順がエコシステム内で共有され、サービスを顧客、従業員、第3者のデベロッパー、フィンテック企業、ベンダーを含むパートナーに提供するプラットフォームビジネスであると定義している。

ヘンリー・マー氏は、オープンバンキングモデルは銀行がその商品、リスク、技術能力を特定の産業に組み込むことを可能にし、その結果、銀行はターゲットの顧客により直接的にアプローチできる、と考えている。

これはお互いに利益のある状況である。銀行は、顧客がさまざまなシナリオの下で最も必要とするコンテキストベースの金融サービスを提供でき、他方、金融専門知識や能力を持たないパートナーの企業も顧客により良いサービスを提供できる。その結果、銀行は、従来銀行を利用してこなかったロングテール市場に到達することが可能となり、インクルーシブファイナンスを効果的に促進することができる。

「オープンバンキング」は2018年、中国の銀行から大きな注目を集めたが、それらの多くの銀行がAPIテクノロジーに基づくオープンバンキング・プラットフォームを導入した。

しかしながら、ヘンリー・マー氏によると、オープンバンキングはAPIテクノロジー以上のものであり、「3 O」パラダイム、すなわち「オープンプラットフォーム(Open Platform)」、「オープンイノベーション(Open Innovation)」、「オープンコラボレーション(Open Collaboration)」によって特徴付けられる。

*「オープンプラットフォーム」は、パートナーに銀行サービスを提供するため、API、SDK、H5テクノロジーの使用が不可欠である。

*「オープンイノベーション」は、オープンソースソフトウエア、知的財産ライセンス、リファレンス実装を促し、パートナーシップを強化する。

*「オープンコラボレーション」は、分散型テクノロジーの上に事業提携を促進する。

現在、WeBankは「3 O」パラダイムを積極的に実践しており、金融業界の使用事例、ならびに法務サービス、メディア、エンターテインメント、公共・政府サービス、リテールビジネスなどのその他の業界パートナーの使用事例に同銀行の最先端のテクノロジーを適用している。WeBankは、コンテクスト的な金融サービスのイノベーター、テクノロジーコミュニティーのパイオニア、そして協力的なビジネスエコシステムの設計者となることを目指している。

オープンバンキングの発展に伴って、リスクと課題が生じる。サイバーセキュリティー、多様かつ多数のパートナーとのコネクティビティー、事業継続性、データプライバシー、企業文化は、対応すべき典型的な分野である。

これらの課題に取り組むためには、エンドツーエンドのサイバーリスク評価メカニズムを作り上げるとともに、パートナーとの接続性を簡略化し、包括的な事業継続プランを構築し、ブロックチェーンベースの分散型アイデンティティーとプライバシー保護ソリューションを導入し、機敏で分散的な意思決定の文化を育成する「オープンコンソーシアムチェーン」のような革新的テクノロジーを採用する必要がある。これらはWeBankの「オープンバンキング」時代にとって最も重要なベストプラクティスの一部と考えられている。

ソース:WeBank Co Ltd

画像添付リンク:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=332222

China's First Digital Bank, WeBank, introduced the '3O' Paradigm of Open Banking at Money 20/20 Asia

PR77962

SINGAPORE, March 21, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Henry Ma, Vice President and Chief Information Officer of WeBank in Singapore,

showed Money 20/20 audiences a future world of 'Open Banking' and introduced

the '3O' Paradigm of open banking services, as well as corresponding approaches

for tackling the challenges involved.

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190321/2410221-1

(Caption: WeBank: Open Banking Decoded)

Gartner has defined 'Open Banking' as a platform business where data,

algorithms, transaction records and procedures are shared within the ecosystem

to provide services to partners including customers, employees, third party

developers, FinTech companies and vendors.

Henry believes that the open banking model enables banks to embed their

product, risk and technology capabilities into specific industries, while in

turn banks are able to approach their target customers more directly.

This is a win-win situation. Banks can provide context-based financial services

where customers need them most under various scenarios, while partner

businesses without financial expertise and capabilities can better serve their

customers. As a result, banks can reach the traditionally unbanked or

underbanked long tail market and effectively promote inclusive finance.

'Open Banking' has attracted tremendous attention from banks in China in the

past year (2018) and many of them have launched open banking platforms based on

API technologies.

However, according to Henry Ma, open banking is more than API technology and is

characterized by the '3O' Paradigm, namely 'Open Platform', 'Open Innovation'

and 'Open Collaboration'.

- Open Platform entails the use of API, SDK and H5 technologies to provide

banking services for partners.

- Open Innovation encourages open source software, intellectual property

licensing and reference implementations to empower partnerships.

- Open Collaboration fosters business alliances on top of distributed

technologies.

At the moment, WeBank is proactively practicing the '3O' Paradigm and applying

its leading edge technologies in use cases of the financial industry as well as

those of its partners in other industries, including legal services, media,

entertainment, public and government services and retail businesses. WeBank

strives to be an innovator for contextual financial services, a pioneer in the

technology community and an architect of the collaborative business ecosystem.

With the development of open banking, risks and challenges arise.

Cybersecurity, connectivity with diverse and numerous partners, business

continuity, data privacy and company culture are typical areas to address.

To tackle these issues, it is necessary to come up with end-to-end cyber-risk

assessment mechanisms and apply innovative technologies such as 'Open

Consortium Chain' to simplify connectivity with partners, establish

comprehensive business continuity plans, introduce blockchain-based distributed

identity and privacy protection solution and nurture a culture of agile and

decentralized decision making. These are believed to be some of the most

important best practices for the Open Banking era at WeBank.

SOURCE  WeBank Co Ltd

Image Attachments Links:

http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=332222

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中