洋上風力発電の大手が5月に東京で開催されるCMT's OWP Japanに参加へ

Centre for Management Technology (CMT)

2019/4/4 17:31

洋上風力発電の大手が5月に東京で開催されるCMT's OWP Japanに参加へ

AsiaNet 78084

【東京2019年4月4日PR Newswire】2019年5月15-17日に東京で開催されるCMT's OWP Japan(Offshore Wind Power、洋上風力発電) サミットは、急速に発展している日本の海上風力発電市場をクローズアップして、入札制度や政府の目標、コスト削減戦略、浮体式洋上風力発電の最新の進歩などの話題が議論される。

日本は2050年までに経済分野における脱炭素化を図るため、洋上風力発電の可能性を探っている。CMT's OWP Japanは、Orsted(エルステッド)の「Unlocking Japan's Offshore Wind Potential(日本の洋上風力発電の可能性を解明する)」(https://www.cmtevents.com/aboutevent.aspx?ev=190507&pu=279643 )、レノバ(Renova)の「Commitment to Renewable Energy & IPP Prospects'(再生可能エネルギー&IPP(独立系発電事業者)の展望に対するコミットメント)」、そして長崎県庁の「Nagasaki's Efforts to Establish a Marine Based Renewable Energy Industry(洋上ベースの再生可能エネルギー産業を確立するための長崎の取り組み)」などの発表を通じて、実現しつつある洋上風力発電プロジェクトの全貌を明らかにする。

アジア太平洋(APAC)地域の来る10年間に新たに付加されるグリッド接続発電容量、計画中の洋上プロジェクト、風力発電価格などの洋上風力発電市場については、ウッドマッケンジー(Wood Mackenzie)から説明される。

洋上風力発電プロジェクトを開発している台湾の経験とサクセスストーリーについては、台湾のEiger Lawが主催するセッションの中で詳しく議論される。またNorthland Powerは、「Creating the Supply Chain - Needs & Opportunities in the North Asian Market(サプライチェーンの創設:北アジア市場のニーズと機会)」に関する洞察を紹介する。さらに、Copenhagen Infrastructure Partners(コペンハーゲン・インフラ基金)は、「Constructing a Successful Offshore Wind Partnership & Supply Chain in Japan(日本において有望な洋上風力発電の提携およびサプライチェーンの構築)」について、同社の見解を発表する。一方、ベーカー&マッケンジー法律事務所(Baker & McKenzie)は、「Prospects of Asian Offshore Wind Industry(アジアの洋上発電産業の展望)」に関するパネルディスカッションで司会役を務める。

英国を拠点とするCarbon Trustが「Cost-Reduction in Europe (Successful Case Study) & Relevance for the Japanese market(欧州のコスト削減(成功例のケーススタディ)と日本市場との関連性)」について発表するので、日本の急速に発展している洋上風力発電(OWP)市場に対する英国と欧州での経験からコスト削減に関する教訓を引き出すことができる。さらにウッドマッケンジーは、「Global Offshore Wind Industry Technology & Cost Reduction(世界の洋上風力発電産業とコスト削減)」(https://www.cmtevents.com/aboutevent.aspx?ev=190507&pu=279643 )について見解を紹介する。

OWPプロジェクトの法律上と財務上の展望については、以下のセッションでカーバーされる。

*「Japanese Offshore Wind Law & FIT Scheme(日本の洋上風力エネルギーに関する法律とFITスキーム)」- ベーカー&マッケンジー

*Financing Offshore Wind Power in Japan-Perspective of Japanese Financial Institutions(日本の金融機関の日本展望における洋上風力発電資金調達について)(https://www.cmtevents.com/aboutevent.aspx?ev=190507&pu=279643 )- 日本政策投資銀行

*「Financing Offshore Wind in Japan: Similarities & Differences (日本における風力発電の資金調達:類似性と相違性)」- Societe Generale Corporate & Investment Banking]

Centre for Management Technology(CMT)が主催するこのサミットにおいては、また、Equinor ASAによる「Status & Perspectives in Japan's Floating Offshore Wind (日本の浮体式洋上風力発電の現状と展望」およびEOLFIによる「Floating Offshore Wind, Lessons Learnt from a French Pilot Farm Development & Road to Commercialization(浮体式洋上風力発電:フランスのパイロット事業開発と商業化の道から学んだ教訓)」の講演を予定している。

イベントのウェブサイト:https://www.cmtevents.com/aboutevent.aspx?ev=190507&pu=279643

▽問い合わせ先

Ms. Hafizah

hafizah@cmtsp.com.sg

+65-6346-9218

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190329/2418504-1

(日本語リリース:クライアント提供)

Offshore Wind Power Majors to Attend CMT's OWP Japan in Tokyo this May

PR78084

TOKYO, April 2, 2019/PRNewswire=KYODO JBN/--

CMT's OWP Japan(Offshore Wind Power) summit in Tokyo on 15-17 May 2019, zooms

in on Japan's emerging offshore wind power market - bidding and government

targets, cost reduction strategies, latest advancement in floating wind technologies and more.

Photo https://photos.prnasia.com/prnh/20190329/2418504-1

OWP Japan (Offshore Wind Power)

Japan is looking into offshore wind power to decarbonize its economy by 2050.

CMT's OWP Japan will track upcoming offshore wind power projects via

presentations by Orsted- 'Unlocking Japan's Offshore Wind Potential'(https://www.cmtevents.com/aboutevent.aspx?ev=190507&pu=279643),

Renova on its 'Commitment to Renewable Energy & IPP Prospects' and Nagasaki

Prefectural Government presenting 'Nagasaki's Efforts to Establish a Marine

Based Renewable Energy Industry'.

A detailed overview of APAC's offshore wind market - new additions in

grid-connected capacity in the next decade, planned offshore projects, wind

prices - will be addressed by Wood Mackenzie.

Taiwan's experience and success stories in developing offshore wind power

projects will be explored in a session by Eiger Law, while Northland Power will

share insights on 'Creating the Supply Chain - Needs & Opportunities in the

North Asian Market'. In addition, Copenhagen Infrastructure Partners will

present their perspective on 'Constructing a Successful Offshore Wind

Partnership & Supply Chain in Japan', while Baker & McKenzie will moderate a

Panel Discussion on 'Prospects of Asian Offshore Wind Industry'.

Japan's fast emerging OWP market can draw lessons on cost reduction from

experiences in the UK and Europe as UK-based Carbon Trust delivers a talk on

'Cost-Reduction in Europe (Successful Case Study) & Relevance for the Japanese

market'. In addition, Wood Mackenzie shares their perspective on 'Global

Offshore Wind( https://www.cmtevents.com/aboutevent.aspx?ev=190507&pu=279643)

Industry Technology & Cost Reduction'.

The legal and financial aspects of OWP projects are covered in sessions on:

--Japanese Offshore Wind Law & FIT Scheme - Baker & McKenzie

--Financing Offshore Wind Power(https://www.cmtevents.com/aboutevent.aspx?ev=190507&pu=279643) in Japan-Perspective of Japanese Financial Institutions - Development Bank of Japan

--Financing Offshore Wind in Japan: Similarities & Differences - Societe Generale Corporate & Investment Banking

Organized by Centre for Management Technology (CMT), the program also features

'Status & Perspectives in Japan's Floating Offshore Wind' by Equinor ASA and

'Floating Offshore Wind, Lessons Learnt from a French Pilot Farm Development &

Road to Commercialization' by EOLFI. The summit's exhibitors are Fugro, EKO and EOLFI.

View event website (https://www.cmtevents.com/aboutevent.aspx?ev=190507&pu=279643)

or contact Ms. Hafizah at hafizah@cmtsp.com.sg or call +65-6346-9218 for more details.

SOURCE  Centre for Management Technology (CMT)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中