TAU BIO-LOGICがTauC3タンパク質を標的とするピコモル親和性モノクローナル抗体のヒト化を発表

TAU BIO-LOGIC

2019/4/19 09:08

TAU BIO-LOGICがTauC3タンパク質を標的とするピコモル親和性モノクローナル抗体のヒト化を発表

AsiaNet 78369 (0649)

【ニューヨーク、ロンドン2019年4月18日PR Newswire=共同通信JBN】

*アルツハイマー病と進行性核上性まひの治療のためのピコモル親和性モノクローナル抗体のヒト化

TAU BIO-LOGIC CORP.は18日、英国を拠点とするグループLifeArcと共同で、C末端トランケートtau(tauC3)を標的とするモノクローナル抗体(TBL-100)のヒト化にこのほど成功したと発表した。TAU BIO-LOGICは、アルツハイマー病(AD)と進行性核上性まひ(PSP)の治療薬としてTBL-100を開発中である。ヒト化抗体は、13pMのtauC3に対する親和性(これらを標的とする、市販されているほとんどの治療用抗体より約100倍高い)と、全長tau(FLT)に対しては1000倍高い特異性を有する。抗体の高い親和性と特異性は、現在開発中の他のtau抗体と比べ、有効性や安全性の向上につながることが期待される。tauC3は、FLTあるいはN末端トランケートtauより存在量は少ないが、発揮する病理学的効果は不釣り合いなほど大きい。これは、tauC3があらゆる種類のtauの中で凝集する傾向が最も高く、また正常なtauを動員して病理学的tau構造を核にする能力もあるためである。ADでは、tauC3は疾患経過の初期に形成され、そのレベルは認知機能低下と相関する。TauC3は細胞内神経毒性を引き起こし、さらにtau増殖の主な推進因子であると考えられている。ハーバード大学医学部のブラッドリー・ハイマン教授によって行われた研究は、TBL-100にAD脳内のtau増殖を阻止する潜在力があることを実証した(Nicholls et al., 2017; PLoS ONE 12(5): e0177914)。PSPでは、tauC3の産生と活性は、rs1768208における一塩基多型(SNP)に関連しており、同疾患の重大なリスク因子である。従って、TBL-100は同疾患にも有益である可能性がある。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/873067/TBL_Logo.jpg

TBL-100のヒト化は、LifeArcがTAU BIO-LOGICとのリスクシェアリング契約に基づき、LifeArcが将来の医薬品販売に対して少額のロイヤルティーを受け取ることを条件として行われた。LifeArcのCentre for Therapeutic Discovery(治療法発見センター)の責任者であるジャスティン・ブライアンズ博士は「TBL-100の開発に貢献できたことはうれしい。この共同研究により、開発を促進すべき有力候補と、優れた生物物理学的特性、熱安定性、高親和性結合、高発現の組み合わせを提供するいくつかの優れたバックアップ分子が生み出された」と語った。

TAU BIO-LOGICの社長兼最高経営責任者(CEO)であるダニエル・G・チェーン博士は「ヒト化の成功はTBL-100開発における重要な節目であり、開発中の他の抗tau抗体や低分子tau治療と比較して、安全性と有効性向上の両面でいくつかの利点があるとわれわれは考えている。ADやPSPには現在、有効な治療法がないため、われわれはそうした患者向けのこの有望な疾患修飾性治療薬を速やかに前に進めることを目指している」と語った。

▽TAU BIO-LOGIC CORPORATIONについて

TAU BIO-LOGICは、アルツハイマー病(AD)、核上性まひ(PSP)および関連する神経変性疾患の治療のための、革新的な高精度免疫療法の開発に特化した非上場バイオ医薬品企業である。同社の主力製品は、C末端トランケートtau(tauC3)と結合してその活性を阻害するモノクローナル抗体、TBL-100である。ヒト化抗体は、13pMの親和性(これらを標的とする、市販されているほとんどの治療用抗体より約100倍高い)と、全長tau(FLT)に対しては1000倍高い特異性を有する。抗体の高い親和性と特異性は、現在開発中の他のtau抗体と比べ、有効性や安全性の向上につながることが期待される。

▽LifeArcについて

LifeArcは25年にわたり、科学者や組織が自分たちの研究を患者の治療法や診断法につなげる手助けをしてきた医学研究慈善団体である。LifeArcは、優れた科学を患者へのより優れた影響力に変える。この慈善団体は、特定の疾患に取り組むためにパートナーのネットワークを結集し、学術的で初期段階の研究に直接資金を提供している。LifeArcの事業はこれまで、4つの承認薬(キイトルーダ(R)、アクテムラ(R)、タイサブリ(R)、エンタイビオ(R))とカルバペネム耐性の診断検査の開発に役立っている。

▽ADについて

ADは認知症の最も一般的な原因であり、非常に大きな、かつ増大しつつある世界的な公衆衛生上の課題となっている。治療法も十分効果のある対処法もなく、まったくもって致命的な神経変性疾患である。Alzheimer's Association(アルツハイマー病協会)の最新の報告によれば、ADは現在、500万人以上の米国人、700万人の欧州人、そして全世界で計約4400万人が罹患している。初期あるいは後期の病期のいずれにも、承認済みの疾患修飾性治療薬はない。

▽PSPについて

PSPは、米国で約2万人が罹患している、希少で致命的な変性神経疾患である。それは、進行性のバランス・歩行障害を引き起こす。眼球運動障害、筋緊張異常、言語障害、嚥下・摂食に関連する問題などである。罹患した人は、性格の変化や認知障害を経験することも多い。症状は通常、60歳以降に始まるが、より早く発症することもある。PSPの正確な原因は不明だが、この疾患は初期段階ではパーキンソン病と誤診されることが多い。初期あるいは後期の病期のいずれにも、承認済みの疾患修飾性治療薬はない。

▽問い合わせ先

Daniel G. Chain

PhD, President & CEO, TAU-BIOLOGIC

dchain@taubiologic.com

Paul Brennan

VP Business Development, TAU-BIOLOGIC

pbrennan@taubiologic.com

ソース:TAU BIO-LOGIC

TAU BIO-LOGIC Announces Humanization of Picomolar Affinity Monoclonal Antibody Targeting TauC3 Protein for the Treatment of Alzheimer's Disease and Progressive Supranuclear Palsy

PR78369

NEW YORK and LONDON, April 18, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

TAU BIO-LOGIC CORP. announced today that in collaboration with the UK-based

group LifeArc, it has successfully humanized a monoclonal antibody (TBL-100)

that targets C-terminally truncated tau (tauC3).  TAU BIO-LOGIC is developing

TBL-100 for the treatment of Alzheimer's disease (AD) and Progressive

Supranuclear Palsy (PSP). The humanized antibody has an affinity for tauC3 of

13pM (about 100-fold higher than most marketed therapeutic antibodies have for

their targets) and a specificity that is 1000-fold greater than for full length

tau (FLT).  The high affinity and specificity of the antibody are expected to

translate into improved efficacy and safety compared to other tau antibodies

currently in development. TauC3 exists in lower abundance than FLT or

N-terminally truncated tau but exerts disproportionately large pathological

effects. This is due to tauC3 having the highest propensity to aggregate among

all forms of tau and it’s also having the ability to recruit normal tau and

nucleate pathological tau conformations.  In AD, tauC3 is formed early in the

disease course and levels correlate with cognitive decline. TauC3 causes

intracellular neurotoxicity and is also believed to be the major driver of tau

propagation. A study conducted by Professor Bradley Hyman at Harvard Medical

School demonstrated TBL-100's potential to block tau propagation in the AD

brain (Nicholls et al., 2017; PLoS ONE 12(5): e0177914). In PSP, tauC3

production and activity have been linked to a single polynuclear polymorphism

(SNP) at rs1768208, a significant risk factor for the disease.  Thus, TBL-100

could be beneficial for this condition as well.

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/873067/TBL_Logo.jpg

The humanization of TBL-100 was conducted by LifeArc under a risk sharing

agreement with TAU BIO-LOGIC, with terms that would see LifeArc receive a small

royalty on future drug sales.  "We are delighted to have contributed to the

development of TBL-100, " said Dr Justin Bryans, head of  LifeArc's Centre for

Therapeutic Discovery. "The collaboration has produced a lead candidate for

further development and several good backup molecules offering a combination of

excellent biophysical characteristics and thermostability properties, high

affinity binding and high expression.

"Successful humanization marks an important milestone in the development of

TBL-100, which we believe offers several advantages compared to other anti-tau

antibodies and small molecule tau treatments in development, both in terms of

safety and improved efficacy," said Daniel G. Chain, PhD, President and CEO of

TAU BIO-LOGIC.  "We aim to rapidly advance this promising disease-modifying

therapeutic agent for patients suffering from AD and PSP since these conditions

currently lack effective therapies.

About TAU BIO-LOGIC CORPORATION

TAU BIO-LOGIC is a privately held biopharmaceutical company focused on the

development of innovative high precision immunotherapies for the treatment of

Alzheimer's disease (AD), Supranuclear Palsy (PSP) and related

neurodegenerative conditions. The company's lead product is TBL-100 a

monoclonal antibody that binds and inhibits the activity of C-terminally

truncated tau (tauC3).   The humanized antibody has an affinity of 13pM (about

100-fold higher than most marketed therapeutic antibodies have for their

targets) and a specificity that is 1000-fold greater than for full length tau

(FLT).  The high affinity and specificity of the antibody are expected to

translate into improved efficacy and safety compared to other tau antibodies

currently in development.

About LifeArc

LifeArc is a medical research charity with a 25-year legacy of helping

scientists and organizations translate their research into treatments and

diagnostics for patients. LifeArc turns great science into greater patient

impact. The charity brings together a network of partners to tackle specific

diseases and directly funds academic and early stage research. So far,

LifeArc's work has helped to develop four approved medicines (Keytruda(R),

Actemra(R), Tysabri(R) and Entyvio(R)) and a diagnostic test for resistance to

carbapenem.

About AD

AD is the most common cause of dementia and represents an enormous and growing

global public health challenge.  It is a uniformly fatal neurodegenerative

disorder with no cure or substantially effective treatment. AD currently

affects more than 5 million Americans, 7 million Europeans and, in total, about

44 million people worldwide according to the most recent report by the

Alzheimer's Association. No disease-modifying treatments have been approved for

either the early or late disease stages.

About PSP

PSP is a rare and fatal degenerative neurological disorder affecting about

20,000 people in the United States.  It causes progressive impairment of

balance and walking; impaired eye movement, abnormal muscle tone, speech

difficulties, and problems related to swallowing and eating. Affected

individuals also frequently experience personality changes and cognitive

impairment.  Symptoms typically begin after age 60 but can begin earlier. The

exact cause of PSP is unknown, and the disease is often initially misdiagnosed

as Parkinson's disease. No disease-modifying treatments have been approved for

either the early or late disease stages.

Contacts:

Daniel G. Chain, PhD, President & CEO, TAU-BIOLOGIC; dchain@taubiologic.com

Paul Brennan, VP Business Development, TAU-BIOLOGIC; pbrennan@taubiologic.com

SOURCE: TAU BIO-LOGIC

  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中