東京都23区全域を網羅 リアルタイム浸水予測システム開発

早稲田大学

2019/5/20 16:56

2019.05.20

早稲田大学

東京都23区全域を網羅 リアルタイム浸水予測システム開発

本年6月末までに試行運用開始を目指す

◆発表のポイント

●地球規模での気候変動の影響が顕著化してきており、未曾有の豪雨が発生すれば

 東京でも深刻な浸水の発生は避けられない状況となってきている

●そこで、本研究では東京都23区で発生する都市浸水をリアルタイムで予測する

 システムを開発し、社会実装を可能とした

●東京都23区を対象に、本年6月末までに文部科学省のDIAS(データ統合・解析システム)

 上で試行運用を開始する予定

◆概要

早稲田大学理工学術院の関根正人(せきねまさと)教授、東京大学地球観測データ

統融合連携研究機構の喜連川優(きつれがわまさる)教授・生駒栄司(いこまえいじ)

特任准教授と山本昭夫(やまもとあきお)特任助教、および一般財団法人

リモート・センシング技術センターの研究グループは、東京都23区で発生する

都市浸水をリアルタイムで予測するシステムを開発し、社会実装を可能としました。

本研究成果の一部は、文部科学省委託事業「地球環境情報プラットフォーム構築推進

プログラム」の支援を受け、データ統合・解析システム(DIAS)を利用して

得られたものです。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中