セラフィムが革新的なブレード両面ソーラーモジュールを発表

セラフィム

2019/5/15 15:49

セラフィムが革新的なブレード両面ソーラーモジュールを発表

AsiaNet 78747 (0851)

【北京2019年5月15日PR Newswire=共同通信JBN】中国の世界クラスのソーラー製品メーカーである江蘇セラフィムソーラーシステム有限公司(Jiangsu Seraphim Solar System Co., Ltd.、以下「セラフィム」)はこのほど、革新的なソーラーモジュールであるブレード両面(Blade Bifacial)モジュールを発表した。

セラフィムによると、この新製品は業界をリードするハーフセル技術と最新の両面PERCセル技術を統合し、内部電力損失の低減、ホットスポットの可能性の低減、高出力、信頼性の向上などの機能を可能にしている。

従来のモジュールと比較して、ハーフセルモジュールは交流抵抗や直列抵抗が低いため、ミスマッチ損失、内部電力損失、シャドー効果を最小限に抑えることができる。 それに加えて、新製品に両面PERCセル技術を適用することで、10-30%の発電量を増やすことができ、新製品の費用対効果を向上させる。

高性能であるばかりか、セラフィムのブレード両面モジュールは、はるかに軽量だ。ほとんどの太陽光発電(PV)メーカーで使用されている2.5ミリガラスの代わりに2.0ミリのダブルARコーティング強化ガラスを使用しているためであり、これによって設置が容易になり輸送コストも削減できる。

セラフィムのポラリス・リー社長は「発電所システムのコア・コンポーネントであるPVモジュールの技術的アップグレードは、電気代を削減し、オングリッドのPV(太陽光発電)電力を適正価格で促進するための重要な手段だ。ハーフセル技術と両面PERCセル技術の統合は、PVモジュール技術を開発し、末端市場のニーズに適応するための重要なルートである。その優れた安定性を考慮して、単結晶PERCハーフセルモジュールの製品保証を、市場での10年保証よりも50%長い15年に延長した」と述べた。

さらにリー社長は、セラフィムはShanxi Lu'An Photovoltaics Technology Co. Ltdと共同で中国北部の山西省に新工場を建設し、両面ハーフセルモジュールを含む超高効率モジュールを年間で1ギガワット製造する。現在、新工場は試運転段階に入っており、モジュールの最初のロットは出荷のために組立ラインから離れている、と加えた。

2011年に創設されたセラフィムは、短時間で大きな成果を記録し、BNEFからTier1評価、DNV GLから「トップパフォーマー」認証、世界中の要求に厳しい顧客の評価を獲得している。セラフィムは、設置ベースで40カ国以上で6GWを超え、世界の顧客に高品質の製品とプロフェッショナルなサービスを提供している。

ソース:Seraphim

Seraphim rolls out Innovative Blade Bifacial Solar Module

PR78747

BEIJING, May 15, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Jiangsu Seraphim Solar System Co., Ltd. ("Seraphim"), a world-class solar

product manufacturer in China, has recently rolled out an innovative solar

module, Blade Bifacial module.

According to Seraphim, the new product integrates industry-leading half-cell

technology and latest bifacial PERC cell technology, allowing it to have such

features as low internal power loss, reduced hot spot potential, higher power

output and improved reliability.

Compared to traditional modules, half-cell modules have lower current and

series resistance, which can minimize mismatch losses, internal power losses,

and shadow effects. Besides, the application of the bifacial PERC cell technology

in the new product can also increase the power generation by 10 to 30 percent,

making the new product more cost-effective.

Apart from the higher performance, the Seraphim Blade Bifacial module is much

lighter as it uses the 2.0 mm double AR coating tempered glass, instead of the

2.5 mm glass used by most PV manufacturers, making it easy for installation and

saving transportation costs.

"The technical upgrade of the PV module, as a core component of the power

station system, is an important measure to reduce the electricity cost and

promote on-grid PV power at a fair price. The integration of the half-cell

technology and the bifacial PERC cell technology is an important route to

develop the PV module technology and adapt to the needs of the terminal market.

In view of its excellent stability, we have extended the product warranty of

the monocrystal PERC half-cell modules to 15 years, 50 percent more than the

10-year warranty on the market," said Polaris Li, president of Seraphim.

He also added that Seraphim has set up a new plant in north China's Shanxi

Province jointly with Shanxi Lu'An Photovoltaics Technology Co. Ltd. to

manufacture one gigawatt of ultra-efficient modules including the bifacial

half-cell modules annually. At present, the new plant has entered the trial

operation stage and the first batch of the modules has rolled off the assembly

line for shipment.

Founded in 2011, Seraphim has registered impressive achievements in a short

time, earning Tier-1 distinction from BNEF, Top Performer from DNV GL, and

loyalty from demanding customers around the world. With an installed base of

over 6GW in over 40 countries, Seraphim provides global customers with

high-quality products and professional services.

SOURCE: Seraphim

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中