IMD世界競争力ランキング:シンガポールがトップ、日本は30位に順位を下げる

IMD International

2019/5/29 12:34

IMD世界競争力ランキング:シンガポールがトップ、日本は30位に順位を下げる

AsiaNet 78915

ローザンヌ(スイス)、2019年5月29日/PRニュースワイヤー/ – スイスのビジネススクール、IMDが毎年発表するIMD世界競争力ランキング (https://www.imd.org/wcc/world-competitiveness-center-rankings/world-competitiveness-ranking-2019/ )最新版では、シンガポールが2010年以来初めて、世界で最も競争力のある経済国の地位に返り咲きました。米国は首位から陥落。一方、経済的な不確実性が、欧州諸国の順位を下げました。

日本は、25位から30位に順位を下げました。経済の停滞、政府の債務に加え、ビジネスの効率性の低下が主因です。

特にビジネスの効率性の分野では、調査対象63か国中、46位となり、昨年の36位から大幅に順位を落としました。

特に、「生産性と効率性」「経営慣行」「姿勢と価値観」といった領域での低下が目立ちました.

これは、グローバル化とデジタル化が加速する経済社会における日本の準備度に関する企業心理の低下を示すものです。

一方、持続可能性に関する長期的な基準においては、日本は「持続可能な開発」で一位、「環境関連の技術」で2位にランクされました。

シンガポールは、技術的インフラの先進性、スキルの高い労働力の調達の容易さ、ビジネスに向いた入国管理法、新規事業設立のプロセスの効率性などが寄与する形で、首位に上り詰めました。香港特別行政区は、その低税率、整った事業政策環境、事業資金の調達のしやすさにより2位につけています。

本ランキングからは、ドナルド・トランプ大統領の税制諸改革の第一波がもたらした当初の自信は米国内では消えたように見えます。世界最大の経済国である米国は、依然としてインフラや経済活動の水準において世界をリードしていますが、その競争力は、燃料価格の上昇、ハイテク輸出の減速、ドル価格の変動により打撃を受けました。

このランキングをまとめているIMD世界競争力センター (https://www.imd.org/wcc/world-competitiveness-center/ )の所長、アルテューロ・ブリス (https://www.imd.org/faculty/professors/arturo-bris/ )IMD教授は次の様に述べています。「国際的な政治状況や貿易関係が急激に変化し、世界市場の不透明さが高まったこの一年、諸制度の質こそが、さらなる繁栄に向けた取り組みを統合する要素になってきたようです。国の制度的枠組みの強さが、企業が投資やイノベーションに取り組むための基盤となり、その結果、市民の生活の質が高まるのです」

多くのエコノミストが、国の長期的な経済の健全性には国の競争力が極めて重要であると考えています。国の競争力は、企業が持続可能な成長を実現することを助け、雇用を生み、究極的には市民の福祉を向上させるからです。

1989年に始まったIMDの世界競争力ランキングは、調査対象の63か国それぞれに関して、235の指標をまとめて算出されます。ランキング算出では、失業率、GDP、健康・教育への国の支出などのハード・データと、社会的結束や分離の度合い、グローバリゼーション、腐敗などのテーマに関する、経営幹部やマネジャーを対象としたアンケート調査からなるソフト・データの両方を、幅広く考慮しています。

スイスは、その経済成長、安定したスイスフラン、質の高いインフラにより5位から4位に順位を上げました。

今年最も順位を上げたのはサウジアラビアで、26位から13位に上がりました。

上位10の国は、シンガポール、香港特別行政区、米国、スイス、アラブ首長国連邦(2016年には15位)、オランダ、アイルランド、デンマーク、スウェーデン、カタールです。

ベネズエラは、インフレ、資金調達の悪さ、経済力の弱さによりランキング最下位に留まったままです。

―関連画像はAP Images(http://www.apimages.com )より入手できます―

IMDビジネススクールについて:IMDは、スイスに根差し、世界に展開するビジネススクールです。リーダー育成と組織変革に特化し、組織と個人に持続的なインパクトを生み出します。経営幹部教育の分野で、世界トップクラスの評価を維持しており、日本でも多くの先進企業のリーダー育成に携わっています。

メディアお問合せ/インタビュー:

Lucy Jay-Kennedy

IMDビジネススクール、報道関係責任者

電話: +41 21 618 0811    

Lucy.Jay-Kennedy@imd.org

Aïcha Besser

IMDビジネススクール、国際報道関係

電話: +41 21 618 0507   

Aicha.Besser@imd.org

高津尚志

IMD北東アジア代表

03-6894-7552

naoshi.takatsu@imd.org

(日本語リリース:クライアント提供)

IMD World Competitiveness Ranking: Singapore Topples United States as World's Most Competitive Economy

PR78915

LAUSANNE, Switzerland, May 29, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/--

Singapore has been ranked as the world's most competitive economy for the first

time since 2010, according to the IMD World Competitiveness Rankings, as the

United States slipped from the top spot, while economic uncertainty took its

toll on conditions in Europe.

Singapore's rise to the top was driven by its advanced technological

infrastructure, the availability of skilled labor, favorable immigration laws,

and efficient ways to set up new businesses. Hong Kong SAR held on to second

place, helped by a benign tax and business policy environment and access to

business finance.

The initial boost to confidence from President Donald Trump's first wave of tax

policies appears to have faded in the United States, according to the ranking.

While still setting the pace globally for levels of infrastructure and economic

performance, the competitiveness of the world's biggest economy was hit by

higher fuel prices, weaker hi-tech exports and fluctuations in the value of the

dollar.

"In a year of high uncertainty in global markets due to rapid changes in the

international political landscape as well as trade relations, the quality of

institutions seem to be the unifying element for increasing prosperity. A

strong institutional framework provides the stability for business to invest

and innovate, ensuring a higher quality of life for citizens," said Arturo

Bris, IMD Professor and Director of IMD World Competitiveness Center, the

research center which compiles the ranking.

Economists regard competitiveness as vital for the long-term health of a

country's economy as it empowers businesses to achieve sustainable growth,

generate jobs and, ultimately, enhance the welfare of citizens.

The World Competitiveness Rankings, established in 1989 at IMD business school,

incorporate 235 indicators from each of the 63 ranked economies. The ranking

takes into account a wide range of "hard" statistics such as unemployment, GDP

and government spending on health and education, as well as "soft" data from an

Executive Opinion Survey covering topics such as social cohesion, globalization

and corruption.

Switzerland climbed to fourth place from fifth, helped by economic growth, the

stability of the Swiss franc and high-quality infrastructure.

This year's biggest climber was Saudi Arabia, which jumped 13 places to 26th.

The top 10 countries are Singapore, Hong Kong SAR, USA, Switzerland, UAE (up

from 15th in 2016), Netherlands, Ireland, Denmark, Sweden, and Qatar.

Venezuela remains anchored to the bottom of the ranking, hit by inflation, poor

access to credit and a weak economy.

- Picture is available at AP Images (http://www.apimages.com) -

About IMD business school: IMD is an independent business school with Swiss

roots and global reach.  Focused on developing leaders and transforming

organizations, IMD designs and delivers interventions that challenge what is

and inspire what could be.

Media Contact/Interviews:

Lucy Jay-Kennedy

IMD business school, Head of Media Relations

Tel: +41-21-618-0811    

mailto:Lucy.Jay-Kennedy@imd.org

Aïcha Besser

IMD business school, Global Media Relations

Tel: +41-21-618-0507   

mailto:Aicha.Besser@imd.org

Source: IMD International

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中