ゲームが終わったら、カチッとたたんで収納できる。ノートゲーマー向け『ゲーミングちゃぶ台』が発売。

ビーズ株式会社

2019/6/11 12:30

20190611

ビーズ株式会社

ゲームが終わったら、カチッとたたんで収納できる。

ノートゲーマー向け『ゲーミングちゃぶ台』が発売。

弊社ゲーミング家具ブランド「Bauhutte(R)(バウヒュッテ)」は、ノートPCと相性が良いコンパクトな昇降式折りたたみテーブル「ゲーミングちゃぶ台 BHT-800」を2019年6月11日より発売します。

ゲーミングちゃぶ台

< ゲーミングちゃぶ台とは >

 脚部を折りたたむことができる「ちゃぶ台」に、天板昇降機能と収納ネットをプラスした小型のゲーミングデスク。ノートPCの設置に適したサイズ感で、不使用時はたたんで部屋の隅に収納できます。省スペースなゲーム空間を気軽に構築できるので、リビングでのライトユースに便利です。

使用イメージ

< 高い安定性 >

 一般的なちゃぶ台は、折りたためるがゆえにグラつきやすく、その不安定さが弱点でした。本製品では、強いロック機能を備えた折りたたみ機構を採用し、高い安定性を実現。4本の脚部は個別で伸縮させることができるので、高低差のある場所でも水平を保って設置することが可能です。グラつきを軽減し、快適なゲーム環境を構築できるよう配慮して設計しました。据え置き型ゲーミングデスク「昇降式ローデスク BHD-1000L」と比較しても、ほぼ同等の安定感を有します。

< その他製品特長 >

●天板昇降

 バウヒュッテのゲーミングデスクシリーズと同じく、天板昇降機能を搭載。床から34.4~44.5cm(約10cm)の間で、自身の身長やゲームスタイルに応じた最適な高さに設定できます。

 ソファの時は高めに、座布団の時は低めに、座椅子の時はその中間に...と座り方に合わせたり、ゲームや食事・勉強など用途に合わせて上下したり、使いやすい高さへの微調整が可能です。ちゃぶ台を購入した際にありがちな、「高さが合わなくて腕が疲れる、足が窮屈」といった問題を解消します。

あらゆる座り方・使い方に対応

 

●収納ネット

 リモコンやコントローラーなど、ちゃぶ台まわりの小物を収納することができるネットが付属。天板の上をすっきり片付け、ゲーム操作に十分な作業スペースを確保することが可能です。伸縮性のあるゴム素材でできているので、折りたたんだ際も邪魔になりません。

収納ネット:リモコンやコントローラーなど、ちゃぶ台まわりの小物を収納できる

< ゲーミングリビング >

昇降式テレビ台ゲーミング座椅子ゲーム機収納ラックなどと合わせて、リビングでのゲームが捗るロースタイルなプレイ環境を構築できます。

ゲーミングリビング

< 製品概要 >

BHT-800-BK(ブラック)BHT-800-WD(ウッド)

【製品名】ゲーミングちゃぶ台

【型番(カラー)】BHT-800-BK(ブラック)、BHT-800-WD(ウッド)

【サイズ】幅800mm×奥行500mm×高さ344mm(344~445mm)

【重量】8.0kg

【耐荷重】天板:30kg以下、ネット:2kg以下

【甲板の表面材】合成樹脂化粧繊維板(塩化ビニル樹脂)

【表面加工】脚部:エポキシ粉体塗装

【価格】オープン価格 (税別参考 16,500円)   

【URL】https://www.bauhutte.jp/product/bht800/

※「Bauhutte(R)(バウヒュッテ)」はビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)の自社ブランドです。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

ゲーミングちゃぶ台

BHT-800-BK(ブラック)

BHT-800-WD(ウッド)

使用イメージ

使用イメージ

使用イメージ

使用イメージ

使用イメージ

機能まとめ

伝統的なちゃぶ台と同じく、脚部を折りたたむことが可能

ゲームが終わったら、脚部をたたんで部屋の隅に収納できる

昇降式ローデスク BHD-1000Lとの比較

天板昇降機能:床から34.4~44.5cm(約10cm幅)で高さ調節可能

あらゆる座り方・使い方に対応

収納ネット:リモコンやコントローラーなど、ちゃぶ台まわりの小物を収納できる

ゲーミングリビング

サイズ

耐荷重

製品全容(正面)

製品全容(サイド)

プレスリリース添付動画

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース