ぜい弱な世界経済展望の中、米中貿易摩擦はアジア経済諸国に恩恵とPwC

PwC

2019/7/11 16:20

ぜい弱な世界経済展望の中、米中貿易摩擦はアジア経済諸国に恩恵とPwC

AsiaNet 79626 (1291)

【ロンドン2019年7月11日PR Newswire=共同通信JBN】

*PwCの7月のGlobal Economy Watchによれば、米国の2019年第1四半期の対中輸入額は前年同期比約15%減少

*他の8のアジア経済諸国・地域(バングラデシュ、インド、インドネシア、マレーシア、韓国、台湾、タイ、ベトナム)のグループからの輸入額は16%超増加

*関税引き上げは商品貿易および製造部門の世界的な減速の一因に

*PwCの分析は成長の重要な推進力となる分野として世界のエネルギー効率の向上を指摘

PwCが11日に発表した分析によれば、今年これまでに実施された米国政府による中国輸入品への関税課税は、世界貿易に重大かつ明確な影響を与え始めた。

7月のPwCのGlobal Economy Watchは、2019年第1四半期の米国の対中輸入額が前年同期比で約15%減少したことを強調した。この減少は他の地域貿易相手国に好機を創出した。他の8のアジア経済諸国・地域(バングラデシュ、インド、インドネシア、マレーシア、韓国、台湾、タイ、ベトナム)のグループから米国への輸入額は16%を超す伸びとなった。

PwC UKのシニアエコノミストであるマイク・ジェークマン氏は以下のように語った。

「経済は時として、政治の後に時間差で影響が発生するが、現在、米中貿易摩擦の影響の厳しい経済データを目にしている。これはこの地域の他の経済諸国に恩恵をもたらしている。この傾向が続けば、とりわけベトナム、韓国、台湾の経済成長を加速することになろう」

「しかし、目標が主に貿易不均衡の是正であれば、相互関税は不完全な手段である。輸入代替は他のどの場所でもこの問題を再現するだけだ。従って、ベトナムが中国より競争力を持つようになった結果、米国の第1四半期の対ベトナム貿易赤字は前年同期の93億ドルに対し135億ドルになった」

7月のGlobal Economy Watchは、貿易摩擦が景況感と輸出需要に影響を与える中、再び世界的不況が起きるリスクへの懸念も評価している。

マイク・ジェークマン氏は以下のように述べた。

「確かに、世界の経済大国の展望は18カ月前ほど明るくない。2018年の初めに、世界金融危機以来最も迅速かつ同時期の成長を目の当たりにした。それ以来、米中間の経済摩擦の悪化、欧州での一連の失策、成長が鈍化する新興市場での苦闘は企業と政策担当者の心理を変えた」

「しかし、米国、中国、ユーロ圏の各重要市場では2019年に一層の成長鈍化が予想される。2018年、米国は1度限りの減税で恩恵を受けた。中国政府は非常に緩やかに経済の沈静化を継続し、一方のユーロ圏は2016-17年にトレンドを上回る成長の2年間から調整局面にある。これら3つの経済主体が同時に沈静化したことは由々しきことだが、ファンダメンタルズは依然として堅調である」

▽エネルギー効率の向上は未来に機会を提供

世界のエネルギーに関する特別報告書の中でPwCは、世界経済が経済成長を創出するために、より効率的にエネルギーを利用していることが分かった。1990年には、購買力平価(ppp)ベースで世界GDP1000ドルを産出するのに石油換算で181キロを必要とした。2015年には123キロとなり、3分の1を上回る効率の向上だった。このトレンドはさらに続くとみており、2040年までに1000ドルのGDPは石油換算78キロで生産されることになる。エネルギー効率のさらなる向上は、世界経済の成長の継続と世界の人々の一層の繁栄を確かなものとしながら気候変動を抑制するために不可欠である。

報告書は、このトレンドの2つの推進力は構造的な経済変化と技術進歩だと特定する。報告書は1990年以来最大のエネルギー強度の向上を経験した20カ国全般に対し双方の推進力が及ぼした影響を検証している。

マイク・ジェークマン氏は次のように述べた。

「当社の分析は、過去30年間にわれわれがエネルギー効率の強化において大きな躍進を遂げたことを示唆し、今後20年の当社予測は、まだ大幅な向上の余地があることを示している」

「これは、政府と企業が経済成長を犠牲にすることなくエネルギー消費を抑制する気候変動対策を追求し続けられることを示唆しており、世界経済にとって前向きなストーリーだ」

最新のGlobal Economy Watchは以下で閲覧可能:

https://www.pwc.com/gx/en/issues/economy/global-economy-watch.html

▽PwCについて

PwCは、社会における信頼を築き、重要な課題を解決することを存在意義としている。当社は世界158カ国に及ぶグローバルネットワークに25万人以上のスタッフを有し、高品質な監査、助言、税務を提供している。詳細およびPwCへの要望については、ウェブサイトwww.pwc.com を参照。

PwCは、PwCネットワークおよび/ないしは独立法人である1社あるいはそれ以上のメンバーファームを意味している。詳細はウェブサイトwww.pwc.com/structure を参照。

(C)2019 PwC. All rights reserved.

▽問い合わせ先

David Bowden

Global Communications Manager

PwC

m: +44 (0)7483365049

e: david.bowden@pwc.com

ソース:PwC

Asian Economies Benefiting From US-China Trade Tensions Amid Vulnerable Global Economic Outlook, Says PwC

PR79626

LONDON, July 11, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

- US imports from China fell by around 15% year on year in the first quarter of

2019, according to July edition of PwC's Global Economy Watch

-  Imports from a group of eight other Asian economies–Bangladesh, India,

Indonesia, Malaysia, South Korea, Taiwan, Thailand and Vietnam–grew by more than 16%.

- Rise of tariffs contributing to global slowdown in merchandise trade and manufacturing sectors

- PwC's analysis points to growing global energy efficiency as area for substantial driver of growth  

The initial round of tariffs imposed by the US government on China imports

earlier this year has started to make significant and demonstrable impacts on

global trade, according to analysis released by PwC today.

The July edition of PwC's Global Economy Watch highlighted that US imports from

China fell by around 15% year on year in the first quarter of 2019. This fall

has created opportunities for other regional trading partners, with imports to

the US from a group of eight other Asian economies–Bangladesh, India, Indonesia,

Malaysia, South Korea, Taiwan, Thailand and Vietnam–growing by more than 16%.

Mike Jakeman, senior economist at PwC UK, says,

'Economics can sometimes lag behind politics, but we are now seeing hard

economic data of the impact of US-China tensions. This has benefitted other

economies in the region: if this trend continues it will contribute to faster

economic growth in Vietnam, South Korea and Taiwan in particular.

'Yet if your goal is to primarily tackle trade imbalances, then bilateral

tariffs are an imperfect tool: import substitution can simply re-create the

problem elsewhere. So, as a result of Vietnam becoming more competitive than

China, the US's trade deficit with Vietnam stood at $13.5bn in the first

quarter, compared to $9.3bn in the same quarter a year ago.'

The July edition of Global Economy Watch also evaluates concerns about the risk of another

global recession, as trade tensions impact on business sentiment and demand for exports.

Mike Jakeman says,

'Certainly, the outlook for the world's biggest economies is less bright than

it was 18 months ago. In early 2018 we witnessed the fastest and most

synchronised growth since before the global financial crisis. Since then, the

deepening of the trade conflict between the US and China, a series of stumbles

in Europe and further struggles in slow-growing emerging markets have

transformed sentiment among businesses and policymakers.

'However, slower growth in 2019 in each of the crucial markets of the US, China

and the Eurozone is to be expected. The US benefited from a one-off tax cut in

2018. The Chinese government continues to cool its economy very gradually,

while the Eurozone is correcting after a couple of years of above-trend growth

in 2016-17. That these three economies have cooled simultaneously has been

alarming, but fundamentals remain strong.'

Growing energy efficiency offers opportunity for future

In a special report on global energy, PwC has also found that the world economy

is using energy much more efficiently in the creation of economic growth. In 1990

it required around 181kg of oil equivalent to produce $1,000 of global GDP in PPP terms.

In 2015, it needed 123kg, an improvement in efficiency of more than one-third.

We think this trend has further to run, which means that $1,000 of GDP could be generated

by 78kg of oil equivalent by 2040. Becoming more energy efficient is crucial in limiting

climate change, while also ensuring that the global economy continues to grow

and the world's population becomes more prosperous.

The report identifies the two drivers of the trend as structural economic change and

technological progress. It examines the impact of both drivers across the 20 countries

who have experienced the largest improvement in energy intensity since 1990.

Mike Jakeman says,

'Our analysis suggests that we have made significant strides in raising our

energy efficiency over the past 30 years, and our projections for the next 20

suggest that there is still room for major improvement.

'This is a positive story for the global economy, as it suggests that

governments and businesses can continue to pursue climate change policies that

limit energy consumption without eliminating economic growth.'

The latest Global Economy Watch is available to read here:

https://www.pwc.com/gx/en/issues/economy/global-economy-watch.html

About PwC

At PwC, our purpose is to build trust in society and solve important problems.  

We're a network of firms in 158 countries with more than 250,000 people who are

committed to delivering quality in assurance, advisory and tax services. Find

out more and tell us what matters to you by visiting us at www.pwc.com.

PwC refers to the PwC network and/or one or more of its member firms, each of

which is a separate legal entity. Please see www.pwc.com/structure for further details.

(C) 2019 PwC. All rights reserved.

Contact

David Bowden

Global Communications Manager

PwC

m: +44 (0)7483365049

e: david.bowden@pwc.com

Source:  PwC

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中