「ラグビーワールドカップ2019TM 日本大会」で5Gプレサービスを提供

NTTドコモ

2019/7/26 15:30

2019年7月26日

株式会社NTTドコモ

「ラグビーワールドカップ2019TM 日本大会」で5Gプレサービスを提供

~5Gプレサービスの一環として、マルチアングル視聴や高臨場ライブビューイングなどの新しい観戦スタイルを実現~

ラグビーワールドカップ2019のトーナメントサプライヤーである株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」が開催される全国8会場のスタジアムおよびドコモが主催するライブビューイング会場で、試合を多視点で同時視聴できる「マルチアングル視聴」や「ライブビューイング」などの新たな観戦スタイルと報道・中継スタイルを、5Gプレサービス※1の一環として2019年9月20日(金)から提供予定※2です。商用サービス開始時と同等の5Gネットワーク環境を一般のお客さまに提供するのは日本で初めて※3です。

<スタジアムでの取り組み※4

全国8会場のスタジアムを5Gエリア化して実施します。

<ライブビューイング会場での取り組み>

一般のお客さまにも5Gサービスを体験いただける環境を用意します。参加者はドコモの特設サイトにて募集します。

その他、マルチアングル視聴など、5Gを疑似体験できるブースを全国16か所の試合会場および「ファンゾーン」に開設します。

なお、ドコモは公益財団法人日本ラグビーフットボール協会と「ラグビー日本代表」オフィシャルサポーター契約を締結しております。

今後もドコモは、ラグビーをはじめとする日本スポーツ界の発展を支援し盛り上げるとともに、5Gや新しいテクノロジーを用いて、“だれが、どこにいても、心動かす観戦体験ができる新しい世界”の提供に向けて取り組んでまいります。

TM © Rugby World Cup Limited 2015. All rights reserved. 

※1 次世代移動通信システム「5G」として割り当てられた周波数帯および商用装置を用いた環境(商用サービス時と同等となる環境)

※2 ワールドラグビーと最終調整中のため、一部変更になる可能性があります。

※3 2019年7月26日時点。ドコモ調べ。

※4 一般のお客さまはご利用いただけません。

※5 今回使用する5G端末については、一般販売いたしません。

※6 一部の報道機関が対象です。

スタジアムでの取り組みの概要

1. マルチアングル視聴

(1)概要

全国8会場で行われる試合の多視点映像や解説情報などの付加情報を、5Gネットワークを通してスタジアム内のドコモが用意する5G端末※1に配信します。大容量・低遅延の5G通信により、多くの映像や情報を、スタジアムでの試合観戦と同時に手元で確認できるため、試合観戦をより楽しめます。

<マルチアングル視聴 イメージ>

(2)対象試合と会場

(3)システムイメージ

5Gコアネットワークに直接接続されているドコモオープンイノベーションクラウド※2(以下、dOIC)上に映像制作・配信サーバを設置し、より低遅延な伝送を実現します。

<マルチアングル視聴 システムイメージ図>

2. 報道写真のアップロード

(1)概要

報道写真を撮影するカメラにドコモが用意する5G端末※1を接続することで、スタジアムで撮影する大容量の報道写真を、5Gネットワークを通してdOIC※2上の写真集積サーバにアップロードできます※3。5Gのモビリティと高速大容量・低遅延の特徴を生かすことで、どこからでも報道写真を高速でストレスなくアップロードすることが出来るようになり、報道業務の自由度と即時性の向上を実現します。

(2)対象試合と会場

(3)システムイメージ

5Gコアネットワークに直接接続されているdOIC※2上に写真集積サーバを設置し、より低遅延な伝送を実現します。

<報道写真のアップロード システムイメージ図>

※ スタジアムでの取り組みについては、一般のお客さまはご利用いただけません。

※1 今回使用する5G端末については、一般販売いたしません。

※2 ドコモオープンイノベーションクラウド(dOIC)は、ネットワークの伝送遅延の低減とセキュアなクラウド環境を実現するMEC(Multi-access Edge Computing)の特徴を持ち、ドコモのネットワーク網にクラウド基盤をつなぐことで実現しています。

※3 一部の報道機関が対象です。

ライブビューイング会場での取り組みの概要

1. ライブビューイング

(1) 概要

東京スタジアム、横浜国際総合競技場で行われる試合映像を、5Gネットワークを通じてドコモが主催するライブビューイング会場に伝送し、大画面に映し出します。多視点映像や音声といった大容量の情報を低遅延で伝送できるため、迫力のあるライブビューイングをスタジアムから離れた場所で体験できます。

<ライブビューイング実施 イメージ>

(2) システムイメージ

<ライブビューイング システムイメージ図>

2. マルチアングル視聴

(1)概要

東京スタジアム、横浜国際総合競技場で行われる試合の多視点映像や解説情報などの付加情報を、5Gネットワークを通してドコモが用意する5G端末※1に配信します。大容量・低遅延の5Gネットワークにより、多くの映像や情報を、ライブビューイングでの試合観戦と同時に手元で確認できるため、試合観戦をより楽しめます。

(2)システムイメージ

5Gコアネットワークに直接接続されているdOIC※2上に映像制作・配信サーバを設置し、より低遅延な伝送を実現します。

<マルチアングル視聴 システムイメージ図>

3. イベントタイトル

ラグビーワールドカップ2019TM パブリックビューイング

4. 実施場所

ベルサール汐留

 東京都中央区銀座8丁目21−1 住友不動産汐留浜離宮ビル B1F

5. 対象試合

6. 対象者

一般のお客さま 2試合 合計約600名 (予定)

7. 応募方法

以下特設サイトより、8月20日(火)よりお申込みいただけます。

URL:https://www.nttdocomo.co.jp/special_contents/rwc2019/0distance/

<サイトトップページ>

8. 参加費

無料

※1 今回使用する5G端末については、一般販売いたしません。

※2 ドコモオープンイノベーションクラウド(dOIC)は、ネットワークの伝送遅延の低減とセキュアなクラウド環境を実現するMEC(Multi-access Edge Computing)の特徴を持ち、ドコモのネットワーク網にクラウド基盤をつなぐことで実現しています。

試合会場・「ファンゾーン」での取り組みについて

マルチアングル視聴など、5Gを疑似体験できるブースを全国16か所の試合会場および「ファンゾーン」に延べ90日間開設します。

1. 実施内容※1

・VR視聴体験

ラグビーの録画映像を「ヘッドマウントディスプレイ」にてVR視聴いただけます。

・マルチアングル視聴体験

ラグビー日本代表戦の映像を用いたマルチアングル視聴をブースに用意してあるスマートフォンで視聴・体感いただけます。

<マルチアングル視聴体験 イメージ>

2. ブース出展日数と会場※2

3. ブースイメージ

4. お申込み方法

・試合会場:お申込み不要※3

・「ファンゾーン」:お申込み不要

※1 ブースのスペースにより変わる可能性があります。

※2 各会場の出展日については、別途ドコモのホームページでお知らせします。

※3 一部会場で、試合当日のチケットが必要な場合があります。

【お客さま】

ドコモの携帯電話から:151

一般電話などから:0120-800-000

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース