RPA×AIでオフィス事務の業務効率化を推進 RPAプラットフォーム「UiPath」と連携

株式会社ALBERT

2019/7/29 15:00

2019年7月29日

RPA×AIでオフィス事務の業務効率化を推進

RPAプラットフォーム「UiPath」と連携

sugures_calendar_image

株式会社ALBERT(アルベルト、本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:松本壮志、以下ALBERT)は、PCでの定型業務を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)と、自然言語処理等のAI(人工知能)を連携させ、業務効率化に向けたサービス提供への取り組みを推進していきます。その手始めとして、2019年7月29日に新設されたUiPathテクノロジーパートナーの一員として、当社が提供するAI・高性能チャットボット「スグレス」と、拡張性が高く広範なシステムに適用可能なRPAプラットフォーム「UiPath」の連携を開始します。

AI・高性能チャットボット「スグレス」は、特徴の一つである自動学習機能によりノウハウを蓄積することで、業務オペレーションに負荷をかけることなく継続的な回答の精度向上を可能とする、人工知能(AI)とオリジナルの「言語処理エンジン」を搭載したチャットボットです。

今回、「UiPath」のアクティビティ(人のアクションを自動化したもの)であるG Suiteの「Googleカレンダー」と「スグレス」を連携させることで、社内(B to E)で利用する場合、チャットボットが従業員や会議室の予定を認識し、従業員はチャットボットを通じて効率的にスケジュール調整や会議室予約ができるようになります。

今後、Office365「Outlookカレンダー」等との連携や複数人でのスケジュール調整機能の拡充等、さらにRPAとAIを活用したサービスの開発を推進してまいります。

■ RPAプラットフォーム「UiPath」サービスサイト: https://www.uipath.com/ja/

■ AI・高性能チャットボット「スグレス」サービスサイト: https://www.albert2005.co.jp/sugures/

株式会社ALBERT

当社は、日本屈指のデータサイエンスカンパニー※として、ビッグデータアナリティクス領域において最適なソリューションを提供しています。コアとなるアナリティクステクノロジーを用いた「AI活用コンサルティング」「ビッグデータ分析」「AIアルゴリズム構築とシステム開発・運用」「AIを用いた独自プロダクトの提供」等のデータソリューション事業を通じて、より良い社会の実現を目指しております。また、国内においてデータサイエンティストが圧倒的に不足している現状を改善すべく、これまでに培ったノウハウを元に「データサイエンティストの育成支援」を行なうことで、データ活用のプロフェッショナル人材育成に貢献します。

※データから価値を創出し、ビジネス課題の解決を実現するプロフェッショナル集団

【会社概要】

社 名  :  株式会社ALBERT

所在地  :  東京都新宿区北新宿2-21-1

TEL: 03-5937-1610/FAX: 03-5937-1612

設立日  :  2005年7月1日

代表者  :  代表取締役社長兼CEO 松本壮志

証券コード:  3906(東京証券取引所マザーズ)

事業内容 :  データソリューション事業

・AI活用コンサルティング

・ビッグデータ分析

・AIアルゴリズム構築とシステム開発・運用

・AIを用いた独自プロダクトの提供

・データサイエンティストの育成支援

U R L   :  https://www.albert2005.co.jp/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

sugures_calendar_image

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中