キャンツーのためのハーフカバーってどうよ? トレンド色&アウトドア仕様のバイク用ハーフカバー発売。

ビーズ株式会社

2019/8/20 12:35

2019/08/20

ビーズ株式会社

キャンツーのためのハーフカバーってどうよ?

トレンド色&アウトドア仕様のバイク用ハーフカバー発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2019年8月20日、ツーリング・ガレージングブランドの「DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)」より、キャンプツーリングでの使用を念頭にアウトドアのトレンドカラーと機能性を反映した専用バイクカバー「ツーリングハーフカバー DCC526-KH / DCC526-BK」を発売します。

キャンプツーリングでの使用を念頭にアウトドアのトレンドカラーと機能性を反映した専用バイクカバー。

<開発背景>

 キャンプツーリングでは天候の急変に伴う雨やテントサイトでの結露により、大切な愛車に汚れやダメージを生じる可能性があります。 しかし自宅ではカバーを掛ける方も、ツーリングでは一転。 積載量の圧迫や掛ける手間を避け野ざらしで駐輪する、ちょっと残念なケースも見受けられます。

<ツーリングでも掛けたいバイクカバーを目指して>

 DOPPELGANGER(R)ではこうした状況を踏まえ、「ツーリング先でも掛けたくなるバイクカバー」をコンセプトに開発に着手。 キャンプツーリングでもカバーを掛けた方が良いとわかっていながら二の足を踏むライダーに、アウトドアのトレンド色を反映し、かつ機能性を充実させた「ツーリングハーフカバー」を提案します。

【全容画像-1】DCC526-KH。 【全容画像-2】DCC526-BK。 

<アウトドアトレンドを意識したルックスと機能>

◯ルックス

 「ツーリングハーフカバー」のカーキ色はグレーにカーキを掛け合わせ、昨今人気のナチュラルテイストなキャンプフィールドになじむ色味に仕上げました。 また従来のハーフカバーと異なり、フロントフェンダーまでカバーできるロング設計にすることで、保護範囲を広く設定しています。

カーキ色装着時、後方からの撮影画像。 フロントフェンダーまでカバーできるロング設計。

◯サイドバッグ対応

 荷物が多いキャンプツーリングで使うサイドバッグの装着を前提に設計しました。装着時でも掛けられるようシート後方部は幅広にデザインする一方、バッグ未装着時は余分なカバーを束ねてフィットさせるアジャスト機能を搭載しています。

サイドバッグの装着を前提にシート後方部は幅広設計に。 バッグ未装着時は余分なカバーを束ねてフィットさせるアジャスト機能を搭載。

◯携帯性

 収納時は寝袋をイメージした筒型にしました。 サイズも直径10×高さ30cmとコンパクトに、重量も440gに抑えています。 収納袋の側面にファスナーを配し、容易にモノを出し入れ可能。 デイジーチェーンも設けて、多様なパッキングに対応しています。

収納時は寝袋をイメージした筒型形状、コンパクト軽量設計。 収納袋にデイジーチェーンも設けて、多様なパッキングに対応しています。

<製品スペック詳細>

 

【ブランド名】DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)

【商品名】ツーリングハーフカバー

【型番:カラー】DCC526-KH:ストームカーキ、DCC526-BK:ブラック

【サイズ】カバー本体:W215×L(D)90×H88cm

     カバー後方(パニア部):L(D)70×H42cm

【収納サイズ】W10×L(D)10×H30cm

【材質・重量(付属品含む)】ポリエステル、440g

【希望小売価格】オープン価格(税別参考:5,600円)

【製品ページ】http://www.doppelganger.jp/product/dcc526-kh/

       http://www.doppelganger.jp/product/dcc526-bk/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

キャンプツーリングでの使用を念頭にアウトドアのトレンドカラーと機能性を反映した専用バイクカバー。

【全容画像-1】DCC526-KH。

【全容画像-2】DCC526-BK。

カーキ色装着時、後方からの撮影画像。

フロントフェンダーまでカバーできるロング設計。

サイドバッグの装着を前提にシート後方部は幅広設計に。

収納時は寝袋をイメージした筒型形状、コンパクト軽量設計。

ブラックの方が自分のバイクに合う、という方はこちらのカラーを。

収納袋にデイジーチェーンも設けて、多様なパッキングに対応しています。

バッグ未装着時は余分なカバーを束ねてフィットさせるアジャスト機能を搭載。

ハンドルロック状態での装着に配慮したアシメントリーデザイン。

【装着事例画像-1】HONDA / CRF1000L-DCT。

【装着事例画像-2】HONDA / CBR250RR。

【装着事例画像-3】KAWASAKI / ZX10RR。

【装着事例画像-4】DUCATI / SCRAMBLER。

キャンプツーリングにフォーカスし、必要とされる機能やデザインを取り入れた「ツーリングハーフカバー」。

固定バックルが届かない大型車両のため、任意の箇所に固定ベルトが接続できる延長ベルト。

カバーの着脱に便利なハングループを3ヶ所に設置。

寸法図。

自分もバイクも濡れないキャンプツーリングをあなたに。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース