話題の食物繊維で食後の気になる数値の上昇を抑える『健康生活ファイバー』を発売

五洲薬品

2019/9/12 11:04

2019年9月12日

五洲薬品株式会社

話題の機能性食物ファイバーで食後の血糖値や血中中性脂肪の上昇を抑える

機能性表示食品『健康生活ファイバー』を9月20日(金)に発売

1回3gと少量! 飲み物や汁気のある食事にさっと混ぜて、摂取しやすい!

 五洲薬品株式会社(本社:富山県富山市花園町1-1-5、代表取締役社長:藤井侃)では、機能性表示食品『健康生活ファイバー』を2019年9月20日(金)より発売いたします。これに先立ち、五洲薬品オンラインショップにて予約注文を承ります。

■『健康生活ファイバー』の開発背景

 当社では、飲料・食品分野において、これまで機能性を重視した製品を開発してきました。今回、食後の血糖値や血中中性脂肪の上昇を抑える機能性製品の新しい原材料として、とうもろこし由来の機能性食物繊維「イソマルトデキストリン」に着目。これまでの同機能の顆粒化製品の注目度が高いことを考慮し開発にいたりました。

■『健康生活ファイバー』の特長 

1. 日本初、食後の血糖値と血中中性脂肪の両方の上昇を抑える顆粒化したイソマルトデキストリンの機能性表示食品(2019年9月12日 当社調べ)

イソマルトデキストリンを顆粒化することで、様々な食品に簡単に加えることができ、毎日の食生活で継続利用しやすくしました。

2. 1回3gの摂取で、食後の血糖値や血中中性脂肪の上昇をおだやかに

当社の顆粒化技術により、1回3gの少量摂取で食後の血糖値や血中中性脂肪の上昇を抑える機能性を実現しました。

3. 温かい飲み物や冷たい飲み物、汁気のある食べ物に混ぜて摂取可能

当社の顆粒化技術により原材料を混ぜやすくしました。

水、ジュースなどの冷たい飲み物、コーヒー、紅茶などの温かい飲み物や汁気のある食事(味噌汁、スープ、カレールー、パスタソースなど)に混ぜて摂取可能です。

無味無臭のため、味や臭いを変化させません。

4. 携帯しやすいスティックタイプに包装

1回分の容量(3g)でのスティックタイプの包装。持ち運びしやすいため、外食時でも手軽に摂取できます。

■『健康生活ファイバー』の概要

商品名   : 健康生活ファイバー

名称    : 水溶性食物繊維加工食品

原材料名  : イソマルトデキストリン(国内製造)

販売開始日 : 2019年9月20日(金)

希望小売価格: 2,000円(消費税別途)

箱サイズ   : 幅140mm×奥行70mm×高さ130mm

内容量   :3g×30本

販売チャネル:通信販売

       五洲薬品オンラインショップ

       (URL:http://www.goshu.jp/

       健康生活ファイバー特設サイト

       (URL:https://www.goshu.co.jp/healthylifefiber/

       ●五洲薬品オンラインショップのお問い合わせ先

        五洲薬品お客様相談室(月~金曜日9:00~17:00/土日祝祭日除く)

        フリーダイヤル 0120-333058 Mail:direct@goshu.co.jp

        ※お客様相談室にて、ご注文もお受けいたします。

機能性表示食品

届出番号 : E110

届出表示 : 本品には、イソマルトデキストリン(食物繊維)が含まれます。イソマルトデキストリン(食物繊維)は食後に血糖値が上昇しやすい健常者の食後血糖値の上昇や、食後に血中中性脂肪が高めになる健常者の食後血中中性脂肪の上昇をおだやかにすることが報告されています。

1日摂取目安量 : 1日3本(1回1本を3回)

※届出の詳細については、以下URL(消費者庁ホームページ)よりご確認ください。

 https://www.fld.caa.go.jp/caaks/cssc02/?recordSeq=41810170170104

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

商品パッケージ(正面)

商品パッケージ(斜め1)

商品パッケージ(斜め2)

使用イメージ(水)

使用イメージ(お茶)

使用イメージ(スープ)

使用イメージ(カレー)

使用イメージ(パスタ)

プレスリリース添付動画

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中