クルマ×折りたたみ小径車の6輪旅行に! 14インチ匹敵の車載サイズを実現した16インチ自転車発売。

ビーズ株式会社

2019/9/12 12:30

2019/09/12

ビーズ株式会社

クルマ×折りたたみ小径車の6輪旅行に!

14インチ匹敵の車載サイズを実現した16インチ自転車発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2019年9月12日、ツーリング・ガレージングブランドの「DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)」より、秋の6輪旅行に向けて14インチに匹敵する車載サイズを持つ16インチ折りたたみ自転車「ハコベロハイパーライト 160-H-DP」を発売します。

秋の6輪旅行向け!車載しやすい16インチ折りたたみ自転車「ハコベロハイパーライト」を発売。

<14インチ級車載サイズを16インチで実現>

 「ハコベロハイパーライト」は車載・持ち運び・保管のための折りたたみサイズにこだわった16インチ折りたたみ小径車です。 ホイールベースをフレームサイズから見直し、折りたたみ全長を64cmに縮小。 16インチながら、ひとまわり小さい14インチ級に相当するサイズを実現しました。 持ち運びにも配慮して、重量は10kgを切る9.8kgに設定されています。

14インチと16インチの折りたたみ自転車、サイズ比較図。

 初心者でも扱いやすいよう、工具不要で展開可能なクイックリリース機構や、折りたたみ時に前後輪が重なるよう設計されたミニマルフォールディングデザインを採用。 また、旅先での自転車シェアも考え、乗車する方の体格に合わせてサドルやハンドルの高さを調整できるロングシートポストとフリーフィットステムを搭載しています。 刻印された目盛りで自身に最適な高さを覚えておけば、すぐに最適なライディングポジションを再現可能。

工具不要で展開可能なクイックリリース機構。 【全容画像-2】折りたたみ時。 乗車する方の体格に合わせてサドルやハンドルの高さを調整可能。

 小径車ゆえの“ペダルひと漕ぎでもなかなか走らない”というイメージの底上げに向け、シマノ製7段変速や52T大径チェーンリングを標準搭載。 街乗りにも快適な走行性能をもたせています。 秋の行楽シーズンに向けてクルマ×折りたたみ小径車の6輪旅行をより広めるべく、本製品は車載を想定した「ハコベロシリーズ」の集大成ともいうべき仕上がりとなっています。

リア側にはシマノ製7段変速を採用しました。 一回転で進む距離を伸ばす52Tサイズの大径チェーンリングを標準装備しています。

<折りたたみ自転車のラインナップ紹介>

 DOPPELGANGER(R)では14インチ、16インチ、20インチと車載できる様々な折りたたみ自転車を展開しています。

https://www.doppelganger.jp/product_list/bicycle/

<製品スペック詳細>

 

【ブランド名】DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)

【商品名】16インチ折りたたみ自転車

     160-H-DP(HAKOVELO HYPERLITE ハコベロハイパーライト)

【カラー】グレー

【サイズ】全長:1180mm、サドル高:60-90cm、ハンドル高:84-94cm

     タイヤサイズ:16×1.35inch

     折りたたみ寸法:W64×L(D)33×H55cm

【重量】9.8kg

【材質】フレーム:アルミニウム、フロントフォーク:アルミニウム

【その他仕様】シフター:シマノ7段変速、フリーホイール:14T-28T

       チェーンホイール:52T、ブレーキ:前後Vブレーキ

       バルブ形式:英式

【希望小売価格】49,500円(税別)

【製品ページ】https://www.doppelganger.jp/product/160-h-dp/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

秋の6輪旅行向け!車載しやすい16インチ折りたたみ自転車「ハコベロハイパーライト」を発売。

【全容画像-1】

【全容画像-2】折りたたみ時。

【全容画像-3】

14インチと16インチの折りたたみ自転車、サイズ比較図。

乗車する方の体格に合わせてサドルやハンドルの高さを調整可能。

工具不要で展開可能なクイックリリース機構。

リア側にはシマノ製7段変速を採用しました。

路面との設置面積が少なくなる16×1.35インチのナロータイヤを採用しています。

セラロイヤル社製、約250gの超軽量サドル。

一回転で進む距離を伸ばす52Tサイズの大径チェーンリングを標準装備しています。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース