サウジアラビアの信用格付けの強靭さで王国の本質的な強さが際立つ

サウジアラビア財務省(The Ministry of Finance Saudi Arabia)

2019/10/1 13:52

サウジアラビアの信用格付けの強靭さで王国の本質的な強さが際立つ

AsiaNet 80828 (1877)

【リヤド(サウジアラビア)2019年10月1日PR Newswire=共同通信JBN】この1週間、主要格付け機関は9月14日の攻撃に対応したサウジアラビアに対する最新の信用格付け見解を公表、王国の広範囲にわたる復元力を強調した。これはこの国の経済・財政の強度の反映というだけでなく、外的衝撃への即時の効果的対応を実行できる組織力の証明であることが最も重要である。ムーディーズは格付けを変更しなかったが、フィッチは王国の格付けをA、安定的見通しに引き下げた。

世界的石油供給に中断はないと保証することでサウジアラムコと王国が示した復元力と信頼性に、国際社会は肯定的に反応した。これは、同社の世界クラスの卓越した運用性と危機管理能力を一層強める。

サウジアラビアの石油供給は、攻撃が産油量を半減させた後、全面的に復旧して日量1130万バレルの生産力となり、11月末までに同1200万バレルに達する。石油供給は10月に日量989万バレルに回復することになっており、世界最大の石油輸出国であるサウジアラビアは今月、すべての顧客へのコミットメントを果たす。

上記を考慮すれば、財務省は王国の格付けを引き下げたフィッチの素早い決定に失望している。むしろこの出来事は、逆境に効果的に対処するサウジアラビアのすぐれた能力、世界石油市場の安定維持へのコミットメント、重要な国際的同盟国としての王国の威信を際立たせる。であるから、格付け引き下げはこの出来事への迅速、決定的、効果的な対応への直接的言及のない幾分か憶測的なものと受け取れる。

王国は事件以来、その対応で抑制と慎重な配慮を示し、これが国際社会を安心させたはずである。いかなる不確実性の高まりも、王国の行動よりも地域内の侵略的な関係者の直接行動とみられる。

財政赤字は現在、2019年予算で設定した十分な範囲内である。ビジョン2030の重要な領域への重点投資拡大にコミットしているが、同時に、この支出の効率と有効性も向上させている。世界で最大級の準備金もあり、国の金融資産は債務を大きく上回っている。

この格付けについて財務省は「われわれは、事件に対応した国とアラムコの行動は報告書で言及されたリスク要因に大きく影響するとは思っていない。実際には、アラムコと市場の対応、回復力は世界市場への王国の石油供給の信頼性をはっきり示している。これがそのまま続けば、フィッチは市場への供給の継続的安定性と市場参加者や解説者の反応や行動に照らして、同社の決定の見直しが適当と考えるだろう」と論評した。

ソース: The Ministry of Finance Saudi Arabia

Resilience of Saudi Arabia's Credit Ratings Highlight The Kingdom's Intrinsic Strengths

PR80828

RIYADH, Saudi Arabia, Oct. 1, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/

Over the past week, major Rating Agencies have released updated credit views on

Saudi Arabia in response to the attacks of September 14th highlighting the Kingdom's

broad-based resilience. This is not only a reflection of the country's economic and fiscal

strengths but most importantly a demonstration of its institutional capacity to stage

an immediate and effective response to an external shock. Moody's has made no changes

to the rating, while Fitch downgraded the Kingdom's rating to A with a stable outlook.

The international community has responded positively to the resilience and

reliability shown by Saudi Aramco and the Kingdom in ensuring that there were

no interruptions to global oil supplies. This reinforces the world-class

operational excellence and crisis management skills of the company.

Saudi Arabia's oil supply is fully back online after the attacks halved output

and the Kingdom has reached 11.3 million barrels per day (bpd) capacity and

will reach 12 million bpd by the end of November. Oil supply is set to recover

to 9.89 million bpd in October and Saudi Arabia, the world's largest oil exporter,

will meet all customer oil commitments this month.

Considering the above, the Ministry of Finance is disappointed that Fitch took

a swift decision to downgrade the Kingdom. Rather, the event highlights Saudi

Arabia's outstanding capacity to effectively deal with adversities, commitment

to maintaining stability in the global oil markets, and the Kingdom's status as

an important international ally. As such, the downgrade of the rating comes

across as somewhat speculative without direct reference to the swift, decisive

and effective response to the event.

Since the event the Kingdom has illustrated restraint and careful consideration

in its response, which should act as a reassurance for the international community.

Any increase in unpredictability is as a direct action of aggressive actors within

the region rather than the actions of the Kingdom.

Currently the budget deficit is well within the parameters we set for the 2019 Budget.

Whilst we are committing to focused increased investment in key Vision 2030 areas,

we are also improving our efficiency and effectiveness of that spending. We also have

one of the strongest reserves in the world and the country's financial assets substantially

exceed its liabilities.

Commenting on the rating the Ministry of Finance stated: "We do not believe

that the actions of the country and the company in response to the event

significantly impact on the risk factors mentioned in the report. In fact, the

response and resilience of the company and the markets underline the reliable

nature of the supply of oil for global markets from the Kingdom. We trust that

as this continues to be the case the Agency will see fit to revise their decision

in the light of continuing stability within the supply to markets and the reactions

and actions of the market participants and commentators."

Source: The Ministry of Finance Saudi Arabia

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中