大正大学の学生が「座・ガモール」で巣鴨のご当地プリン販売を開始 「誰かといっしょに すがもプリン」

大正大学

2019/10/10 14:00

20191010

大正大学

大正大学の学生が「座・ガモール」で巣鴨のご当地プリン販売を開始

「誰かといっしょに すがもプリン」

学校法人大正大学(理事長:岡本宣丈、学長:大塚伸夫、所在地:東京都豊島区)と巣鴨3商店街が連携して設立した一般社団法人「コンソーシアムすがも花街道」では2019年10月10日(木)から「なめらかプリン生みの親」である所浩史(ところ ひろし)シェフ監修のプリンを販売します。巣鴨の3つの商店街に位置する座・ガモール1~3号店と大正大学内の座・ガモール4号店 鴨台花壇カフェ(すがもプリン本店・製造場所)で販売します。

大正大学は2014年より地域構想研究所を設置し、地域と連携した地域創生の実践・実装に資する研究活動を行ってきました。この研究所は自治体だけでなく官公庁や公共団体、民間企業等とも連携し、多様な地域課題の解決や新たな価値を創造する人財を育成する機能を担っています。

この地域構想研究所が全面的に支援する地域創生学部では、連携協定を結ぶ自治体で40日間の地域実習を行っています。また、大正大学の位置する巣鴨の3つの商店街に連携自治体の商品を扱うアンテナショップである『座・ガモール』をオープン。地域創生学部の学生が企画運営を行い「東京と地域を繋ぐ」学修と実践の場となっています。これら各自治体との連携や地域での学修を元に2019年7月に各連携自治体の特産あんを使用した「あちこちもち」を販売してきました。これらの経験を活かし、各地域の食材を使用したプリンを10月から販売します。

■販売概要

『誰かといっしょにすがもプリン』

商品コンセプト

 家族間のコミュニケーションが少ない昨今、このプリンをハブに大切な方とのコミュニケーションが生まれればという思いが込められています。

販売開始日:2019年10月10日(木)~

商品

・孫といっしょに すがもプリン(なめらか)360円(税抜き)

 やわらかなめらかプリン。

・夫婦でいっしょに すがもプリン(レトロ)360円(税抜き)

昔なつかしいほどよい固さのレトロなプリン。

・おばあちゃんおじいちゃんといっしょにすがもプリン

・抹茶380円(税抜き)

京都福寿園の宇治抹茶をたっぷり使用したプリン。

・粒あん390円(税抜き)

京都の名店、井筒八ッ橋本舗の小倉あんを使用したプリン。

・栗あん390円(税抜き)

 小布施の名店、小布施堂の栗あんを入れたプリン。

販売場所

・座・ガモール4号店 鴨台花壇カフェ(すがもプリン本店・製造場所)

東京都豊島区西巣鴨3-20-1(大正大学内)

営業時間:11:00~17:00 定休日なし

・座・ガモール1号店(東京都豊島区西巣鴨2丁目7−9)

営業時間:10時30分〜17時30分 毎週水曜日定休

・座・ガモール2号店(東京都豊島区巣鴨3丁目38−1)

営業時間:10時30分〜17時30分 毎週水曜日定休

・座・ガモール3号店(東京都豊島区巣鴨3丁目27−6)

営業時間:10時30分〜17時30分 毎週水曜日定休

■「座・ガモール」とは

大正大学生が企画運営する日本各地のアンテナショップです。1号店は東北、2号店は京都、3号店は北宮崎をテーマにアンテナショップを運営しています。その他に、座・ガモールクラシックは元プリンスホテルの料理長が運営するレストランとなっています。

「座・ガモール」の運営母体「コンソーシアムすがも花街道」は学校法人大正大学と巣鴨 3 商店街が連携して設立した一般社団法人です。本法人は花をテーマにした地域活性化をビジョンに掲げ、花でつなぐ「心とこころ」、花でつながる「すがもと地域」を具現化する為、大正大学地域創生学部在学生のフィールド実習とからめながら、これから様々な事業を展開していきます。「地方と共生」する新しい「すがも」のあり方を大学と地域が一体となって育ててまいります。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

すがもプリン各種

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース