BlueBeeが中国本土にデータセンターを設立

BlueBee Corporation

2019/10/10 15:47

BlueBeeが中国本土にデータセンターを設立

AsiaNet 80951(1932)

【レイスウェイク(オランダ)2019年10月9日PR Newswire=共同通信JBN】

*ゲノミクスデータプラットフォームのグローバルカバレッジを拡大

グローバル・バイオインフォマティクス・ソリューションプロバイダーであるBlueBeeは、Chinese Ministry of Health and Technology(中国保健技術省)の規定に準拠したゲノムデータ処理ニーズに応えるため、中国本土にデータオペレーションを拡大した。この戦略的動きは、バイオインフォマティクス・データソリューションを分析機器、オミックスアッセイ技術、あるいはハイスループット・ラボサービスと統合する、BlueBeeの既存、新規顧客向けのものである。BlueBeeは、既存の顧客ベースからの当座の需要と中国のゲノミクス市場の予測される成長により、この投資がBlueBeeとそのパートナークライアント双方に成長をもたらすことになると予想している。

ゲノミクスデータや個人識別情報(PII)を含む個人の健康情報(PHI)は、多くの地域でその地域の境界内にとどめておくよう義務付けられている。このためBlueBeeは、オミックス関連の健康データ向けのグローバルインフラの構築を続けている。現在、BlueBee Genomics Platformは、50を超える国、さらにオンデマンドで定義された事実上すべての「地域」で利用可能である。現在までに利用可能になっている地理的地域には、欧州ではフランス、ベルギー、オランダ、英国、ドイツ、イタリア、デンマーク、フィンランド、米州では米国、カナダ、ブラジル、アジア太平洋地域では中国、オーストラリア、日本、韓国、香港、シンガポール、台湾が含まれている。

BlueBeeデータソリューションが1つあるだけで、地域データの所在とコンプライアンスを守りつつ、別々の地域にいくらでも範囲を広げることができる。これには、BlueBeeプラットフォーム上の全てのデータオペレーションをグローバルに一元化して表示する「シングルウインドー」オーケストレーションレイヤーが含まれる。つまり、事実上、世界中のどこからでも、グローバルアッセイあるいはサービスプロバイダーの分散オペレーションにリアルタイムでアクセスできる。

BlueBeeのハンス・コベン最高経営責任者(CEO)は「中国本土にデータセンターをつくろうと考えたのは、パートナークライアントの要求に応えるためだ」と語った。コベン氏はさらに「グローバルコミュニティーにサービスを提供することが当社の使命であり、データコンプライアンス要件を満たしつつ、世界の人口の5分の1を占める中国人に、文字通りオンデマンドでサービスを提供できるテクノロジーソリューションを構築した。これで、総合データ分析ソリューションを備えた、中国での商業的分子アッセイあるいは各種サービスの提供を開始できる有望なパイプラインの準備が整った」と言葉をつないだ。

▽BlueBeeについて

BlueBeeは、ゲノミクスやマルチオミックスのデータ分析用のサンプルからインサイトまでを網羅するグローバル・バイオインフォマティクス・プラットフォームを提供している。BlueBeeは、B2Bパートナークライアント向けに、(1)HIPAA(米国)、HDS/ASIP(フランス)、NEN 7510(オランダ)、NHS-IGSOC(英国)、その他のグローバルな健康コンプライアンス要件を含む健康コンプライアンス(2)GDPRを含むデータ保護規制(3)ISO 27001を含む情報セキュリティおよび品質認証、およびオプションとして医療機器向けのISO 13485品質管理-に適合した、目的に合った商用データソリューションをつくっている。BlueBeeは、精密医療の推進という使命を共有する臨床診断、治療、研究分野の分子アッセイ・サービスプロバイダーにサービスを提供している。BlueBeeソフトウエアソリューションは、ごく最近加わった中国本土を含め、世界中で展開可能である。BlueBeeの最新情報を入手するには、TwitterとLinkedInで@bluebeegenomicsのフォローを。

▽問い合わせ先

Michelle Garred

VP Global Marketing

email: michelle.garred@bluebee.com

+1-844-662-3511

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/951551/BlueBee_Logo.jpg

ソース:BlueBee Corporation

BlueBee Establishes Data Center in Mainland China, Expanding Global Coverage for its Genomics Data Platform

PR80951

RIJSWIJK, Netherlands, October 9,2019/PRNewswire=KYODO JBN/

BlueBee, a global bioinformatics solutions provider, has extended data operations

to mainland China to serve genomic data processing needs in compliance with

The Chinese Ministry of Health and Technology. This strategic move will serve

existing and new BlueBee customers who integrate bioinformatic data solutions

with their analytical instruments, omics assay technology, or high-throughput

laboratory services. BlueBee expects that this investment will result in mutual

growth for BlueBee and its partner clients due to immediate demand from its

existing customer base and projected growth of the Chinese genomics market.    

Many geographical regions require that personal health information (PHI), which

includes genomics data, and personal identification information (PII), remain

within the regional border. Because of this, BlueBee continues to build its global

infrastructure for omics-related health data. Currently the BlueBee Genomics

Platform is enabled in over 50 countries, and beyond, in virtually any defined

“region” on demand. Geographical regions that are enabled to date include:

in Europe: France, Belgium, The Netherlands, England, Germany, Italy, Denmark,

Finland; in the Americas: USA, Canada, Brazil; and in Asia Pacific: China, Australia,

Japan, South Korea, Hong Kong, Singapore, Taiwan.

A single BlueBee data solution can span any number of discrete geographies

while still achieving regional data residency and compliance. This includes a

“single window” orchestration layer, which presents a global, centralized view

of all data operations on the BlueBee platform. This means that distributed

operations of a global assay or service provider can be accessed in real time

from virtually anywhere on the globe.

“We were drawn to setting up our mainland China data center to meet the demands

of  partner clients,” says Hans Cobben, CEO BlueBee. “Serving the global community

remains at the helm of our mandate, and we built a technology solution that is literally

capable of serving the Chinese population—which represents a fifth of the world’s population,

on demand, while meeting data compliance requirements. We are now poised with a pipeline

of prospects looking to launch commercial molecular assay or service offerings in China with

an integrated data analytics solution,” Cobben adds.

About BlueBee

BlueBee offers a global bioinformatics platform to span sample to insights for analysis

of genomics or multiomics data. BlueBee configures fit-for-purpose, commercial data

solutions for its B2B partner clients to meet; 1) Health compliance offerings including

HIPAA (US), HDS/ASIP (FR), NEN 7510 (NL), NHS-IGSOC (UK) and other global health

compliance requirements; 2) Data protection regulations including GDPR; and 3)

Information security and quality certifications including ISO 27001 and an option for

ISO 13485 quality management to serve medical devices. BlueBee serves molecular

assay and service providers in clinical diagnostics, therapeutics, and research with

a shared mission—to power precision medicine. BlueBee software solutions are available

for deployment globally, including most recently—mainland China.

To stay up to date with BlueBee, follow @bluebeegenomics on Twitter and LinkedIn.

Contact person:

Michelle Garred

VP Global Marketing

email: michelle.garred@bluebee.com

+1-844-662-3511

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/951551/BlueBee_Logo.jpg

SOURCE: BlueBee Corporation

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中