プライマリーケアでスマホと自動AIを使った糖尿病性網膜症のスクリーニングは高感度

Remidio Innovative Solutions Pvt Ltd

2019/10/10 16:27

プライマリーケアでスマホと自動AIを使った糖尿病性網膜症のスクリーニングは高感度

AsiaNet 80963(1933)

【ベンガルール(インド)2019年10月10日PR Newswire=共同通信JBN】

*Remidio Innovativeが革新的研究で報告

米国や欧州連合(EU)でさえも、糖尿病患者のほぼ50%は毎年、目の検査を受けていない。多くの国では、実際に拡張網膜検査を完了するのは、かかりつけ医によって眼科医に紹介された患者の10%未満である。

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/652990/Remidio_Logo.jpg

Photo: https://mma.prnewswire.com/media/1008218/Retinal_Cameras_Remidio_Innovative.jpg

技術は、かかりつけ医に力を与える役割を果たすことができる。プライマリーケアに基づく糖尿病性網膜症(DR)のスクリーニングは早期発見を可能にし、世界の4億2500万人近くの糖尿病患者のDRによる失明を回避することができる。

JAMA Ophthalmologyで報告された研究によると、インドのムンバイにあるAditya Jyot Foundation for Twinkling Little Eyesのチームは、Remidio Innovative Solutionsのスマートフォンベースの網膜カメラでムンバイの民間診療所の糖尿病患者を検査し、DRを検出するための統合Medios AIの診断精度を検証した。Medios AIはスマートフォン上で推論を行い、10秒以内に網膜診断リポートを提供する。

Remidioのスマートフォンカメラで撮影された画像は、Medios AIによる自動分析を受けた。画像は同時に、硝子体網膜の専門家によって等級付けされた。Medios AIは、畳み込みニューラルネットワークに基づく2つの異なるアルゴリズムで構成されている。1つは画質を評価し、もう1つは参照可能なDR(RDR)を使用して健康な画像を分離する。

Medios AIアルゴリズムの臨床的感度と特異性は、RDRではそれぞれ100%と88.4%、DRではそれぞれ85.2%と92.0%で、米食品医薬品局(FDA)の優位性エンドポイントであるRDRの感度85%と特異性82.5%を上回っている。

Johns Hopkins Bloomberg School of Public Healthの眼科准教授であるT.Y.アルビン・リュー博士は招待解説の中で、この研究を「パラダイムをシフトさせるもの」と呼んでいる。

同研究の主執筆者であるナタラジャン博士は「この研究は、インターネットインフラストラクチャーのない場所であっても、DRのスクリーニング用大規模モデルの実装に道を開く。GoogleなどのAI企業が採用しているアプローチは外部サーバー上でAIモデルを実行しなくてはならず、インターネットアクセスを必要としている。この研究はこれらのアプローチに先んじている」と述べた。

デバイスと自動AIは、CEマークが付けられており、EUで使用することができる。同じデバイスを検証するこれまでの臨床研究は、Nature EyeおよびOphthalmology Retinaで発表されている。

▽Remidio Innovative Solutionsについて

Remidioは世界初の統合眼科デバイスおよび人工知能の企業であり、特許取得済みの使いやすい製品を使用し、世界的に視覚スクリーニングに影響を与えている。

詳しい情報はhttp://www.remidio.com/ を参照。

▽メディア関係問い合わせ先  

Media contact

Alok Raj K

+91-7353539000

alokraj@remidio.com

ソース:Remidio Innovative Solutions Pvt Ltd

Path-breaking Study Reports High Sensitivity in Diabetic Retinopathy Screening Using Smartphones and Automated-AI in Primary-Care: Remidio Innovative

PR80963

BENGALURU, India, Oct. 10, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

    Nearly 50% of patients with diabetes fail to get an annual eye examination done even

in the US and EU. In many countries, less than 10% of patients referred to ophthalmologists

by their primary-care physicians actually complete a dilated retinal examination.

    Logo: https://mma.prnewswire.com/media/652990/Remidio_Logo.jpg

    

    Photo:

https://mma.prnewswire.com/media/1008218/Retinal_Cameras_Remidio_Innovative.jpg

    

    Technology can play a role in empowering primary-care physicians.

Primary-care based Diabetic Retinopathy (DR) screening can enable early

detection, avoiding blindness due to DR for close to 425 million people living

with diabetes globally.

    

    In a study reported in JAMA Ophthalmology, a team from Aditya Jyot

Foundation for Twinkling Little Eyes, Mumbai, India, screened patients with

diabetes mellitus in civic dispensaries in Mumbai with smartphone-based retinal

cameras from Remidio Innovative Solutions and validated the diagnostic accuracy

of the integrated Medios AI to detect DR. Medios AI provides a retinal diagnosis

report in less than 10 seconds, with inferencing done right on the smartphone.

    

    The images captured on Remidio's smartphone camera were subjected to

automated analysis by Medios AI. They were simultaneously graded by

vitreoretinal specialists. The Medios AI is composed of two different algorithms

based on convolutional neural networks, one assessing the image-quality,

and the other separating healthy images from images with referable DR (RDR).

    

    The clinical sensitivity and specificity of the Medios AI algorithm were found

to be 100% and 88.4% for RDR, 85.2% and 92.0% for any DR respectively,

exceeding FDA's superiority end points of an RDR sensitivity of 85% and

specificity of 82.5%.

    

    Dr. T.Y. Alvin Liu, MD, Assistant Professor, Ophthalmology at Johns Hopkins

Bloomberg School of Public Health, in an invited commentary, calls the study

"paradigm-shifting".

    

    Dr. Natarajan, the lead author of the study, opines, "The study paves the

way in implementing large-scale models for screening for DR, even in locations

with no Internet infrastructure. This is a step ahead of the approach taken by

Google and other AI companies that need their AI models to run on external

servers, necessitating Internet access."

    

    The device and automated AI are CE marked and available for use in the EU.

Previous clinical studies validating the same device were published in Nature

Eye and Ophthalmology Retina.

    

    About Remidio Innovative Solutions:

    Remidio is the world's first integrated ophthalmic device and Artificial

Intelligence company that uses its patented and easy-to-use products to impact

vision screening, globally. For more information, visit: http://www.remidio.com/

    

    Media contact

    Alok Raj K

    +91-7353539000

    alokraj@remidio.com

    Source: Remidio Innovative Solutions Pvt Ltd

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中