CATLとVWCOが世界の商用車の電動化加速で連携

CATL

2019/10/15 13:06

CATLとVWCOが世界の商用車の電動化加速で連携

AsiaNet 81007 (1955)

【サンパウロ2019年10月14日PR Newswire=共同通信JBN】Contemporary Amperex Technology Co. Limited(CATL)(300750.SZ)とラテンアメリカにおけるトラックとバスの最大手メーカーの1つ、Volkswagen Caminhoes e Onibus(VWCO)は、長期戦略的協力契約を締結した。CATLは、バッテリーの開発、製造、リサイクル、二次使用など、VWCOの電動化のための包括的バッテリーソリューションを提供していく。契約によれば、パートナーシップはVWCOの電気自動車シリーズで、ラテンアメリカ初の100%電気駆動の小型トラックであるe-Deliveryから開始される。CATLの標準LFP(リン酸鉄リチウム)バッテリーパックを搭載したe-Deliveryの11トン、14トンモデルが、間もなく2020年にグローバル市場に投入される。

▽並外れたLFPとCTPの採用 - CATL最新の標準CV製品

協力の成果である電動トラックは、商用車専用に設計されたCATLの標準バッテリーパックの最新モデルが使用される。同製品は、並外れた長いサイクル寿命と最大800℃の高い熱暴走温度を特徴とするLFP化学システムを使用しており、安全性と信頼性において卓越した性能を発揮する。CATLのバッテリー製品は、外部火災、振動、クラッシュ、その他の危険な状況といった300以上のテスト項目で検証されており、このバッテリーパックは最後まで使用することを想定したシミュレーションで各国内基準を満たし、さまざまな現実的アプリケーションシナリオの要件に合致し、IP68レベルの防水/防塵機能が備わっていることが確認されている。

この全く新しい製品は、70以上のコア特許を含む最先端のCell-to-Pack(CTP)テクノロジーを採用することにより、従来のモジュール部品を取り外して統合効率を75%から90%に高め、最終的に160Wh/kgという高いシステムエネルギー密度を達成した。さらに、ブラジルの高温多湿の環境に適合するよう、バッテリーパックには冷却プレートが組み込まれている。高いシステムエネルギー密度、低コスト、長いサイクル寿命、より高い効率性というメリットのあるCATLのバッテリーを使用したe-Deliveryは、総所有コスト(TCO)を削減し、消費者により優れたユーザー体験を提供できる。

▽国際提携はCVの電動化を共に促進

このパートナーシップは、VWCOと選ばれたサプライヤーが提携し、商用車(CV)部門での電気技術へのアクセスを促す、先駆的なe-Consortiumの一環でもある。この提携でVWCOやその他のパートナーと協力することにより、CATLは唯一のリチウムイオン電池サプライヤーとして、電気モビリティー(eモビリティー)エコシステムを共に構築するための先進的かつ信頼性の高いバッテリーソリューションを提供する。

CATLの周佳社長は「当社は、強力な技術的地位とグローバルプレゼンスを常に活用し、eモビリティーに高効率で信頼性の高いバッテリーソリューションを提供している。当社は、乗用車分野での成功を超えて、成功体験と専門知識を電動トラックにも拡大し続けている。VWCOと協力し、e-Consortiumに参加することは、持続可能な開発をグローバルに進めていくという共通のコミットメント実現のための重要な要素だ」と語った。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191014/2609557-1-a

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191014/2609557-1-b

ソース:CATL

画像添付リンク

http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=347492

http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=347494

CATL and VWCO Collaborate to Speed up Global Commercial Vehicle Electrification

PR81007

SAO PAULO, Oct. 14, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Contemporary Amperex Technology Co. Limited (CATL) (300750.SZ) and Volkswagen

Caminhoes e Onibus (VWCO), one of the largest producers of trucks and buses in

Latin America, have concluded a long-term strategic cooperation agreement. CATL

is going to offer the comprehensive battery solutions for the electrification of VWCO,

including battery development, manufacturing, as well as recycle and secondary use.

According to the agreement, the partnership will be started with e-Delivery,

which is VWCO's electric vehicle series as well as the first 100% electric powered light

truck in Latin America. Equipped with CATL's standard LFP (lithium iron phosphate)

battery packs, e-Delivery 11 and 14-ton models will be launched to global market soon in 2020.

Remarkable LFP and CTP application - the latest standard CV product of CATL

The cooperated electric trucks will be applied with the latest model of

standard battery pack in CATL that is specifically designed for commercial

vehicles. Using the LFP chemistry system, which features exceptional long cycle

life and high thermal runaway temperature of up to 800C, the product has

outstanding performance in safety and reliability. CATL battery products have

been verified by more than 300 testing items such as external fires, vibration,

crush, and other hazards as well as simulating lifelong working conditions to

meet local standards and satisfy the requirements of different real application

scenarios, and enable the IP68 level of water/dust proof capability on this

standard battery pack.

By adopting the cutting edge cell-to-pack (CTP) technology, which includes more

than 70 core patents, conventional module parts could be removed to increase

integration efficiency from 75% to 90%, and to ultimately achieve a system

energy density that as high as 160Wh/kg in this brand new product. Besides,

the cooling plate is also integrated to ensure the battery pack is suitable for the

hot and humid environment in Brazil. Benefit from high system energy density,

lower cost, longer cycle life and better efficiency, e-Delivery with CATL battery is

providing lower total cost of ownership (TCO) and better user experience for consumers.

International alliance promotes CV electrification together

The partnership is also a part of the pioneering e-Consortium, an alliance established

between VWCO and selected suppliers for facilitating access to electric technology in

the commercial vehicle (CV) sector. By working with VWCO and other partners in

this alliance, CATL, as the only lithium-ion battery supplier, will offer advanced and

reliable battery solutions to build an electrical mobility (e-mobility) ecosystem together.

"We are constantly leveraging our strong technological position and global

presence through providing highly efficient and reliable battery solution to

e-mobility. Beyond the success in passenger vehicle field, we keep extending

the successful experience and expertise to electric trucks as well," Zhou Jia,

President of CATL, said, "Cooperating with VWCO and being a part of the

e-Consortium are the key elements of realizing our shared commitment in global

sustainable development."

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191014/2609557-1-a

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191014/2609557-1-b

SOURCE: CATL

Image Attachments Links:

http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=347492

http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=347494

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中