アクシスコミュニケーションズ:ビデオ監視ではプライバシー保護が優先事項に

アクシスコミュニケーションズ(Axis Communications)

2019/10/23 10:53

アクシスコミュニケーションズ:ビデオ監視ではプライバシー保護が優先事項に

AsiaNet 81164

【東京2019年10月23日PR Newswire】

*映像監視におけるプライバシーとコンプライアンスの両立を可能にするテクノロジー

アクシスコミュニケーションズ(Axis Communications)はビデオ監視の際の人々のプライバシー保護をこれまでより容易なものとしている。ビデオ監視の使用はさらに普及しており、人々の権利に関する社会的な認知は、欧州の一般データ保護規則(GDPR)や米国の連邦情報セキュリティマネジメント法(FISMA)による取り組みによって、高くなっている。各組織はそのブランド認知を守るためにもプライバシー保護の方法について示すだけでなく、ルールや規制を順守する必要に迫られている。アクシスではライブと録画ビデオの両方で、人々のプライバシー保護を支援するテクノロジーを複数提供することでこれを支援している。

▽静的マスキング

静的マスキングはアクシス・ネットワークビデオ製品の標準的な特徴として長く利用されており、監視する必要も権限もない領域を定義して、それがカメラ映像内にある状況では理想的である。ここでは映像内の選択された領域に恒久的なマスクをかける方法を取っている。このマスクはカメラの全ての映像ストリームに焼き付けられるので、映像の生成後にマスクを解除する方法がないことから、プライバシーが要求される場所でのプライバシーを保証している。

▽モザイクによるマスキング

従来の静的プライバシーマスクには不明瞭なブロックを用いたマスキング方法がある。アクシスの比較的新しいカメラでは、これと共にモザイクによるマスキング技術をサポートし、カメラ映像内に定義された領域を非常に低い解像度で表示することができる。これにより、マスクされた領域において、おおよその動きを見ることはできるが個人を識別できる詳細までは見ることができないようになっている。この静的モザイクプライバシーマスクはアクシスの固定カメラだけでなく、AXIS Q6075 PTZネットワークカメラ(https://www.axis.com/ja-jp/products/axis-q6075 )といった新しく発売されたパン/チルト/ズーム(PTZ)カメラでも使用することができる。

▽動的プライバシーマスキング

AXIS Live Privacy Shield(https://www.axis.com/ja-jp/products/axis-live-privacy-shield )において適用される動的プライバシーマスキングは、映像内の活動や動きをユーザーが監視することを可能にしながら、ライブあるいは録画の各映像で動く人や物を特定できないようにすることでプライバシーを保護するオプションである。AXIS Live Privacy Shieldは一部のAxisのカメラで作動する分析アプリケーションで、良好で安定した照明がある、屋内環境での使用に適している。動的マスキングがライブあるいは録画映像において恒久的である一方、このアプリケーションは、必要な場合は動的マスキングの無い別のストリームを同時に配信することができる。こうした柔軟性により、防犯目的の権限を持つユーザーが、動的マスキングなしで映像を見ることができる。

▽切り出し前の映像処理

映像処理はAXIS Camera Station(カメラステーション)(https://www.axis.com/ja-jp/products/axis-camera-station )ビデオ管理ソフトウエアの機能のひとつで、第三者と共有する前の段階で人や物、無関係な被写体に簡単な操作でマスキングすることができる。

▽アクシスコミュニケーションズ(Axis Communications)について

アクシスは、セキュリティの向上とビジネスの新しい推進方法に関する洞察を提供するネットワークソリューションを生み出すことで、よりスマートでより安全な世界の実現を目指しています。ネットワークビデオ業界をけん引するリーダーとして、アクシスは映像監視、インテリジェントアプリケーション、アクセスコントロール、音声システムなどに関連する製品とサービスを提供しています。アクシスは50ヶ国以上に3,000人を超える熱意にあふれた従業員を擁し、世界中のパートナーと連携することで、カスタマーソリューションをお届けしています。アクシスは1984年に創業し、スウェーデン・ルンドに本社を構えています。より詳しい情報はwww.axis.comをご覧ください。

Logo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190614/2496809-1logo

ソース:Axis Communications

(日本語リリース:クライアント提供)

Axis Communications: Privacy protection becomes a priority in video surveillance

PR81164

TOKYO, Oct. 23, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/--

Organizations can ensure privacy and compliance through technology

Axis Communications is making it easier than ever to protect people's privacy

when undertaking video surveillance. While the use of surveillance is becoming

more widespread, public awareness over their rights has been heighted by

initiatives like GDPR in Europe and FISMA in the US. Organizations have to show

how they are safeguarding privacy to not only protect their brand perception,

but also comply with rules and regulations. Axis provides technologies that

help protect people's privacy both in live and recorded video.

Logo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190614/2496809-1logo

Static masking

Long available as a standard feature with Axis network video products, static

masking is ideal in situations where there is a defined area of a camera view

where you have no need or right to monitor. It permanently masks a selected area

from view. Since the mask is burned into all video streams from the camera, there is

no way to unmask it once the video is generated, guaranteeing privacy where required.  

Masking with mosaic

The traditional static privacy mask involves masking with opaque blocks. Newer

Axis cameras support this as well as a mosaic masking technology that allows a

defined area in the camera view to be shown in very low resolutions. It makes

it possible to roughly see movements in the masked area but not personally

identifiable details. This static mosaic privacy mask is now available not only

in Axis fixed cameras, but also in pan-tilt-zoom (PTZ) cameras like the newly

launched AXIS Q6075 PTZ Network Cameras(https://www.axis.com/products/axis-q6075 ).

Dynamic privacy masking

As reflected in AXIS Live Privacy Shield(https://www.axis.com/products/axis-live-privacy-shield ),

dynamic privacy masking is an option that safeguards privacy by anonymizing moving

objects in live or recorded video while allowing users to monitor activities or movements.

AXIS Live Privacy Shield is an analytics application that works in selected Axis cameras

and is ideal for use in indoor environments with good, stable lighting. While the dynamic

masking is permanent in live or recorded video, the application can simultaneously support

a separate stream without dynamic masking, if required. This flexibility allows authorized users

to view video without dynamic masking for forensic purposes.

Video Redaction before export

Video redaction is a feature in AXIS Camera Station

(https://www.axis.com/products/axis-camera-station ) video management software,

making it easy to mask objects and innocent bystanders before sharing with third-parties.

About Axis Communications

Axis enables a smarter and safer world by creating network solutions that provide insights

for improving security and new ways of doing business. As the industry leader in network

video, Axis offers products and services for video surveillance and analytics, access control,

and audio systems. Axis has more than 3,000 dedicated employees in over 50 countries

and collaborates with partners worldwide to deliver customer solutions. Axis was founded

in 1984 and has its headquarters in Lund, Sweden. For more information,

please visit www.axis.com.

SOURCE  Axis Communications

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中