武漢ミリタリーワールドゲームズが平和勢力を引き寄せる

The Executive Committee of the 7th CISM Military World Games

2019/10/29 14:33

武漢ミリタリーワールドゲームズが平和勢力を引き寄せる

AsiaNet 81312 (2123)

【武漢(中国)2019年10月28日新華社=共同通信JBN】世界中の参加者により挙行された2019ミリタリーワールドゲームズ(Military World Games)は、平和への信念と平和勢力をさらに強化した。第7回ミリタリーワールドゲームズの燃え盛る炎は消えた。第7回CISMミリタリーワールドゲームズの実行委員会によると、平和を促進し栄光を求めるため、世界中から1万人近い軍人アスリートが「川と湖の都市」武漢に集まった。彼らはフェアに競い、フィールドで懸命に戦い、一方でフィールドの外では友だちになり、お互いを励まし合った。

このイベントを通じて、「スポーツの太陽」は戦争の影を払拭し、異文化間のコミュニケーションを促進し、平和を求める人々の心を結び付けた。武漢は交通の中心地として、中国の特徴を世界に印象付けた。世界中のアスリートが最大限の力で軍功を誇示した。この素晴らしい大会は、友情を分かち合い、平和を構築する1章を生み出した。

ミリタリーワールドゲームズの新たな1章

大会で強調されたテーマは平和と協力である。

「壮観で見事かつスリリング」なオープニングセレモニー「平和のたいまつ」は、戦争で被害を受けてきた中国人が長年に渡って平和を希求し、それを心から望んでいることを、より多くの人々に知らしめた。

「軍」を意味する漢字「武」は、「やめる」という意味の「止」と「矛」という意味の「戈」という2つの文字で構成されている。武漢のある荊楚地域は2000年前、軍は武器の使用をやめさせるために使われるという古代中国の哲学を提唱した。ミリタリーワールドゲームズは、第2次世界大戦の戦勝50周年と中国が東洋のファシズムに対する主戦場であるという事実を記念して始められた。International Military Sports Council、CISM)(国際ミリタリースポーツ評議会)のエルベ・ピッチリーロ会長は、大会を中国で初めて開催したのは、世界における和平プロセスへの中国の貢献を反映したものだ、と述べた。

2015年5月に大会誘致に成功して以来、中国政府と軍は「グリーン、包括的、オープン、クリーン」な大会の開催という原則を忠実に守ってきた。グローバルな視点と中国の特徴を統合し、全ての準備作業が高い水準で完了した。

武漢で軍功を分かち合うため、世界中のアスリートが集まった。109カ国から1万人近くのアスリートが、27競技・329種目で構成される大会に参加した。競技、宿泊施設、レセプションは五輪に相当する基準で計画され、全ての国のアスリートが友情を分かち合い、共に平和を築くための幅広いプラットフォームを整えた。

CISMミリタリーワールドゲームズ史上初めて、大会は軍事基地内に限定せずに、一般にも公開された。新設のアスリート村を呼び物とする初の大会だった。また、全競技が1つの都市で開催されたのは初めてであり、全代表団にオールラウンドのボランティアサービスが提供されたのも初めてだった。ピッチリーロ氏は、大会はどのワールドクラスのスポーツイベントと比べても最大規模だと指摘、武漢大会は軍事的準備、平和維持活動、世界的な軍事交流にとってのスポーツの重要性を世界に認識させるだろうと付言した。

武漢大会は、ミリタリーワールドゲームズの歴史の中で中国に対する明確な評価を残し、中国中部の重要都市である武漢を、国際的な大都市になるべくペースを加速する情熱にあふれさせた。

開会式後、5万人以上の観客と1万人以上のキャストメンバーが整然と会場を離れたが、ほとんど全てのゴミが会場から運び出された。計2万6000人のボランティアが採用されたが、応募者数は9万人を超えた。多くの会場でチケットが完売し、満席になった。集まった大勢の人々の歓声は、同市のホスピタリティーを示した。

平和勢力の構築

車椅子に座ってアーチェリー競技に参加したイタリアの兵士、ロベルト・プンツォ氏は、競技の間中、地元の観客から最高の拍手と尊敬を受けた。

2006年、爆発に見舞われた時、彼は平和維持の任務に就いていた。負傷により、この元パイロットは永久に歩くことができなくなった。プンツォ氏の人生の最も暗い時に、彼を奮い立たせ、自信を取り戻させるきっかけをつくったのはスポーツだった。

兵士たちは戦争をもたらすためではなく、全人類の平和を維持するためにそこにいるのだ、と55歳のプンツォ氏は語った。「私は戦争で負傷した。そして私は、誰よりも平和を切望している」

ミリタリーワールドゲームズは、平和を記念し、友情を広げるために始められた。これは、さまざまな国の軍隊が自らのイメージを表現し、友情を深め、影響力を拡大するための重要なプラットフォームになった。

大会のアスリートスタンドにいるさまざまな国のアスリートは、お互いを知らなかったかもしれないが、数分後にはお互いを見て笑い、手をたたくことができた。スポーツマンシップは、翻訳を必要としない普遍的な言語である。大会村の平和と友情の壁は、世界平和を祈る言葉、中国や友情への愛がさまざまな言語で満ちあふれていた。

大会期間中、武漢の世界中の15の姉妹都市の市長が、大会を応援し、平和をたたえる手紙を送った。

ハンガリーのジェール市長のゾルト・ボルカイ氏は「私は元兵士そして五輪チャンピオンとして、このイベントが都市にとって何を意味するのか、スポーツ界やアスリートにどのようなメッセージを送るのかを知っている」と語った。

武漢は過去40年にわたり、50を超える国の110以上の都市と姉妹都市関係を結んできた。5大陸にまたがるこの「友人の輪」は、平和的発展と友好拡大に対する中国の強い支持の縮図である。

共通の哲学が追求される時、世界平和は達成される。平和が広がっている限り、世界は繁栄するだろう。

この素晴らしく、並外れた、注目に値する軍事スポーツイベントは、人々に軍備強化を図る軍の新しい一面を示した。また、中国国民の国家活性化に向けた大いなる機運を明らかにし、中国と世界中の人々は人類の未来を共有するコミュニティーづくりのために力を合わせているとの確固たる信念を伝えた。

ソース:The Executive Committee of the 7th CISM Military World Games

画像添付リンク

http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=349119

Wuhan Military World Games draw peace forces closer

PR81312

WUHAN, China, Oct. 28, 2019 /Xinhua=KYODO JBN/--

The 2019 Military World Games, celebrated by participants from across the world,

have further strengthened the belief in and forces for peace. The blazing flame of

the 7th Military World Games has gone out. According to the Executive Committee

of the 7th CISM Military World Games, nearly 10,000 military athletes from all over

the world gathered in Wuhan, the "city of rivers and lakes," to promote peace and

seek glory. They competed fairly and strove hard on the field, while making friends

and encouraging each other off the field.

The event let the "sunshine of sports" to dispel the shadow of war, foster communications

between different cultures and bring together people's hearts for peace. As a transport hub,

Wuhan impressed the world with Chinese characteristics. Athletes across the globe displayed

the military glory with utmost efforts. The wonderful Games have created a chapter of sharing

friendship and building peace together.

A new chapter for Military World Games

Peace and cooperation are the theme highlighted during the Games.

The "spectacular, stunning and thrilling" opening ceremony "Torch of Peace"  

allowed more people to learn that the Chinese people, who have suffered from war,

have a long-lasting pursuit of peace and a deep desire for it.

"Wu", the Chinese character for "military", is made of two other characters -

"Zhi" meaning "end" and "Ge" meaning "spear." As early as 2,000 years ago,

the Jingchu region, where Wuhan lies, put forward the ancient Chinese philosophy

that the military is employed to stop the use of arms. The World Military Games

was initiated to commemorate the 50th anniversary of the victory of World War II,

and the fact that China is the main battlefield against fascism in the east.

The Games were held in China for the first time, reflecting China's contribution to

the peace process on the world stage, said Herve Piccirillo, president of the International

Military Sports Council (CISM)."

Since its successful bid to host the Games in May 2015, the Chinese government and

military have adhered to the principle of hosting "green, inclusive, open and clean" Games.

With the integration of a global perspective and Chinese characteristics, all the preparatory

work had been completed to a high standard.

Global athletes gathered to share military glory in Wuhan. Nearly 10,000 athletes

from 109 countries participated in the Games made up of 27 major sports and 329 events.

Competitions, accommodations and receptions were organized by standards comparable

to the those for the Olympic Games, setting up a broader platform for athletes from

all countries to share friendship and build peace together.

For the first time in the CISM Military World Games history, the Games were open to the public,

instead of being confined to the military bases. It was the first Games to feature a newly-built

athletes' village. Also, it was the first time that all competitions have been held within one city,

and the first time that all-round volunteer services were offered to all delegations.

The Games is the largest of its kind, comparable to any world-class sporting event, said Piccirillo,

adding that the Wuhan Games would make the world aware of the importance of sports for

military preparations, peacekeeping operations and global military exchanges.

The Wuhan Games left a distinct Chinese mark in the history of the Military World Games,

which also made Wuhan, an important city in central China, full of passion to accelerate

its pace towards becoming an international metropolis.

After the opening ceremony, more than 50,000 spectators and more than 10,000 cast members

left the venue in an orderly manner, while almost all the rubbish was taken away from the venue.

A total of 26,000 volunteers were recruited, while the number of applicants exceeded 90,000.

Many of the games were packed to capacity with tickets sold out. The cheers from the crowd

showed the city's hospitality.

Building up peace forces

Roberto Punzo, an Italian soldier who attended the archery competition sitting in a wheelchair,

received the best of applause and respect from the local spectators all through his contest.

In 2006, he was on a peacekeeping mission when he was hit by an explosion.

The injury left the former pilot permanently unable to walk. In the darkest moments

of Punzo's life, it was sport that inspired him to lift his spirits and regain his confidence.

Soldiers are not there to bring war, but to keep the peace of all mankind, said the 55-year-old.

"I've been wounded in war, and I long for peace more than anyone else."

The Military World Games was initiated to commemorate peace and spread

friendship. It has become an important platform for military forces of various

countries to display their images, enhance friendship, and expand influence.

In the athletes' stands of the Games, athletes from different countries may not

have known each other, but they could look at each other, laugh and clap their

hands just minutes later. Sportsmanship is a universal language that doesn't

require translation. The wall of peace and friendship in the Games village was

full of good wishes for world peace, love for China and friendship in various languages.

During the Games, the mayors of Wuhan's 15 sister cities around the world sent

letters to cheer for the Games and applaud for peace.

"As a former soldier and Olympic champion, I'm aware of what this event means

for a city and what kind of message it sends to the sports world and the athletes,"

said Zsolt Borkai, mayor of Gyor, Hungary.

Over the past 40 years, Wuhan has formed sister cities with more than 110 cities

in over 50 countries. This "circle of friends," which spans five continents,

is a microcosm of China's adherence to peaceful development and expanding friendship.

Global peace will be achieved when a common philosophy is pursued.

The world will prosper as long as peace prevails.

This splendid, extraordinary, and remarkable military sports event showed the

new look of the people's armed forces as they strengthen their armed forces.

It also revealed the great momentum of the Chinese nation toward national

rejuvenation, and conveyed the firm belief that China and people around the

world are working together to build a community with a shared future for mankind.

SOURCE: The Executive Committee of the 7th CISM Military World Games

Image Attachments Links:

http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=349119

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

The 2019 Military World Games

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中