「タイ北部 “FURUSATO”環境保全プロジェクト」第2期を開始

花王

2019/11/13 10:00

2019年11月13日

花王株式会社

「タイ北部 “FURUSATO”環境保全プロジェクト」第2期を開始

花王株式会社(社長・澤田道隆)は、今年4月より、「タイ北部“FURUSATO”環境保全プロジェクト」の第2期を開始しました。第1期を引き継ぐプロジェクトで、公益財団法人オイスカの協力のもと実施しています。第1期に植林した地区で引き続き環境保全を行ない、収入向上につながる作物の栽培を開始します。また、近隣の新たな地区で植林を実施することで、地域の人々の生活に貢献していきます。

花王は2012年4月から2017年3月までの5年間、「タイ北部“FURUSATO”環境保全プロジェクト」に取り組みました。社会問題化しているタイ北部の急激な森林の減少や土壌劣化による水害などの環境問題改善をめざし、行政の担当者、地域の人々、近隣の学校の生徒や花王グループ社員によって、約35ヘクタールの土地に42,500本を植林しました。同時に、森林を守り育てる人材を育成するため、環境教育を実施。植林地の日々の管理保全は、地域住民の手で自主的に行なわれるようになりました。

第1期プロジェクトを通して、地域の人々の環境保全に対する意識が高まったことで、森を適切に管理し、生活の基盤づくりに生かそうという機運が生まれました。2019年4月に開始した第2期プロジェクトでは、第1期に植林した地域で、作物の栽培を開始。地域の人々に対し、栽培に関する知識や技術の取得の機会を提供し、収穫した作物の販売による収入向上を支援します。また、新たな地域での植林も実施します。こうした活動を通して、地域の人々の生活の中で、形成された森林が持続的に維持、活用されることをめざします。

花王は、 2019年4月にESG戦略「Kirei Lifestyle Plan」(キレイライフスタイルプラン)を発表しました。今回の「タイ北部“FURUSATO”環境保全プロジェクト」を含めた、花王らしいESG活動をグローバルに展開し、世界の人々の喜びと満足のある豊かな生活文化を実現するとともに、社会のサステナビリティ(持続可能性)の貢献に取り組んでまいります。

「タイ北部“FURUSATO”環境保全プロジェクト」第2期概要

【実施期間】

2019年4月~2022年3月(3年間)

【実施場所】

タイ北部、チェンライ県チェンコン郡 リムコン地区

【取り組み内容】

1. 年間およそ3ヘクタールの植林の実施(3年で計9ヘクタール)

第1期同様に、住民を主体とした植林を実施。植林地の準備作業、植林、その後の管理作業(年3回の草刈)、防火帯づくり、山林火災対策などを実施。

2. 収入向上につながる作物の栽培

第1期で形成した森林の約1.6ヘクタールの土地で、アグロフォレストリー*1として、竹(タケノコ)、しょうが、バナナなどの作物を栽培。栽培に関する知識と技術を提供し、収穫した作物の販売による住民の収入向上を支援する。

*1 樹木を植栽し、樹間で家畜・農作物を飼育・栽培する農林業

【企画・運営】 

公益財団法人オイスカ、オイスカタイランド

公益財団法人オイスカおよびオイスカタイランドについて

公益財団法人オイスカは、1969年に設立され、主にアジア・太平洋地域で農村開発や環境保全活動を展開しています。特に人材育成に力を入れ、各国の青年が地域のリーダーとなれるよう、農業や環境保全活動を通じた研修を行なっています。国内では、農林業体験やセミナー開催などによる啓発活動や、植林および森林整備による環境保全活動を展開しています。

オイスカインターナショナル・タイ総局(オイスカタイランド)は、1975年にタイ東北部のスリン県で活動を開始して以来、植林活動・環境教育・人材育成・農業・交流事業分野の活動を行なっています。近年、経済成長を続ける一方で環境問題が深刻化しているタイにおいて、子どもたちや地域住民のエンパワーメントを特に重視した活動を展開しています。

関連情報

■花王>サステナビリティ>タイ北部“FURUSATO”環境保全プロジェクト

https://www.kao.com/jp/corporate/sustainability/society/environment/furusato-thailand/

■花王のサステナビリティ

https://www.kao.com/jp/corporate/sustainability/

■公益財団法人オイスカ

http://www.oisca.org/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

プレスリリース添付動画

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中