サイバースタビリティー推進の行動を呼び掛け、グローバル委員会(GCSC)が最終報告書発表

The Global Commission on the Stability of Cyberspace (GCSC)

2019/11/13 09:10

サイバースタビリティー推進の行動を呼び掛け、グローバル委員会(GCSC)が最終報告書発表

AsiaNet 81552 (2235)

【パリ2019年11月12日PR Newswire=共同通信JBN】

パリ平和フォーラムで発表されたGCSCの報告書は、サイバースペースの未来の重要な岐路におけるサイバースタビリティーの枠組みと提言を取り上げている

Global Commission on the Stability of Cyberspace(サイバースペースの安定性に関するグローバル委員会、GCSC)は12日、2019年パリ平和フォーラム(https://parispeaceforum.org/program-2019/ )で開催されたパネルの一環として、最終報告書Advancing Cyberstability(サイバースタビリティーの推進)(https://cyberstability.org/wp-content/uploads/2019/11/GCSC-Final-Report-November-2019.pdf )を発表した。オランダのステフ・ブロック外相、フランスのジャンイブ・ルドリアン外相、シンガポールのデービッド・コー・サイバーセキュリティー庁長官が同報告書を発表し、サイバースペースにおける国際的なセキュリティーを強化するための継続中のグローバルな取り組みに関連した結論を提示した。委員会の共同議長であるマイケル・チャートフ、ラサ・レディ両氏は、前議長のマリーナ・カリュランド氏と共に提言を示し、GCSCの戦略的アプローチと作業についてコメントした。

この報告書は、過去3年間に及ぶ同委員会の作業の集大成であり、国際社会とより幅広いエコシステムに対するサイバースタビリティーの枠組み、原則、行動規範、提言を示している。

GCSCの共同創設者であるオランダのステフ・ブロック外相は「28のEU(欧州連合)加盟国は今年これまでに、悪意のあるサイバー活動を標的とする制裁の枠組みを支持した。GCSCは今日、国家および非国家主体の行動に対する一連の規範と原則を確立する。これは、秩序と平和が行き渡らなければならないデジタル空間への重要な貢献である。サイバースペースの安定性は『現実世界』の安定性と直接リンクしているため、このようなサイバースタビリティーの枠組みはこれまで以上に重要である。この多国間プロセスの次のステップは、証拠を集め、ルールを破る者に責任を負わせることである。われわれはともに、説明責任を高め、政府、技術・セキュリティー企業、市民社会の間にあるパズルの全てのピースをつなぎ合わせてなければならない」とコメントした。

同委員会の作業は、サイバースペースでの悪意のある行動の結果としての社会的、政治的不安定性の高まりに対処するという願いから始まった。国家および非国家主体によるサイバー攻撃が増え、巧妙さが増していることで明らかなように、状況はますます悪化し、サイバースペースの恩恵の相当部分が一層の危険にさらされている。このような不安定さを増す環境の中で、国際的なサイバーセキュリティーに関する問題に取り組んでいるコミュニティーの間には相互の理解と認識が明らかに不足している。GCSCは同報告書により、こうした課題に対処するための国際的な取り組みに貢献したいと考えている。

GCSCのマイケル・チャートフ共同議長は「サイバースタビリティーとガバナンスは、密接かつ必然的に結び付いている。デジタル時代が急速に進展する中で、各国政府や社会は、サイバースペースの安定性確保に必要な意思決定プロセスは言うまでもなく、望ましい交流のレベルを欠如している。GCSCの取り組みは他の組織の作業を補完しており、重要な当事者が互いに関与し合い、サイバースペースの安定化に向けて協力することができるように手助けしていく」と付け加えた。

協調的かつ複数の利害関係者が絡むアプローチを強調するこの枠組みは、技術、製品、運用方法を考慮しつつ、全ての利害関係者の間で必要とされる行動変化にも焦点を当てている。

GCSCのラサ・レディ共同議長は「この最終報告書の発表は終わりではなく、提案された原則、規範、提言の実施に向けた新たな広範な取り組みの始まりである。サイバースタビリティーの強化に向けて協力し、受け入れられたプラクティスを採用、実施する責任は全ての利害関係者、すなわち政府、産業、市民社会にある。この賭けはかつてなく大きなものであり、それに見合った対応が不可欠である」と述べた。

GCSCメンバーは報告書の発表後も、それぞれのコミュニティーで啓発、関与を継続していく。これらのグループからのインプットとフィードバックは、国家、非国家双方の専門家との交流を反映しており、同報告書を前に進めていくための基礎を形作っていく。

概要はFact Sheet(http://cyberstability.org/wp-content/uploads/2019/11/GCSC-Fact-Sheet.pdf )を、報告書のコピーはAdvancing Cyberstability(https://cyberstability.org/wp-content/uploads/2019/11/GCSC-Final-Report-November-2019.pdf )を参照。

▽委員会について

2017年のMunich Security Conference(ミュンヘン・セキュリティー会議)で発足したGlobal Commission on the Stability of Cyberspace(サイバースペースの安定性に関するグローバル委員会)の使命は、国際的なセキュリティーと安定性を強化し、サイバースペースにおける責任ある国家と非国家の行動指針となる規範、政策の提案を作り上げることである。委員会は、国際的なサイバーセキュリティーに関連する問題に取り組むさまざまなサイバースペースコミュニティー間の相互の認識と理解を深める手助けをしている。詳しい情報はwww.cyberstability.org を参照。

ソース:The Global Commission on the Stability of Cyberspace (GCSC)

A Call to Action on Advancing Cyberstability: Global Commission (GCSC) Launches Final Report

PR81552

PARIS, Nov. 12, 2019 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Presented at the Paris Peace Forum, GCSC report features a cyberstability

framework and recommendations at a critical juncture in the future of cyberspace

The Global Commission on the Stability of Cyberspace (GCSC) issued today its

final report Advancing Cyberstability[

https://cyberstability.org/wp-content/uploads/2019/11/GCSC-Final-Report-November-2019.pdf],

as part of a panel held at the 2019 Paris Peace Forum[

https://parispeaceforum.org/program-2019/]. Stef Blok, Minister of Foreign

Affairs of the Netherlands, Jean-Yves Le Drian, Minister of Europe and Foreign

Affairs of France, and David Koh, Chief Executive, Cyber Security Agency of

Singapore, launched the report and placed the findings in the context of

ongoing global efforts to enhance international security in cyberspace.

Commission Co-Chairs, Michael Chertoff and Latha Reddy, along with former Chair

Marina Kaljurand, presented recommendations and commented on the strategic

approach and work of the GCSC.

This report represents the culmination of the Commission's work over the last

three years, offering a cyberstability framework, principles, norms of

behavior, and recommendations for the international community and wider

ecosystem.

"Earlier this year, 28 EU-member states backed a framework for sanctions

targeting malicious cyber activities. Today, the GCSC consolidates a set of

norms and principles for behavior of state and non-state actors. This is an

important contribution to a digital space in which order and peace must

prevail," commented Stef Blok, Minister of Foreign Affairs of the Netherlands,

a co-founder of the GCSC. "Since stability in cyberspace is directly linked

with stability in the 'real world,' such a cyberstability framework is more

crucial than ever. The next step in this multilateral process is to collect

evidence and hold those who break the rules responsible. Together we must

increase accountability and combine all pieces of the puzzle, between

governments, tech and security firms, and civil society."

The work of the Commission originated out of a desire to address rising social

and political instability as a result of malicious actions in cyberspace. The

situation has further deteriorated as evidenced by the rise in the number and

sophistication of cyber attacks by state and non-state actors, which

increasingly puts the considerable benefits of cyberspace at risk. In this

increasingly volatile environment, there is an apparent lack of mutual

understanding and awareness among communities working on issues related to

international cybersecurity. With this report, the GCSC seeks to contribute to

international efforts to address these challenges.

"Cyberstability and governance are inextricably and naturally linked," added

Michael Chertoff, GCSC Co-Chair. "As the digital age evolves so rapidly,

governments and societies lack the desired level of exchange, let alone the

decision-making processes needed to ensure the stability of cyberspace. The

GCSC's effort complements the work of other organizations, and will serve to

influence how critical actors can engage with one another and collaborate

towards a stable cyberspace."   

Emphasizing a concerted, multistakeholder approach, the framework reflects

technological, product and operational measures, as well as a focus on

behavioral change required among all stakeholders.

"The publication of this final report is not the end, but rather the beginning

of a new profound effort toward implementing the suggested principles, norms,

and recommendations," stated Latha Reddy, GCSC Co-Chair. "The onus is on all

stakeholders—governments, industry, civil society—to collaborate, adopt and

implement accepted practices to help strengthen cyberstability. The stakes are

higher than ever, which dictates a response in kind."

Following the release, the GCSC members will continue to advocate and engage

with their respective communities. Input and feedback from these groups were

reflective of interactions with both state and non-state experts and will form

the basis of advocating for the report going forward.

For an overview, see the Fact

Sheet[http://cyberstability.org/wp-content/uploads/2019/11/GCSC-Fact-Sheet.pdf]

and for a copy of the report, visit Advancing

Cyberstability.[https://cyberstability.org/wp-content/uploads/2019/11/GCSC-Final

-Report-November-2019.pdf]

About the Commission

Launched at the 2017 Munich Security Conference, the mission of the Global

Commission on the Stability of Cyberspace is to develop proposals for norms and

policies to enhance international security and stability and guide responsible

state and non-state behavior in cyberspace. The Commission helps to promote

mutual awareness and understanding among the various cyberspace communities

working on issues related to international cybersecurity. For more information,

please visit www.cyberstability.org.

Source: The Global Commission on the Stability of Cyberspace (GCSC)

  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中